インフォメーションアーキテクトの教科書

概 要

見た目ばかりで使えないサイトはもういらない! 今、Webサイト設計に求められるのはユーザーニーズとビジネスゴールを基にしたWebサイト設計です。本書は日本人が書いた初のIA(インフォーメーションアーキテクト)入門書として、IAをサイト戦略、ユーザー分析、Webサイトの設計という三段階にわけてわかりやすく解説します。

著者 中東優、野口竜司
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-1554-5
発売日 2007/01/10
判型 A5
色数 2色
ページ数 160
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

インフォメーションアーキテクトとは

広い分野を横断して見るのがIAの仕事

IAがもたらす大きなメリット

3つのステップから成り立つワークフロー

「サイト制作業者」から「Webソリューションのプロ」へ

1章 サイト戦略

1 サイト戦略策定の基本フロー 20

サイト戦略を策定するための3つの視点

自社・現状サイト調査のやり方

ユーザー動向調査のやり方

競合調査のやり方

サイト戦略策定のやり方

すべてのWeb制作作業の土台としての基本戦略

2 自社・現状サイト分析①ヒューリスティック評価 25

ユーザビリティ評価の2つの方法

ヒューリスティック評価の5つの視点

全体構造のチェックポイント

基本ユーザー導線のチェックポイント

インターフェイス視認性のチェックポイント

アクション導線のチェックポイント

コンテンツ・機能のチェックポイント

3 自社・現状サイト分析②社内インタビュー 31

クライアントのビジネスを理解することの重要性

現状把握のための一次情報と二次情報

Web担当者以外からの方が有益な情報が得られることも多い

4 自社・現状サイト分析③Webサイトマッピング 34

マーケティング活用領域を整理する

サイト機能の6分類

ユーザーとの距離感は適切か?

5 自社・現状サイト分析④分析・評価 37

既存ロジックツールを活用する

分布傾向を掴むSWOT分析

「弱み」と「脅威」は徹底的に棚卸し

「強み」と「機会」の把握は機会損失を防ぐ予防策

6 自社・現状サイト分析⑤課題リストの作成 39

これまでの調査結果をリスト化する

7 ユーザー動向分析①現サイトにおけるアクセスログ分析 41

ユーザーの行動履歴を分析する

ユニークユーザー数・登録会員数・購買人数の見方

ページビューの見方

1人あたりのページビュー数の見方

1人あたりの平均滞在時間の見方

リンク元サイトの見方

ランディングページの見方

主要キーワードの見方

サイト内主導線経路の見方

直帰数の見方

コンバージョンレートの見方

平均値をおさえて判断材料とする

8 ユーザー動向分析②既存アンケートを利用したユーザー調査 46

ログ分析だけでは分からないユーザー像

アンケートを見る7つのポイント

9 ユーザー動向分析③ユーザーニーズと重要課題の発見 48

ユーザーを理解するための3つのポイント

ユーザー層の整理

ユーザーニーズの整理

ギャップの整理

10 ユーザー動向分析④ユーザーゴールの仮説立て 51

ゴールに達成する過程を視覚化する

11 競合分析①Webサイトのマーケティング活用領域 53

マーケティング視点で比較する

12 競合分析②ユーザー行動別サービス充実度 55

ユーザー行動順で比較する

ダイアグラムに偏りがある場合は要注意

13 競合分析③コンテンツ・機能調査 58

コンテンツ・機能を比較する

具体物の一覧把握

14 競合分析④競合ポジショニング 60

俯瞰的・総合的に比較する

競合はどこに向かっているのか?

15 競合分析⑤他業界を含めたベストプラクティス 62

「新奇性」「実用性」の面から優れた事例を探し出す

16 競合分析⑥「競合分析レポート」の作成 64

競合分析の最終まとめ

17 基本戦略の策定①プロジェクトゴールの設定 66

いよいよ基本戦略の策定

3つの視点とユーザー行動の流れに沿った重点課題の整理

3視点からプロジェクトゴールを導き出す

欲張らず絞り込む

18 基本戦略の策定②定量目標と実施プランの策定 70

定量目標を設定する2つのステップ

各ゴールに定量目標を設定する

実施プランを策定する

19 基本戦略の策定③中・長期ロードマップの策定 73

中長期視点を持つことの重要性

既存概念を超えて

2章 ユーザー分析

1 ユーザー分析の流れ 78

ユーザーニーズをWebサイトの要件に落とし込む3つのステップ

ターゲットユーザーを決める

ターゲットユーザーの行動を想定する

Webサイトの要件をまとめる

2 ユーザー調査 81

より深いユーザー理解のために

ユーザーアンケートのポイント

ユーザーインタビューのポイント

3 ユーザーセグメント 86

ユーザーをいくつかのパターンに分ける

属性によるユーザーセグメント

ニーズによるユーザーセグメントの3つのポイント

客観的に分ける

市場性がある

セグメント間に差を付ける

4 優先ターゲットの選定 91

ターゲットを絞ることの重要性

優先順位を付ける2つのやり方

5 タスクリスティングとメンタルモデル 94

ユーザーの行動を洗い出す

タスクリスティングのやり方

メンタルモデルの作り方

6 シナリオの策定 98

ユーザーの行動をストーリーに書き出す

シナリオから分かる設計時のポイント

仮想ユーザー「ペルソナ」の作り方

7 コンテンツ・機能定義 102

シナリオに沿ってコンテンツマップを作る

必要な機能の整理もしておこう

8 要件定義書 104

要件定義書の4つの目的

サイト戦略の方向性の確認と実現可能性の検証

具体的な実施項目の整理

これまで分析してきたユーザーニーズ等の再確認

途中から参加するメンバーとの情報共有

3章 Webサイトの設計

1 Webサイト設計の流れ 112

要件を実現する具体的イメージを作る

Webサイトを構成する4つの要素

まとめとなる2つの設計図

2 グルーピングと組織化 114

情報を分かりやすく把握するために

グルーピング・組織化の基準はユーザーに合わせる

項目のレベル間を揃える

3 ラベリング 117

Webサイトで重要になる名前付け

専門用語を用いない

社内用語を用いない

SEOを意識する

一貫したラベリングをする

競合サイトを意識する

リンクにおけるラベルの注意点

ナビゲーションにおけるラベルの注意点

4 カードソート 122

ユーザー視点からグルーピングとラベリングをする有効な手段

クローズドカードソートのやり方

オープンカードソートのやり方

5 サイト構造 125

用途に合わせて4つのタイプがある

階層型のメリット・デメリット

直線型のメリット・デメリット

Webリンク型のメリット・デメリット

Folksonomy型のメリット・デメリット

複数の型を適切に組み合わせよう

6 ナビゲーション 131

ナビゲーションの3つの種類

グローバルナビゲーションの設計ポイント

ローカルナビゲーションの設計ポイント

コンテキストナビゲーションの設計ポイント

最近の様々なナビゲーション

7 サイトフローチャート 137

Webページの構成を一目で把握するために

サイトフローチャートの作り方

主要導線のシミュレーションをしておこう

8 ワイヤーフレーム 142

IAワークの集大成

配置と面積占有率の決め方

機能を見せるワイヤーフレーム

RIAのワイヤーフレーム

9 ユーザビリティテスト 148

ユーザビリティテストの流れ

テスト準備のポイント

タスク設定のポイント

テスト実施の際のポイント

分析・レポートのポイント

ユーザビリティテストの重要性

その後のプロジェクトへの関わり

PR

秀和システム