ポケット解説 柳田国男の民俗学がわかる本

概 要

戦前から戦後にかけて膨大な量の民話を収集し、独自の民俗学を構築した柳田国男。本書は柳田国男が残した著作をもとに最新の研究成果、評価・批判を踏まえつつ柳田国男の思想とその変遷、柳田民俗学の成立過程をつぶさに追った入門書です。牧田茂、橋川文三、後藤総一郎の柳田論も収載しました。

著者 中尾文隆、平成柳田国男研究会
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1607-8
発売日 2007/03/10
判型 四六
色数 1色
ページ数 204
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット解説
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 柳田国男と日本民俗学

1-1 日本近現代史の中で逆立された柳田国男

1-2 沈黙する柳田国男の謎

第2章 出生から日露戦争まで

2-1 故郷関西から東京への離郷

2-2 養子「柳田」国男の誕生

2-3 撲滅される幽霊と近代人の心

第3章 日露戦争から第一次大戦まで

3-1 怪談ブームがやって来た!

3-2 天狗の正体は

3-3 「山人」論への回路

3-4 絢爛たる台湾人脈

3-5 帝国日本の中から立ち上がる

3-6 「滅びゆく」アイヌ

3-7 柳田農政学の敗北

3-8 時代閉塞

第4章 第一次大戦から満州事変まで

4-1 第一次大戦による日本と柳田「農政学」

4-2 植民地の反乱と柳田の官吏生活終焉

4-3 国際連盟委任統治委員会委員・柳田国男

4-4 「失地回復」あるいは「特殊民族」としての「同祖論」

4-5 帝国主義と民族学との深い関係

4-6 三つの「ミンゾク学」

4-7 関東大震災

4-8 日本人起源論から「日本民俗学」へ

4-9 「民俗学」の語に躊躇しなければならない意味

第5章 満州事変から敗戦まで

5-1 満州事変勃発

5-2 「母の日」誕生と母子心中の急増

5-3 「日本民俗学」の樹立と方法論

5-4 「常民」の「日本民俗学」の論理と運命

5-5 アトランティス大陸とムー大陸

第6章 敗戦から死去まで

6-1 敗戦・占領を生き延びた日本民俗学

6-2 遺作『海上の道』の意味するもの

6-3 小日本主義としての日本「単一民族」説

6-4 「帝国の遺産」と柳田の晩年

第7章 柳田国男とは誰か

7-1 柳田国男、南島、そして日本人論ブーム

7-2 逆立する柳田像

7-3 帝国抵抗者の「帰順」先としての日本民俗学

7-4 アジアに残された「民族」の課題

7-5 万華鏡としての柳田国男

第8章 「柳田国男―その人間と思想」 (橋川文三)

8-1 はじめに

8-2 生いたち

第9章 「木曜会時代」(牧田茂)

9-1 木曜会の発足

9-2 民俗学の確立と普及

9-3 民俗学の花ひらく

第10章 「柳田国男研究への視角」(後藤総一郎)

10-1 その基礎視角

10-2 柳田学の発見と評価

10-3 柳田学批判の視点

10-4 柳田学における農政学

10-5 柳田学の位置づけ

10-6 柳田学の継承

第11章 「柳田国男自伝」

11-1 柳田国男自伝

11-2 柳田国男略年表

11-3 事項・人名索引

PR

秀和システム