ポケット図解 ミクロ経済学がよ~くわかる本

概 要

本書は好評の既刊『ポケット図解 マクロ経済学がよ~くわかる本』に続く姉妹書です。消費者動向や企業動向を考える上で欠かせないミクロ経済学に焦点を当て、経済学を学んだことのない人でもかんたんに理解ます。消費者や企業の「市場動向」を考えるための基礎知識として、マーケティングに携わるすべての人におすすめします。

著者 小笠原誠治
価格 本体1400円(税別)
ISBN 4-7980-1546-6
発売日 2006/12/21
判型 四六
色数 2色
ページ数 288
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 ミクロ経済学入門

1-1 市場経済

1-2 家計と企業

1-3 需要と供給の関係

1-4 弾力性

1-5 完全競争市場の条件

1-6 取引と分業

1-7 比較優位の原理

第2章 市場の機能

2-1 需要曲線

2-2 供給曲線

2-3 需要の弾力性1

2-4 需要の弾力性2

2-5 供給の弾力性

2-6 ワルラス的調整

2-7 マーシャル的調整

2-8 逆説的な需要と供給

2-9 逆説的なケースの需要と供給の調整1

2-10 逆説的なケースの需要と供給の調整2

2-11 クモの巣理論

第3章 消費者理論

3-1 予算制約線

3-2 無差別曲線

3-3 限界代替率

3-4 特殊な形の無差別曲線

3-5 消費者の最適点1

3-6 消費者の最適点2

3-7 所得効果と代替効果

3-8 正常財と劣等財

3-9 ギッフェン財

3-10 所得消費曲線

3-11 効用関数

3-12 消費と貯蓄の選択1

3-13 消費と貯蓄の選択2

3-14 期待効用

3-15 顕示選好の理論

第4章 厚生と市場の効率性

4-1 効率的な資源配分

4-2 課税と死荷重

4-3 自由貿易のメリット

4-4 自由貿易の制限

4-5 パレート最適1

4-6 パレート最適2

4-7 パレート最適3

4-8 所得分配の公平性を示すローレンツ曲線

第5章 企業行動の理論

5-1 生産費用

5-2 費用曲線1

5-3 費用曲線2

5-4 完全競争市場における生産活動

5-5 損益分岐点と操業停止点

5-6 長期費用曲線

5-7 長期平均総費用曲線

5-8 等生産量曲線と費用最小化

5-9 独占

5-10 独占企業の生産

5-11 ラーナーの独占度

5-12 独占と死荷重

5-13 自然独占に対する規制

5-14 価格差別

5-15 寡占1

5-16 寡占2

5-17 屈折需要曲線

5-18 独占的競争1

5-19 独占的競争2

第6章 ゲームの理論

6-1 囚人のジレンマ

6-2 繰り返しゲーム

6-3 数量戦略によって競争するクールノー均衡1

6-4 数量戦略によって競争するクールノー均衡2

6-5 価格戦略によって競争するベルトラン均衡

6-6 動学的ゲームのシュタッケルベルグ均衡

第7章 外部性と市場の失敗

7-1 公共財

7-2 公共財の供給

7-3 フリーライダー

7-4 共有地の悲劇

7-5 外部不経済1

7-6 外部不経済2

7-7 市場の失敗

7-8 効率的な資源配分を可能にするピグー課税

7-9 排出権取引

7-10 当事者だけで外部性の問題を解決するコースの定理

第8章 国際貿易

8-1 一定量の総資源で産出可能な量を示す生産可能性曲線

8-2 貿易三角形

8-3 生産要素の存在量の偏りに着目するヘクシャー=オリーン・モデル

8-4 どのような財を生産するかを説明するリプチンスキーの定理

8-5 どのような財を輸出するかを説明するヘクシャー=オリーンの定理

8-6 生産要素の価格の変化を説明するストルパー=サミュエルソンの定理

8-7 窮乏化成長

8-8 最適関税

PR

秀和システム