らくらくOracle とってもやさしいPL/SQLプログラミング塾[第2版]

概 要

Oracleデータベースの運用管理に必須のプログラミング言語「PL/SQL」をイラストとサンプルコードでやさしく解説した入門書です。PL/SQLは保守もしやすく、またOracleのバッチ言語として特筆すべきパフォーマンスを発揮します。本書では、PL/SQLの基本構造、制御構造、変数、配列、関数、明示カーソル、例外処理、デバッグ、ユーティリティパッケージなどを多数のイラストとサンプルコードでやさしく解説。初心者向けに難しい内容はあえて除き、入門書として特化された内容となっています。「SQL*Plusコマンド」「和暦の使用方法」「カーソルが不要なSELECT文」など役立つコラムも掲載しています。Oracle11g/10g/9i対応。

著者 永村弘道、水田巴
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1519-4
発売日 2009/4/24
判型 A5
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Lesson.1 PL/SQLの基礎

1.1 PL/SQLの特徴

■SQLとPL/SQL

■PL/SQLの3つの特徴

■PL/SQLが使われる環境

1.2 PL/SQLを使う利点

■高い生産性と保守性

1.3 サブプログラムの基本構造

■2つの部分で構成されるサブプログラムの構造

1.4 ストアドプログラムの種類

■ストアドプロシージャとストアドファンクション

1.5 ストアドプロシージャの呼び出し

■無名PL/SQLブロックやホスト変数を使用

1.6 ストアドファンクションの呼び出し

■SQL文から直接呼び出す

Lesson.2 変数とデータ型

2.1 PL/SQLで使える文字と記号

■原則として日本語は使えない

2.2 変数の有効範囲のしくみ

■変数の有効範囲(スコープ)とは

2.3 変数と定数の宣言

■変数は宣言部で宣言する

■変数は1つずつ別々に宣言する

■宣言時に初期値を設定する

■定数はCONSTANTで宣言する

2.4 変数に使用できるデータ型の種類

■スカラー型、コンポジット型、LOB型、参照型

2.5 スカラー型の変数

■スカラー型とは

■値の代入と比較

■データ型の変換

■NULLとの比較

2.6 BOOLEAN型

■BOOLEAN型とは

■BOOLEAN型の使用例

2.7 コンポジット型の変数

■コンポジット型とは

■コレクションとは

■レコードとは

2.8 %TYPE属性、%ROWTYPE属性

■%TYPE属性とは

■%ROWTYPE属性とは

2.9 LOB型の変数

■LOBロケータを変数に格納

2.10 SQL*PlusとPL/SQLの変数の受け渡し

■ホスト変数とバインド変数

■コロンを付けてPL/SQLに渡す

Lesson.3 構文規則と実行文の作成

3.1 構文の要素と記述規則

■構文の要素とは

■デリミタ

■識別子

■リテラル

■構文の記述規則

3.2 ブロックの構造

■ブロックの構成単位

■ブロック分け

3.3 ストアドプログラムの種類と作成方法

■CREATE文を使ってストアドプログラムを記述

■プロシージャ、ファンクション、パッケージ、トリガーの作成

3.4 コメントの使い方

■コメントは2種類

3.5 識別子の有効範囲のしくみ

■識別子のスコープ(有効範囲)とは

■内側の識別子が有効

3.6 演算子の使い方

■SQL独自の演算子に注意

■結合演算子

■範囲演算子

■文字列結合演算子

3.7 NULLの扱い方

■NULLと比較するとFALSEになる

■NULLはIS NULL演算子で判定する

3.8 関数の種類と使い方

■関数(組込みファンクション)の種類

■エラーレポート関数

■数値関数

■文字関数

■変換関数

■日付関数

■その他の関数

Lesson.4 制御構造

4.1 制御構造の種類

■処理の流れを変えるしくみ

4.2 条件分岐命令の使い方

■条件分岐命令のしくみ

■IF~THEN文

■IF~THEN~ELSE文

■IF~THEN~ELSIF文

■CASE文

4.3 反復命令の使い方

■反復命令のしくみ

■単純LOOP文

■WHILE~LOOP文

■FOR~LOOP文

4.4 ラベルの指定

■ラベルを使ってLOOP文から脱出する

Lesson.5 明示カーソル

5.1 カーソルのしくみ

■カーソルとは

■カーソルの種類

5.2 明示カーソルの機能

■後方に1件ずつしか移動できない

■明示カーソルの4つの制御手順

■カーソルの宣言

■カーソルを使ったフェッチ

5.3 明示カーソルの属性

■明示カーソルの属性とは

■明示カーソルの属性の種類

■明示カーソルの属性の戻り値

■明示カーソルの属性を使った全件処理

5.4 カーソルFORループによる制御の自動化

■カーソル制御の自動化

■レコード型変数の定義の自動化

5.5 明示カーソルの並行使用

■複数のフェッチの制御

5.6 副問合せを使ったカーソルFORループ

■事前定義しないカーソルFORループ

5.7 動的SQL文とカーソル変数

■動的SQL文とは

■動的SQL文とカーソル変数の使用例

Lesson.6 明示カーソル(上級)

6.1 パラメータを伴うカーソルの宣言

■汎用的なカーソル

■位置パラメータと名前パラメータ

■パラメータのデフォルト値

6.2 FOR UPDATE句の使い方

■FOR UPDATE句

■FOR UPDATE OF句

6.3 WHERE CURRENT OF句の使い方

■WHERE CURRENT OF句

Lesson.7 例外処理

7.1 例外処理のしくみ

■例外処理とは

■例外の種類

■主な事前定義例外の種類

7.2 例外ハンドラと事前定義例外

■EXCEPTION句内でWHEN句を使って記述

■予想できない例外はOTHERSで対処

7.3 ユーザー定義例外

■ユーザー定義例外の呼び出し方法

7.4 例外処理の移動と再呼び出し

■ネストされたブロックでの例外処理のしくみ

■例外の再呼び出し

7.5 非事前定義例外の処理

■非事前定義例外とは

■EXCEPTION_INITで例外名を付ける

■ユーザー定義例外とは

■宣言部で宣言し、RAISE文で呼び出す

7.6 例外検出用の関数の使い方

■SQLCODE関数、SQLERRM関数

7.7 ユーザー定義のエラーメッセージの発行

■RAISE_APPLICATION_ERRORプロシージャ

Lesson.8 PL/SQLのデバッグ

8.1 DBMS_OUTPUT.PUT_LINEによるデバッグ

■PL/SQLのデバッグの必須アイテム

■DBMS_OUTPUT.PUT_LINEの使用例

■使用上の注意点

8.2 SQL Developerによるデバッグ

■SQL Developerとは

■SQL Developerのインストール

■データベースへの接続

■SQL Worksheetを使ったSQL文の実行

■PL/SQLソースコードのデバッグ

Lesson.9 ユーティリティパッケージ

9.1 ユーティリティパッケージの種類

■ユーティリティパッケージとは

■ユーティリティパッケージの種類

9.2 DBMS_JOBパッケージの使い方

■定期的に行う管理プロシージャをスケジュール

■DBMS_JOBパッケージのプロシージャ

9.3 DBMS_OUTPUTパッケージの使い方

■バッファに蓄積した情報を後で取り出す

■DBMS_OUTPUTパッケージのプロシージャ

9.4 DBMS_STATSパッケージの使い方

■オプティマイザ統計情報の表示および変更

■DBMS_STATSパッケージのプロシージャ

9.5 DBMS_UTILITYパッケージの使い方

■様々なユーティリティ・ルーチンを提供

■DBMS_UTILITYパッケージのプロシージャ

9.6 UTL_FILEパッケージの使い方

■テキストファイルの読み込みと書き込み

■UTL_FILEパッケージのプロシージャ

Appendix ちょっと高度な使い方

Appendix 1 PL/SQLで正規表現を使ってみよう!

■正規表現とは

■正規表現の関数と条件の使い方

Appendix 2 ネイティブ・コンパイルをしてみよう!

■ネイティブ・コンパイルとは

■ネイティブ・コンパイルの手順

Appendix 3 DBMS_PROFILERパッケージを使ってみよう!

■DBMS_PROFILERパッケージとは

■DBMS_PROFILERパッケージの使い方

COLUMN

OTNとは

PRINTコマンド

SETコマンド(その1)

SETコマンド(その2)

SHOWコマンド

和暦の使用方法

変換関数は工数見積に必要な知識

最初から条件がFALSEの場合のWHILE~LOOP文

ループカウンタのn倍の値が欲しい場合は?

カーソルが不要なSELECT文

HOSTコマンド

@コマンド、@@コマンド、SPOOLコマンド

コンパイラによる制限

PL/SQLとトランザクション

Developerの場合のPL/SQLの実行

EDITコマンド、LISTコマンド

SAVEコマンド、GETコマンド

PR

秀和システム