Linuxシェルスクリプト ユーザー便利帳

概 要

bashシェルスクリプトはLinuxだけでなく、Mac OSXにも採用されています。本書はシェルスクリプト記述の際の「困った」を一冊で解決するために、基本事項から、実例までコンパクトなサイズに凝縮した必携のリファレンス逆引き便利帳です。bash2/bash3対応。サンプルスクリプトのダウンロードサービス付き。

著者 伊藤幸夫、寒川陽美
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-1595-8
発売日 2007/03/01
判型 A5変
色数 2色
ページ数 320
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ ユーザー便利帳
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Part1 シェルリファレンス

Chapter1 シェルスクリプトの基本

インタプリタとシェバング

実行権の付与

シェルスクリプトの実行

シェルスクリプトの自動実行

コマンドの実行順

変数

演算子

関数と関数ファイルの読み込み

デバッグ

代表的なエラーメッセージと対処法

Chapter2 シェルの機能

パターンマッチング

特殊記号

Chapter3 組み込み変数

特殊な変数

標準変数

コマンドライン編集モードの変数

メール変数

プロンプト変数

状態変数

パス/ディレクトリ変数

その他の変数

Chapter4 演算子と条件式

数値評価演算子

関係演算子

変数置換演算子

文字列比較演算子

パターン照合演算子

正規表現演算子

条件式

Chapter5 フロー制御

case

for

if

select

until

while

Chapter6 組み込みコマンドと予約語

! : .

alias

bg bind break builtin

case cd command compgen complete continue

declare dirs disown do done

echo elif else enable esac

eval exec exit export

fc fg fi for function

getopts

hash help history

if in

jobs

kill

let local logout

popd printf pushd pwd

read readonly return

select set shift shopt source suspend

test then time times trap

type typeset

ulimit umask unalias unset until

wait while

Part2 シェルスクリプト逆引きリファレンス

Chapter1 基本

001 変数に値をセットする

002 変数を参照する

003 空の変数を定義する/変数を空にする

004 変数に初期値をセットして参照する

005 キーボードからの入力値を変数にセットする

006 変数の文字数を調べる

007 配列変数に値をセットする

008 配列変数を参照する

009 配列変数にまとめて値を代入する

010 配列変数をまとめて参照する

011 配列変数の長さ(配列数)を調べる

012 配列変数の途中の値を参照する

013 変数を削除する

014 コメントを記述する

015 条件によって分岐する①

016 条件によって分岐する②

017 リスト条件によって繰り返し実行する

018 条件が続く限り繰り返す

019 特定の回数分繰り返す

020 次の繰り返しに進む

021 繰り返しから抜ける

022 何もしない

023 1行に複数の処理を記述する

024 複数行に分けて記述する

025 コマンドを実行して結果を展開する20

026 前のコマンドが正常終了したら次のコマンドを実行する

027 前のコマンドが失敗したら次のコマンドを実行する

028 コマンドの終了ステータスを参照する

029 特殊記号を文字として使う

030 文字列が空であるかを判定する

031 同じ文字列であるかを判定する

032 文字列の長さがゼロであるかを判定する

033 日付であるかを判定する

034 曜日であるかを判定する

035 アルファベットだけであるかを判定する

036 整数であるかを判定する

037 同じ数値であるかを判定する

038 数値が大きいかを判定する

039 数値が小さいかを判定する

040 ファイルの状態を判定する

041 判定をまとめて行う(複数の条件すべてに一致する)

042 判定をまとめて行う(複数の条件のどれかに一致する)

043 判定をグループにまとめる

044 整数の計算を行う①

045 整数の計算を行う②

046 小数の計算を行う

047 剰余を求める

048 数値が奇数か偶数かを調べる

049 引数を参照する

050 シフトしながら引数を参照する

051 オプションを判別する

052 関数を定義する

053 関数を呼び出す

054 関数内だけ有効な変数を定義する

055 関数の途中で戻る

056 ファイルを読み込んで実行する

Chapter2 インターフェイス

057 ビープ音を鳴らす

058 メッセージを表示して入力を求める

059 入力するパスワードを非表示にする

060 エラーメッセージを表示する

061 改行して表示する

062 一覧を表示してそこから選択させる①(select文とif文を使用)

063 一覧を表示してそこから選択させる②(echo、readコマンドとcase文を使用)

064 Yes/Noを選択させる

065 画面表示をクリアする

066 プロンプトを変更する

067 文字の色を変える

Chapter3 テキスト処理

068 文字列をすべて大文字にする

069 文字列の一部分を切り出す

070 単語の先頭だけ大文字にする

071 特定の文字列を置換する

072 特定の文字列を削除する

073 特定の文字列に、一括して文字列を追加する

074 タブをスペースに置換する①

075 タブをスペースに置換する②

076 改行コードをスペースまたはタブに置換する

077 スペースまたはタブを改行コードに置換する

078 複数のスペースを1個のスペースに置換する

079 行頭のスペースやタブを削除する

080 行末のスペースやタブを削除する

081 ファイル内の行を並べ替える

082 重複行を1行にまとめて並べ替える

083 ファイル内に特定の文字列が含まれるかどうか調べる

084 特定の文字列が出現する数をカウントする

085 テキストファイルを段組にする

086 行と列を入れ替える

087 列を指定して行を並べ替える

088 特定の列だけを表示する

089 特定の列を取り出し、その値の合計値を求める

090 文字コード/改行コードを置換する①UNIX用へ

091 文字コード/改行コードを置換する②Mac用へ

092 文字コード/改行コードを置換する③Windows用へ

093 HTMLファイルのテキスト部分を取り出す

Chapter4 ファイル

094 コマンドの実行結果をファイルに出力する

095 コマンドの実行結果やエラーメッセージを無視する

096 ファイルの内容を入力値とする

097 ファイルの内容を1語ずつ読み込む

098 ファイルの内容を1行ずつ読み込む①

099 ファイルの内容を1行ずつ読み込む②

100 行番号を指定してファイルから1行読み込む

101 行番号を指定して1行削除する

102 ディレクトリ内のファイル名をすべて小文字にする

103 パスからファイル名を取り出す

104 パスからディレクトリ名を取り出す

105 2つのファイルの更新日時が新しいものを調べる

106 ファイルが存在するか調べる

107 ファイル名に特定の文字列を含むファイルが存在するか調べる

108 ファイル名に特定の文字列を含むファイルを削除する

109 ディレクトリが存在するか調べる

110 シンボリックリンクが存在するか調べる

111 ファイルの種類を調べる

112 ファイルの所有者を調べる

113 ファイルの更新日を調べる

114 ファイルの更新日時を現在日時に変更する

115 最近更新されたファイルを表示する

116 ファイルのパーミッションを調べる

117 パーミッションを一括で変更する

118 ファイル情報を表示する

119 ディレクトリ内のファイル数とサブディレクトリ数を調べる

120 拡張子をまとめて置換する

121 ファイル名の先頭に文字列を一括して付加する

122 ファイル名に拡張子を一括して付加する

123 ファイル名から拡張子を一括して削除する

124 ファイル名の一部を一括置換する

125 連番の付いたファイル名の桁数を揃える

126 連番の付いたファイル名の空き番号を詰める

127 ファイルを分割して連番を付ける

128 空のファイルを作る/ファイルの中味を空にする

129 ディレクトリを作成する

130 ディレクトリをコピーする

131 画像ファイルのフォーマットを一括変換する

132 画像ファイルの解像度を一括変換する

133 画像のサムネイルを作成する

134 書庫ファイルを作成し圧縮する

135 書庫ファイルの内容を表示する

136 書庫ファイルを展開する

137 空のファイルを一括削除する

138 オンラインマニュアルをテキストファイルとして保存する

Chapter5 システム管理

139 システムユーザーのリストを作成する

140 ユーザーごとのグループリストを作成する

141 グループごとのリアルユーザーリストを作成する

142 ユーザーを一括登録する

143 ユーザーを一括削除する

144 プロジェクト用領域を作成する(ディレクトリ作成+グループ登録+メンバー登録)

145 全ユーザーが読み書きできるファイルを表示する

146 一定サイズを超えるファイルを表示する

147 一定期間内に更新されたファイルのリストを作成する(全ファイル)

148 ロードアベレージが一定以上になったらメールする

149 ディスクの空き容量が少なくなったらメールする

150 プロセスの動作を監視して、停止していたらメールする

151 特定のホストが停止していたらメールする

152 デバイスの不良ブロックをチェックする

153 coreファイルを探して削除する

154 設定ファイルを丸ごとバックアップする

155 アップグレード可能なパッケージがあればメールする

156 時刻を合わせる

Chapter6 ネットワーク

157 特定ディレクトリのファイルをアップロードする

158 複数の宛先にメールを送信する

159 リンク切れコンテンツがないか調べる

160 IPアドレスを調べる

Chapter7 その他/関数

161 使用頻度が高いコマンドを表示する

162 最近使った特定の文字で始まるコマンドを実行する

163 うるう年かどうかを判定する

164 動作環境のいろいろな名前を表示する

165 バイト単位をKMG単位に変換する

166 KMG単位をバイト単位に変換する

167 指定した日数前の日にちを求める

168 指定した月数前の日にちを求める

169 西暦を和暦に変換する

170 パスワードを作成する

PR

秀和システム