ビジネス・スキルズ ベーシック 図解術

概 要

本書は、企画書作成やプレゼンテーションで成功の鍵を握る“わかりやすく伝えるためのノウハウ”として効果的な図解術をやさしく紹介したテキストです。ビジネスコミュニケーションにおいて図解を用いるのは今や当たり前のノウハウですが、その基本を知らないために充分な効果が発揮できないケースも少なくありません。本書は、「囲む」「つなぐ」「配置する」という図解の基本や定番パターン、表現技術をおさえながら、ビジネスの現場でよく用いられる3C分析、ABC分析、PPM、SWOT分析のほか、プロジェクト管理のWBS法、PERT図、ガントチャートなど具体的な手法も豊富に紹介しました。好評『ビジネス・スキルズ ベーシック』シリーズの第五弾!

著者 永山嘉昭
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-1682-5
発売日 2007/07/20
判型 A5
色数 2色
ページ数 128
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ビジネス・スキルズ ベーシック
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 図解思考を身につけよう~図解の形と意味を知る~

1.1 図解とは何か

1.2 図解思考を身につけるには

1.3 図解の基本:「囲む」「つなぐ」「配置する」

1.4 「囲み」のパターン

1.5 「つなぎ」のパターン

1.6 「配置」のパターン

第2章 ビジネスの現場で生きる図解術(1)~定番基本パターン~

2.1 ほかの要素に含まれる包含型

2.2 円の重なり:要素の関連

2.3 中心から影響が及ぶ「放射型」

2.4 収束型:複数から1つへの影響

2.5 循環:サイクルの回転を示す

2.6 フロー:情報や物の流れを示す

2.7 作業フロー:作業の流れを示す

2.8 問題を解決するロジックツリー

2.9 ピラミッド構造で問題解決

2.10 階層を表す「三角階層図」

2.11 位置づけを示す「座標図」

2.12 マトリックス:分析結果や位置づけ

第3章 ビジネスの現場で生きる図解術(2)~定番応用パターン~

3.1 戦略立案に役立つ「3C分析」

3.2 ABC分析:上位アイテムの貢献度・影響度を知る

3.3 PPM:事業分析・製品構成分析

3.4 SWOT分析:事業戦略を明確にする

3.5 割合を示す長方形斜線区切り図

3.6 +/-差異分析図:ギャップの発生要因を特定する

3.7 デシジョンツリー:結論に至る過程を示す

3.8 3次元図解:判断の要素が多いときに便利

第4章 プロジェクト管理に生かす図解術

4.1 WBS法:プロジェクトの作業計画を明確にする

4.2 PERT図:スケジュール管理を精密化する

4.3 ガントチャート:スケジュール管理に役立つ

4.4 要員負荷ヒストグラム:負荷の調整に役立つ

第5章 図解表現技術を高める(1)~基本編~

5.1 メリハリ:見栄えを良くする(1)

5.2 影と網掛け:見栄えを良くする(2)

5.3 伝達効率を高める(1)

5.4 伝達効率を高める(2)

5.5 形への理解を深める

5.6 基準位置を意識する

5.7 つなぎ線を工夫する

第6章 図解表現技術を高める(2)~応用編~

6.1 視覚面を強化する(1)

6.2 視覚面を強化する(2)

6.3 わかりやすい表現に変換(1)

6.4 わかりやすい表現に変換(2)

6.5 箇条書きを図解表現にする

6.6 表を工夫して図解表現にする

6.7 グラフの図解風加工(1)

6.8 グラフの図解風加工(2)

PR

秀和システム