シーン別! これだけは押さえておきたい 正しい敬語 実例&フレーズ辞典

概 要

本書は社会人としてあるいはビジネスパーソンとして、これだけは最低限知っておく必要のある敬語をコンパクトに解説した敬語辞典です。正しい敬語の使い方がシーン別にわかるだけでなく、必要な時にサッと引けるうえに、豊富な言い換えフレーズを取り上げていますので応用もバッチリです。会社のデスクやカバンの中に常備すると安心です。

著者 大嶋利佳
価格 本体1300円(税別)
ISBN 4-7980-1532-6
発売日 2006/12/19
判型 四六
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter1 知らないと絶対に恥をかく! 敬語の基本+α

「敬語」とはどういう言葉なの?

なぜ敬語が必要になるの?

敬語を正しく使うことのメリットは?

敬語を正しく使うことの意外なメリットは?

敬語の意外なメリット その2

敬語は5種類に分類される

敬語の種類 1-1 丁寧語

敬語の種類 1-2 美化語

敬語の種類 2-3 謙譲語Ⅰ

敬語の種類 2-4 謙譲語Ⅱ

敬語の種類 3-5 尊敬語

尊敬語と謙譲語の違いを理解する

こんな敬語は間違っている! 尊敬語の間違い

こんな敬語は間違っている! 謙譲語と尊敬語の混乱

動詞以外の敬語表現 人について(家庭編)

動詞以外の敬語表現 人について(ビジネス編)

ビジネスシーンでの言葉選びをマスターする

前置きフレーズ(クッション言葉)を使いこなす

おかしな日本語は印象を損なう

敬語以外の「感じのよい言葉」をマスターする

Chapter2 「電話の会話」での正しい敬語

「電話を受けたときの第一声は?」

「相手の名乗りを受けたときの答えかた」

「相手が名乗らなかったときの受け答え」

「相手の名前が聞き取りにくかったときの受け答え」

「相手が名指しした担当者に電話を取り次ぐ」

「相手が名指しした担当者が不在のときの受け答え」

「不在の担当者に対する伝言を受けたときの受け答え」

「担当者に取り次ぐ際、保留が長くなったときは?」

「電話を切る直前に、一言挨拶を添える」

「目当ての担当者を呼びだしてもらいたい」

「初めての相手に向けて電話をかけるときは?」

「相手に電話をかけ、本題に入る前に発する一言は?」

「目当ての担当者が不在なので、伝言をお願いする」

「遅い時間帯、早い時間帯、休日などに電話をかける」

「相手が不在なので、留守番電話にメッセージを残したい」

Chapter3 「訪問と来客応対」での正しい敬語

「訪問先の受付で、約束をしている相手を呼びだしてもらう」

「訪問先で飲み物を勧められたときの受け答えは?」

「次回面談の時間を取ってほしいことを伝える」

「面談中に自分の携帯電話が鳴ってしまった」

「約束の時間に遅れそうな旨を連絡する」

「同行した上司をお客に紹介したい」

「初対面の人に向けて自己紹介と挨拶をする」

「名刺交換時に、相手の名前が正しく読めない」

「名刺交換時に、うっかり名刺を切らしてしまった」

「話を切りあげて、商談を終わらせるための言葉かけは?」

「来客が名乗らないとき、失礼のないよう名前を尋ねる」

「自分のお客ではない来客を、いったん応接室へ案内する」

「担当者が約束の時間に遅れるので待ってもらう」

「こちらに出向いてくれたお客に向けてお礼を言う」

「来客が帰るとき、見送りの言葉をかける」

「来客から場所を尋ねられたときの受け答え」

Chapter4 「社内業務」での正しい敬語

「上司から直接仕事を頼まれ、それを引き受ける」

「有給休暇明けの出社時、上司に挨拶する」

「上司よりも先に退社するときに挨拶する」

「新しい部署で、新しい上司に挨拶する」

「上司からの指示内容が正しく理解できなかった」

「有給休暇を取りたい旨を上司に伝える」

「商談の結果を、都合を確認したうえで上司に報告する」

「上司に連絡が入り、そのことを上司に伝える」

「上司に業務に関する相談をもちかける」

「上司に個人的な相談をもちかける」

「仕事上の誤りを指摘されたときに謝罪する」

「仕事上の誤りに叱責を受けたときに謝罪する」

「上司から仕事を頼まれたが、引き受けられない」

「上司の意見に対して反対意見を言う」

「上司に対して尊敬の気持ちを見せる」

「先輩社員に仕事のフォローをお願いする」

「朝、出社したときに先輩に挨拶する」

「業務中に少し席を外すとき、その旨を同僚に断る」

「外出から戻ってきた人に向けて声をかける」

「外出から戻ってきたときに、同僚に挨拶する」

Chapter5 「社外業務」での正しい敬語

「部下の失敗(失礼)をお客に対して謝罪する」

「社内での連絡ミスをお客に対して謝罪する」

「自社商品の不良をお客に対して謝罪する」

「自社の新製品のプレゼンテーションを行う」

「対応が遅れたことの理由と経緯を説明する」

「お客からの提案をやんわりと拒否する」

「お客からの提案に対して即断を避けたい」

「金額その他の条件についてお客と交渉する」

「お客に対してA案を提案する」

「納期を延期したいとお願いする」

「新しく担当することになったお客に挨拶する」

「お客に担当が代わる旨の挨拶をする」

「共通の知人の話題で話を弾ませる」

「お客からお礼を言われたときの受け答え」

「日頃お世話になっていることについてお礼を言う」

Chapter6 「慶弔交際」での正しい敬語

「近くの人に話しかけ、会話のきっかけをつくる」

「会話のきっかけとして、相手の仕事を尋ねる」

「会話に弾みをつけるため、趣味の話をする」

「名刺交換を提案してみる」

「お客に対して接待をもちかける」

「お客から接待の誘いを受けたときの答えかた」

「贈り物を相手に渡したいときの受け答え」

「いただきものをしたときにお礼を言う」

「仕事相手に子供が生まれたのでお祝いを述べる」

「仕事相手に向けて新年の挨拶をする」

「取引先企業の受付でお悔やみの言葉を言う」

「急死、比較的若い人の死亡時、遺族に挨拶する」

「病死、高齢者の死亡時、遺族に挨拶する」

「披露宴での、新郎・新婦の家族に挨拶する」

「披露宴での、友人代表スピーチの締めの言葉」

Appendix とっさのときにすぐ使える「敬語フレーズ」集

PR

秀和システム