図解 NLP コミュニケーション術

概 要

卓越したリーダーに共通するものの考え方、見方を研究した結果生まれたNLP(神経言語プログラミング)は、経営や政治といった強力なリーダーシップを必要とする世界だけでなく、コーチングやカウンセリング、教育や医療など幅広い分野で注目されています。本書はNLPの創始者から直接指導を受け、豊富な指導経験を持つ著者がそのエッセンスをコンパクトに図解で解説したNLP入門書です。

著者 木村佳世子
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1557-6
発売日 2007/01/23
判型 B5
色数 2色
ページ数 96
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 NLPコミュニケーションで何ができるのか?

01 NLPは、脳の取扱説明書!

02 欧米では、こんなにNLPが普及している!

03 NLPで手に入れる「アイム・オーケー」

04 あなたは、こんな「すごい人」になれる!

05 あなたも、あなたの部下も、あなたの会社も幸せになる

06 NLPのトレーニングであなたの身につくこと

第2章 コミュニケーションは、こういうふうに考える

07 コミュニケーションって、いったい何なのか?

08 「人は見かけ(伝え方)が九割」って、本当?

09 「思いが実現できる人」は、脳の使い方が違う!

10 あなたの脳に「本当に手に入れたい目標・目的」を正確にインプットしよう!

11 あなたが本当に望んでいるものは何か?

12 「実現するゴール」を描くための四つの条件

13 エイト・フレーム・アウトカム~この質問を自分に問いかけてみよう

【実践ワーク】~エイト・フレーム・アウトカムにそって、目標設定してみよう!

14 確実に「目標」へ近づいていくためのステップ~T.O.T.E.モデル

第3章 相手と理解し合う―「ラポール」と「ペーシング」

15 どうすれば目の前の相手とわかり合えるのか?

16 信頼されるリーダーの条件とは?

17 大切なのは「ペーシング」すること

18 体全体を使うコミュニケーション術 ~ペーシングの実際

19 「オウム返し」で安心させる~バック・トラック/リフレーミング

第4章 相手の特徴を知る―「VAKOG」

20 NLPコミュニケーション術の秘密兵器~「VAKOG」とは何なのか?

21 どうすれば「VAKOG」はわかる?

22 「視覚優位」の人の特徴と対応策

23 「聴覚優位」の人の特徴と対応策

24 「身体感覚優位」の人の特徴と対応策

25 VAKOGで、どんなコミュニケーション問題が起こるのか?

26 アクセシング・キュー ~相手の「VAK」を読む

第5章 情報を正確に引き出す―「メタモデル」

27 「メタモデル」とは何なのか? ~情報を正確に引き出すことで、詳細に知るための仕組み

28 どうして伝わらないコミュニケーションは起こるのか?

29 常識や固定観念をどのように取り除くか?

30 「間違った認識」をどのように修正するか?

第6章 相手の力を引き出してあげる―「質問力」

31 NLPの効果的な「質問術」

32 「問題誘導型の質問」と「解決誘導型の質問」を使い分ける

33 「VAKOG」を自分の質問力に生かす

34 「サブモダリティ」のコントロール・パネルを利用する

第7章 どんな相手にも柔軟になる―「リフレーミング」

35 「リフレーミング」とは何か?~柔軟に焦点を変える。額縁が替わると絵の意味が変わる

36 どんなふうに「リフレーミング」は使われるのか?

37 NLP式「ピンチをチャンスに変える」技術

38 「できない思考」を繰り返す人への対話術~ミルトン・モデル

39 柔軟に対処するには、自分の価値観が確立していることが大事!

対談 船川 淳志 × 木村 佳世子

五感と頭の両方を使うのが、正しいNLP的コミュニケーションだ!

PR

秀和システム