オープンソース徹底活用 PukiWikiによるWebコラボレーション入門

概 要

本書は、複数の人による編集・執筆といったコラボレーションを簡単に実現できるWikiの日本語版クローンであるPukiWikiを取り上げ、インストールや環境設定から活用法、プラグインの使い方までやさしく解説した入門書です。まとめサイト、個人で使うオンラインデータベース、会社の情報共有やソフトウェア開発プロジェクトツールなど用途はあなたの工夫しだいです。

著者 大河原哲
価格 本体2200円(税別)
ISBN 4-7980-1538-5
発売日 2006/12/12
判型 B5変
色数 2色
ページ数 292
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ オープンソース徹底活用
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

chapter1 PukiWikiとは

1-1 Webコラボレーションツール

1-2 PukiWikiとは

1-3 PukiWikiの種類

chapter2 インストールについて

2-1 PukiWikiを使うには

2-2 PukiWikiのインストール

2-3 Windows環境でのインストール

2-4 LinuxなどのUNIX系OSサーバへのインストール

chapter3 基本的な使い方

3-1 画面構成について

3-2 ページ編集の仕方

3-3 ページの新規作成と削除

3-4 コメント欄の作成、プラグインの使用

3-5 ファイルの添付

3-6 ページの探し方について

3-7 サイト構築の第一歩

chapter4 カスタマイズについて

4-1 設定ファイルによる各種カスタマイズ

4-2 アクセス制限の設定

4-3 ユーザーインターフェイスの変更

4-4 スキンを自前でカスタマイズする

chapter5 PukiWiki活用法

5-1 PukiWiki活用のための工夫

5-2 PukiWikiでコラボレーション

5-3 InterWikiの活用

5-4 一歩進んだPukiWiki機能活用法

5-5 ユーザーへのレクチャー

chapter6 便利な使い方

6-1 PukiWiki書式でURLコピー(Sleipnir用)

6-2 PukiWiki書式でURLコピー(Firefox用)

6-3 Excelを用いた表作成

chapter7 プラグインの仕組みと開発の基本

7-1 プラグインについて

7-2 自作プラグイン

7-3 プラグインの開発

7-4 プラグイン作成にあたって

chapter8 運用について

8-1 PukiWiki Developers Teamについて

8-2 サイトメンテナンス

8-3 荒らし、SPAMへの対策

8-4 バージョンアップ

付録

1 PukiWikiの書式一覧

2 標準プラグイン・リファレンス

3 自作プラグイン一覧

PR

秀和システム