図解 NLPコーチング術

概 要

本書は、卓越したリーダーに共通するものの考え方、見方を研究した結果生まれたNLP(神経言語プログラミング)を活用して、究極のリーダーシップを発揮し部下のやる気と能力を引き出す「コーチング」を図解で解説したNLPコーチング術の実践的入門書です。本書の姉妹編『図解 NLP コミュニケーション術』とあわせてお読みください。

著者 木村佳世子
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1634-4
発売日 2007/04/17
判型 B5
色数 2色
ページ数 96
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 NLPでコーチングが変わるって、どういうこと?

01 NLPとは、いったい何か?

02 コーチングとティーチング、カウンセリングはどう違う?

03 コーチングの「曖昧さ」を「戦略」に落とすNLP

04 NLPを学ぶことでコーチングが加速する

第2章 まずは脳みそのしくみを知る!

05 私たちは頭の中に「地図」をつくっている

06 脳と世界観の関係は?

07 相手を理解し、理解される――の真実

08 説教コーチング、押しつけコーチングが起きる理由

09 「ニューロロジカル・レベル」が、行動の選択肢、意味を変える①

10 「ニューロロジカル・レベル」が、行動の選択肢、意味を変える②

11 【ワーク】信念・価値観について考えてみよう

12 「NLP×コーチング」の前提

第3章 コーチングが機能するベースをつくる

13 コーチング関係の基盤は「ラポール」

14 ラポールを生み出す「ペーシング」とは?

15 大切なのは「観察力」――「キャリブレーション」を知る①

16 大切なのは「観察力」――「キャリブレーション」を知る②

17 相手の「地図」を知る手がかりは「VAK」にある

18 「VAK」を「ペーシング」に生かす

19 言葉の「VAK」をマッチングさせる

第4章 実践!「NLP×コーチング術」――成功する目標設定コーチング

20 脳はナビゲーションシステム

21 ナビゲーションシステムが働くゴール設定の条件

22 わずか三ステップで目標設定を成功させる!

23 リソースの活用が目標設定のカギ

24 柔軟性と可能性を引き出す第一ステップ

25 「ミルトン・モデル」で潜在意識の扉を開く

26 目標を具体化する第二ステップ

27 突っ込み愛の「メタモデル」とは?①

28 突っ込み愛の「メタモデル」とは?②

29 確信し、腹くくりを決める第三ステップ

30 五感を総動員してイメージする ――サブモダリティ

31 確信を呼び覚ますイメージトレーニング

32 チャンクを上げて「やる意義」を発見する

33 「NLP×コーチング術」の実例

34 【ワーク】「エイト・フレーム・アウトカム」の目標設定

35 目標はまず最初に五感で感じる!

第5章 気づきを生む「質問力」こそ、コーチの命!

36 コーチがはまる「いい質問」の罠!

37 目的に応じて質問を使い分ける

38 「リフレーミング」で意味が変わる!

39 マイナス思考をひっくり返す「リフレーミング」

40 いつでもどこでも「突っ込み愛」を

第6章 望む成果を手に入れる「NLPのピンポイント・ワーク」

41 ビジュアル・スクワッシュ ~相反する願いを一度に手に入れる

42 タイムライン~過去も未来もリソースにする

43 ディズニー・ストラテジー ~自分の中の「三人の知恵」を借りる

PR

秀和システム