ポケット図解 はじめて読む色彩心理学

概 要

すべてのデザイン分野において配色のよしあしはデザインの評価を決定します。本書は単純な色彩学の入門書ではなく、街にあふれる色彩の誘目性と差別化や、年代別に嗜好する感情と色彩など色の持つ人間心理への影響を身近な例から解き明かし、魅力的な配色術のあり方を解説した色彩心理学の入門書です。

著者 岩本知莎土
価格 本体1600円(税別)
ISBN 4-7980-1536-9
発売日 2006/12/14
判型 四六
色数 4色
ページ数 160
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 色の名前

1. 色名(系統色)

1―色名の分類

2―日本固有の色彩

3―世界の国々と「色の嗜好」

2. 分光分布

1―スペクトル

3 .色の三属性とトーンの概念

1―色相

2―明度

3―彩度

4―イメージ

5―トーン

6―色の見え

4 .表色系

1―マンセル体系

2―PCCS

3―オストワルト体系

4―NCS (Natural color System)

5―XYZ表色系

5 .混色

1―原色

2―減法混色の三原色

3―加法混色の三原色

4―中間混色

6 .色知覚

1―色覚

2―色知覚

第2章  配色とは

1 色彩調和の原理

1―トーンとは

2―グラデーション(階調)

3―セパレーション

4―ドミナント(支配)

5―補色とアクセント

6―色の組み合わせ

2 配色の法則(ルール)

1―24色相環を基準とした色相配色

2―2~3色の組み合わせ

3―3~4色の相配色

第3章  色彩心理

1.色彩学と心理学

1―色の視覚効果

2―補色

2.色相による心理

3.暖色と寒色の色彩効果

4.色彩と照明

5.トーンによる分類

6.色彩と言語のイメージ 

第4章  色彩心理を生かしたイメージづくり

1.パーソナルカラーとは

1―個人の特徴を生かす

2―明度と彩度の表現

3―個人の色の分類

4―配色の分量とバランス

2.お洒落のコツ(心得)

1―男性のカバン

2―ブランドカバン

3―ミュール

4―アクセントカラー

5―壮年の色

6―白髪になったら

7―似合わない色の着こなし方

8―ファッションコーディネート

3.お化粧

4.色彩感情の世界

5.色彩効果を生かしたプロジェクト

1―コーポレートカラー

2―日本道路公団の例

3―モスバーガーの挑戦

PR

秀和システム