図解入門ビジネス 最新人事の基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

日本企業の人事制度は大きな変革期を迎えています。本書は人事制度の現状と問題点を整理しながら、成果主義の次にくる評価制度や給与査定や労働環境のあり方など、これからの人事を考える上で必要となるテーマをわかりやすく解説した入門書です。人事に携わる人だけでなく、人事に関心のあるすべてのビジネスパーソンにおすすめします。

著者 平尾隆行、杉村倫代、川口史敏、用松節子
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-1572-9
発売日 2007/02/01
判型 A5
色数 2色
ページ数 216
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 人事制度の現状はどうなっているのか

1-1 人事制度改革はなぜ行われるのか?

1-2 人事制度は経営計画と連動させるもの

1-3 人事部門の持つ役割とは何か?

1-4 社員にとって注目度の高い「評価と給与」

1-5 雇用形態の多様化の中で

1-6 自律型プロフェッショナルの人材育成

1-7 複雑系時代の労務管理

1-8 人事は「ヒトゴト」ではなく自分のため、会社のためのもの

第2章「評価」と「給与査定」について

2-1 評価は何のために行われるのか?

2-2 評価は給与にどう反映されるのか?

2-3 評価は人材育成、配置・異動にどう反映されるのか?

2-4 「新しい評価」についての考え方

2-5 評価方法とその意味について考える

2-6 どのような評価方法を導入するべきなのか?

2-7 「評価」は誰が行うべきなのか?

2-8 評価者の陥りがちな誤評価とは?

2-9 評価者訓練の必要性について考える

2-10 人件費を適正配分するということ

2-11 人件費の構成と給与体系のしくみ

2-12 等級制度の種類とそのしくみ

2-13 給与の査定とその決め方

2-14 賞与の査定とその決め方

2-15 退職金の現状と今後の動向

2-16 厚生年金等の役割と受給

第3章「雇用管理」について

3-1 「人」の確保と活用について考える

3-2 人員計画を作成するということ

3-3 採用計画を立てるということ

3-4 人員募集の効果的な方法

3-5 配置・異動について考慮すべきこと

3-6 退職について考慮すべきこと

3-7 高齢化社会への雇用対応について考える

3-8 多様化する雇用形態(中途採用、専門分野志向)

3-9 多様化する雇用形態(派遣、請負、出向)

3-10 多様化する雇用形態(中高年、女性)

3-11 多様化する雇用形態(パート・アルバイト、SOHO)

3-12 多様化する雇用形態(インディペンデント、アウトソーシング)

3-13 人事システムの導入状況

第4章「人材の育成と開発」について

4-1 人材の育成・開発の目的とは?

4-2 人材の育成に関する基本的考え方

4-3 エンプロイアビリティの向上に対応する

4-4 キャリア・デザインの視点を持つこと

4-5 「学習する組織」への変革

4-6 リーダーに求められる能力と人間性

4-7 社員全員がリーダーシップを発揮できる組織に

4-8 会社のバリュー、クレド共有のしくみ作り

4-9 現場力向上のためのコーチング

4-10 コーチングを浸透させる

4-11 ファシリテーションとは何か?

4-12 メンタリングとは何か?

4-13 経営者研修(エグゼクティブ研修)とは何か?

4-14 管理職研修・評価者研修とは何か?

4-15 リーダー研修、アクション・ラーニングとは何か?

4-16 OJTを計画的に活用する

4-17 e-ラーニングを有効活用する

4-18 「やる気」の受け皿を作るということ

第5章「労務管理」と「コンプライアンス」について

5-1 労働関係紛争の現状

5-2 使用者責任とは何か?

5-3 雇用契約時の注意点

5-4 柔軟な労働時間管理の必要性

5-5 従業員にとって重要な労働条件である年次有給休暇

5-6 労使協定とは何か?

5-7 従業員の健康管理

5-8 職業生活と家庭生活との両立

5-9 セクシャル・ハラスメントについての法的責任

5-10 労働契約の終了

5-11 競業避止と営業秘密管理とは何か?

第6章 どのような人事変革が行われているのか

6-1 MBO(目標管理)の適正な適用

6-2 自己申告制度の活発化

6-3 社内知の共有が創造を生むしくみ

6-4 継続した組織風土作り

6-5 個人のキャリア自律がもたらす企業の成長

6-6 環境変化に対応できる人事のルール作り

6-7 優秀な人材を登用するということ

6-8 プロフェッショナル制度とは何か?

6-9 ダイバーシティとは何か?

6-10 部門のオフショア化とは何か?

6-11 経営層の人事について考える

6-12 人事部に求められる変革とは何か?

Appendix 人事管理マニュアルと就業規則に記載するべき内容一覧

PART1 人事管理マニュアル

PART2 就業規則

PR

秀和システム