図解入門業界研究 最新ホテル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

概 要

1860年に日本初となる「横浜ホテル」が開業してから百数十年。いまでは8800軒、客室数68万室にまで拡大したホテル業界の実態を分かりやすい図解で解説します。ホテル業界の歴史や環境変化、今後の行方といった全体像のほか、ホテルを支える仕事の実像についても詳しく取り上げていますので、就職や転職を考えている人にも最適の一冊です。巻末には業界用語集と関係機関リスト付き。

著者 中村恵二、有地智枝子
価格 本体1300円(税別)
ISBN 4-7980-1523-7
発売日 2006/11/30
判型 A5
色数 2色
ページ数 212
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天グで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 ホテル経営を取り巻く環境の変化

1-1 ホテル業界の「二〇〇七年問題」

1-2 ツーリズム産業の動向

1-3 宿泊産業全体の動向

1-4 リゾートクラブの動向

1-5 旅館、民宿、ペンションの動向

1-6 増加するホテル、旅館の倒産

1-7 旅行業界の動向とホテル経営

1-8 ホテル関連法規の動向

第2章 ホテル業の全体像

2-1 ホテルのはじまり

2-2 ホテルチェーンについて

2-3 ホテルとは何か

2-4 ホテルの種類

2-5 経営形態によるホテルの分類

2-6 ホテルの業態とは

2-7 シティホテルとビジネスホテル

2-8 リゾートホテルと複合ホテル

第3章 ホテルのサービスマインドと経営の仕組み

3-1 ホテルのウリとは何か

3-2 ホテルの組織

3-3 主力商品としての客室

3-4 客室の稼働率と客単価

3-5 客室の営業

3-6 宿泊部門の仕事

3-7 宴会経営の基本を知る

3-8 婚礼宴会部門の仕事

3-9 料飲店舗の基本を知る

3-10 料飲部門の仕事

3-11 調理部門の仕事

3-12 ホテルイベントの基本を知る

3-13 営業企画部門の仕事

3-14 管理部門の仕事

3-15 ホテルが求める人材とスキル

第4章 ホテルの発展史とホテル業界のいまを知る

4-1 高度経済成長期のホテル産業

4-2 団塊世代の登場と新規参入

4-3 バブル期のホテル業界

4-4 バブル崩壊後のホテル経営

4-5 国内シティホテル業の現状

4-6 日本に進出している外資系ホテル会社

4-7 外資系ホテル進出ラッシュの背景

4-8 進む国内ホテルのリノベーション

4-9 ビジネスホテルから宿泊特化型ホテルへ

第5章 インターネット時代のホテル業

5-1 インターネット予約の現状と仕組み

5-2 ホテルによるインターネット利用の現状

5-3 ホテルのIT化戦略

5-4 ホテル予約サイトの動向

5-5 ネット予約各社の動向

第6章 これからのホテル業界と経営戦略

6-1 ビジットジャパンへの期待

6-2 新たなホテル需要

6-3 外資系ホテルの新たな進出手法

6-4 拡大する宿泊特化型ホテルの市場

6-5 活発化するホテル再生ビジネス

6-6 ホテルの新規事業

6-7 これからの婚礼市場

6-8 大手旅行会社の動向とホテル経営

6-9 ホテルのMICE市場戦略について

6-10 ホテルにおける環境への取り組み

6-11 「癒し」をテーマに、人気のホテルスパ

付録 資料編

業界用語集

ホテル業界関係機関リスト

参考文献・参考サイト

PR

秀和システム