お絵描きソフト作りで学ぶ グラフィックスプログラミング入門

概 要

本書は、Microsoftから無料でダウンロードできるVisual C++ Express Edition を利用して、実際に「お絵描きソフト」を作成しながらプログラミングの基本を学習する入門書です。お絵描きソフトを作成するという1つの目的に向けてステップを追いながら学習しますので、関数や構文を手順どおりに解説する入門書と異なり、楽しみながらCやC++プログラミングの基本を理解することができます。付属CD-ROMにはプログラムサンプルを収録しています。

著者 村上恭子
価格 本体2600円(税別)
ISBN 978-4-7980-1625-2
発売日 2007/03/23
判型 B5変
色数 2色
ページ数 304
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 はじまりはじまり

1-1 はじめに

1-1-1 この本を手にとって下さったみなさんへ

1-1-2 プログラムをする人って?

1-1-3 例えばこんなプログラマ

1-2 まずは準備と予備知識

1-2-1 Visual C++のインストール

1-2-2 最初のアプリケーション

1-3 すべては点から始まる

1-3-1 とにかく点を一個

1-3-2 ところで、どこがどうなってるの?

1-3-3 マウスクリックで点を描きたい

1-3-4 点から線へ

1-3-5 バグを取りましょう

1-3-6 さあお次は?

Chapter2 アプリケーションにする

2-1 消す!

2-1-1 とりあえず、全部消す

2-1-2 消しゴム機能

2-2 いろいろな色

2-2-1 ペンの色を変える

2-2-2 ペンの色を選択する

2-2-3 ペンの色を選択する(もっと便利に)

2-3 ペン先作り

2-3-1 ペンの太さを変える

2-3-2 スタンプ!

2-4 アンドゥ

2-4-1 アンドゥどうするぅ?

2-4-2 「バッファ」の用意

2-4-3 一気にコピー

2-4-4 タイミング

2-4-5 もう一回!

2-5 実はまだ足りない

2-5-1 描く「場所」を変える

2-6 保存する

2-6-1 ビットマップファイルの構造

2-6-2 ビットマップで保存!

2-6-3 ビットマップ保存の詳細

2-7 印刷して保存する8

2-7-1 印刷処理の流れ8

2-7-2 画像を印刷

2-7-3 画像を印刷リベンジ

Chapter3 アルゴリズム体操

3-1 自然なペン

3-1-1 ペン幅を自然に変化させる

3-1-2 描く早さに応じて線幅を変える

3-1-3 ペンの濃さを自動的に変化させる

3-1-4 色の表現

3-1-5 色の変化【応用編】

3-2 鏡面効果で自動描画

3-2-1 複数の線を引く

3-2-2 鏡面の線を引く

3-2-3 もっとたくさん、鏡面の線を引く

3-2-4 360度のミラージュ

3-3 ペイントアプリ with アニメーション

3-3-1 アニメーションとは

3-3-2 アニメーションルーチン

3-3-3 Windowsアプリでアニメーション

3-3-4 跳ね返る

3-3-5 線をペンで操作

3-3-6 組み合わせの妙技

3-4 Flip Book

3-4-1 基本のフリップブック5

3-4-2 フリップブックをぱらぱら

3-4-3 コマ数の設定

Appendix 開発環境の準備

A-1 Visual C++ 2005 Express Editionのインストール

A-1-1 Visual C++のダウンロード

A-1-2 Platform SDKのダウンロード

A-1-3 Visual C++ 2005 Express Editionの設定

A-1-4 Visual C++ソリューションについて

A-1-5 実行とデバッグモード

A-1-6 デバッグモード用関数

B-1 あとがき

B-1-1 ネット情報の使い方

PR

秀和システム