ビジネス・スキルズ ベーシック 発想術

概 要

本書は、あなたが潜在的に持っている発想力を引き出し、ビジネスにおいて「価値ある存在」になるためのノウハウをわかりやすく解説した発想術のテキストです。あなたしかできない発想力を高めることで、あなたの存在価値そのものを高めましょう。本書は、オリジナルな発想を生み出すための視点やコツをやさしく解説するとともに、「リプレイス発想」「なりきり発想術」「3次元(3D)思考」「キーワード発想術」「短期、中期、長期発想術」という5つの発想法であなたの眠っている発想力を飛躍的に高めます。好評『ビジネス・スキルズ ベーシック』シリーズの第六弾!

著者 藤原毅芳
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-1683-2
発売日 2007/07/20
判型 A5
色数 2色
ページ数 128
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ビジネス・スキルズ ベーシック
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 はずせないポイントを探し出すのが先決

1.1 発想術のポイント

1.2 発想の勝負は一点突破

1.3 人と違うことを発想できるのか

1.4 切り口が違うだけでいい

1.5 オンリーワン発想で圧倒する

第2章 映画に学ぶ、見方を変えるリプレイス思考

2.1 たとえば映画から考える

2.2 エッセンスを抽出する

2.3 エッセンスに気づく自分とは?

2.4 エッセンスから公式をつくる

2.5 他の事象にあてはめてみる

2.6 リプレイスしたときの壁

2.7 更にもう一段:メタリプレイス

2.8 メタリプレイスで変わったこと

2.9 エッセンスはどこからでも抽出

第3章 なりきり発想術

3.1 自分の感情を見ている

3.2 いったん自分をわきに置く

3.3 たとえばお客様になりきる

3.4 顧客の思考をコピー&ペースト

3.5 思考回路のパターンを経験

3.6 今までと違う感情がわき出る

3.7 お客様の立場・感情がわかる

3.8 納得できるところが増える

3.9 見方が変わると味方が変わる

3.10 自然に特別な感情が消える

第4章 3次元(3D)思考に切り替える

4.1 平面思考から立体思考に変える

4.2 発想の限界をはずす

4.3 発想できることの幅を見渡す

4.4 可能性は低いができそうなこと

4.5 できない部分を発想で埋める

4.6 3Dにすると可能性が広がる

第5章 キーワード発想術

5.1 アンテナを立てると引っかかる

5.2 キーワードを立てる重要性

5.3 常にモノゴトの真逆を考える

5.4 真逆のものをくっつける

5.5 アンテナの立て方

5.6 アンテナは多くてもいい

第6章 短期、中期、長期発想術

6.1 短期、中期、長期発想が必要

6.2 人は短期でしか考えていない

6.3 あえて長期の発想を取り入れる

6.4 短期の視野

6.5 中期の視野

6.6 長期の視野

6.7 100年後の発想が持てるか?

6.8 今求められている永続性発想

6.9 細く、長く、継続できる発想術

PR

秀和システム