Windows Presentation Foundation プログラミング入門

概 要

本書は、Vistaで標準搭載となった.NET Framework3.0で追加されたGUI関連API『Windows Presentation Foundation(WPF)』のプログラミング解説書です。WPFはWin32APIを基礎としながらGDIを使用しない新しいグラフィックスAPIですが、.NET Framework2.0の開発環境にいくつかのDLLを追加すればWindowsXP(SP2)でもWPFプログラミングが体験できます。本書では無料でダウンロードできるSDK付属のC#コンパイラのみを使っていますので、誰でもすぐに楽しめます。付属のCD-ROMにはサンプルコードを収録。

著者 赤坂玲音
価格 本体3200円(税別)
ISBN 978-4-7980-1637-5
発売日 2007/04/26
判型 B5変
色数 1色
ページ数 432
CD/DVD Windows
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 .NET FrameworkとWPF

1.1 .NET Framework

1.2 Windows Presentation Foundation

1.3 開発環境と準備

第2章 ウィンドウアプリケーション

2.1 最初の WPF アプリケーション

2.2 ウィンドウ

2.3 座標とサイズ

2.4 コンテンツ

2.5 コントロール

2.6 フォント

2.7 統合されたUI要素

2.8 依存プロパティ

2.9 アタッチプロパティ

第3章 パネルとレイアウト

3.1 キャンバス

3.2 スタックパネル

3.3 ドックパネル

3.4 グリッド

第4章 描画オブジェクト

4.1 描画オブジェクト

4.2 線を引く

4.3 長方形と円

4.4 複数線と多角形

4.5 テキスト

4.6 イメージ

4.7 ブラシ

4.8 パス

4.9 曲線

4.10 座標変換

4.11 直接描画

第5章 イベント

5.1 マウス入力

5.2 キーボード入力

5.3 イベントルーティング

5.4 コマンド

第6章 コントロール

6.1 ラベル

6.2 ボタン

6.3 テキスト入力

6.4 範囲コントロール

6.5 スクロール処理

6.6 選択コントロール

6.7 メニュー

6.8 アクセステキスト

6.9 ツールバー

6.10 ツリー

第7章 WPFフレームワークの機能

7.1 バインディング

7.2 暗黙のデータソース

7.3 バインディング条件

7.4 値の変換

7.5 スタイル

7.6 テンプレート

7.7 リソース

第8章 アニメーション

8.1 メディアファイルの再生

8.2 アニメーション

8.3 タイムライン

8.4 ストーリーボード

第9章 XAML

9.1 XAML とは

9.2 XAML の入出力

PR

秀和システム