ビジネス・スキルズ ベーシック 企画術

概 要

本書は、企画書づくりで求められている『簡単に書ける』『早く書ける』『企画アイデアがひらめく』を実現するためのノウハウをわかりやすく解説した入門書です。「企画書を書くための3つの要素と7つのステップ」「1枚と6枚の企画書のまとめ方」「早く書くための10の企画術」「ひらめきのための4つの発想法と7つのヒント」など、具体的なテクニックをやさしく紹介。若手~中堅ビジネスパーソンを対象にした仕事術のテキストシリーズ『ビジネス・スキルズ ベーシック』の第一弾として登場です。見開き完結のわかりやすい図解と、持ち運びに便利なA5サイズのテキストで基本的なスキルを身につけ、ワンランク上のビジネスリーダーを目指しましょう。

著者 富田眞司
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-1662-7
発売日 2007/06/20
判型 A5
色数 2色
ページ数 120
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ビジネス・スキルズ ベーシック
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 これなら簡単に書ける企画術

1.1 企画書は簡単に書ける

1.2 「3つの要素」と「7つのステップ」

1.3 「3つの要素」はバランスが重要

1.4 「7つのステップ」のポイント

1.5 提案書と企画書を使い分ける

1.6 情報収集が課題設定の命

1.7 課題は一つに絞る

1.8 基本方針はタイトルで決まる

1.9 解決策の展開は要領よく

1.10 短文・箇条書き・動詞で決める

1.11 起承転結をつける

1.12 「1枚の企画書」でシンプルに

1.13 1枚の企画書の例 ①結論型

1.14 1枚の企画書の例 ②論理型

1.15 1枚の企画書の例 ③チャート方式論理型

1.16 説得力の高い「数枚の企画書」

1.17 数枚の企画書:基本フォーマット事例

第2章 早くできる企画術

2.1 企画は「早いほど良い」

2.2 早く書く10の企画術を習得する

2.3 10の企画術 ①「頭」の切り替え

2.4 10の企画術 ②段取りが勝負

2.5 10の企画術 ③情報収集ノウハウ

2.6 10の企画術 ④情報源の明確化

2.7 お勧め情報収集先

2.8 10の企画術 ⑤マイ・データ・バンク

2.9 10の企画術 ⑥効果予測ノウハウ

2.10 10の企画術 ⑦仮説でストーリーを

2.11 提案営業事例が仮説に役立つ

2.12 10の企画術 ⑧最後に企画書を書く

2.13 10の企画術 ⑨独自フォーマットで時間短縮

2.14 10の企画術 ⑩万全な体調で書く

第3章 企画アイデアひらめき企画術

3.1 アイデアの決め手はひらめき?

3.2 発想法 ①マインドマップ

3.3 発想法 ②ブレーンストーミング

3.4 発想法 ③メモ活用法

3.5 発想法 ④KJ法を活用する

3.6 ヒントで発想 ①成功事例ヒント発想法

3.7 ヒントで発想 ②プロダクトライフサイクル

3.8 ヒントで発想 ③生活者発想の活用

3.9 ヒントで発想 ④「ヒト」発想の活用

3.10 ヒントで発想 ⑤「コト」発想の活用

3.11 ヒントで発想 ⑥生活者の目線の活用

3.12 ヒントで発想 ⑦現状分析の徹底

3.13 発想環境 ①環境づくりと②気分転換

3.14 発想環境 ③気持ちの持ち方

PR

秀和システム