夢をかたちにする 図解「独立・起業」成功プログラム

概 要

本書は、独立・起業を目指す人のために、起業を成功させるために必要なノウハウと実務のハウツーをコンパクトにまとめたプログラム形式の独立・起業本です。起業のタイミング、企業形態、ビジネスプラン、資金調達、企業運営、マーケティングなど、起業から企業へと発展させていく上で必要な「ヒト・モノ・カネ」にまつわる「やるべきこと」を図解でやさしく説明しました。

著者 出川通
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-1624-5
発売日 2007/03/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

プログラム0 3つの軸「意識、時間、空間」

1 独立・起業への3つの軸

2 なぜ創業か―現在は変化の一過程

3 プロセスイノベーションからプロダクトイノベーションへ

4 不確実性の海への航海術

5 起業は人生のイノベーション

プログラム1 意識軸の検証「なぜ独立・起業か」

1 意識軸とは何か

2 何ができるか、何に向いているか

3 スペシャリストからプロフェショナルへ

4 楽観性と執念

5 自分の強みと自己実現、社会貢献

6 志とは

プログラム2 時間軸の検証「独立・起業のタイミング」

1 ビジネスの時間軸

2 商品とサービスの持つビジネス速度

3 ビジネスのライフサイクル

4 いつ、どのような会社を起こすか

5 世代別起業の考え方:20歳代から70歳代まで

プログラム3 空間軸の検証:起業形態

1 会社形態をどうやって決めるか

2 株式会社と合同会社(LLC)

3 独立型のベンチャー企業

4 起業の新しい手法とビジネスの基軸

プログラム4 人材とは―独立・起業に成功する人

1 スタートアップ期の人的要素

2 組織を動かす役割

3 プロジェクトと創業したての企業の類似点と相違点

4 メンバーの最適配置、適正と能力

プログラム5 ビジネスモデル―不安の解消と出口戦略

1 ビジネスモデルとビジネスプラン(BP)

2 ビジネスプラン(BP)と不確実性の戦略

3 事業の流れを理解した上でのビジネスプラン(BP)

4 独立・起業の達成点―成功する出口とは

プログラム6 マーケティング―営業前の重要性

1 マーケットとマーケティング

2 新しい商品を創るマーケティング

3 具体的なマーケットの定量的推定について

4 既存商品と新規商品のマーケティングの違い

5 起業・独立にはどのようなマーケティングが必要か

プログラム7 新しいアイデア―活用方法には工夫を

1 新旧アイデアの補完・融合

2 さまざまの異分野アイデアの融合

3 既存システムとのつなぎがビジネスへの早道

4 伝統、地方は貴重な既存資源

プログラム8 資金の集め方と活用のしかた

1 資金調達と事業計画

2 資金マネジメントの具体的ステップ

3 資本政策の必要性とメリット、デメリット

4 資金獲得のヒント―ベンチャーキャピタルと補助金

プログラム9 創業期の事業マネジメントとアライアンス

1 戦略・ビジョンの明確化と会社機能の明確化

2 プロジェクト運営と人材

3 リスクヘッジとオープン型イノベーション

4 アライアンスと知財

5 産業連携と技術のトランスファー

プログラム10 個人の自立、自律から独立・起業へ

1 夢を現実に―自立と自律

2 人生への投資―個人のビジネスプランを

付録 あるサラリーマンの創業と現状―筆者の独立・起業物語

PR

秀和システム