Boost C++ Libraries プログラミング 第2版

概 要

本書は、テンプレート機能を徹底的に活用した実装の面白さ、実用度の高さなどが認知され、急速に普及している次世代C++標準ライブラリ「Boost C++ Libraries」の国内唯一のリファレンスマニュアルの改訂版です。今回の改訂では、標準化がほぼ決定した定番サブライブラリの解説に加え、新たにBoost入りしたxpressive、String Algorithms、asio、iostreams、serialization、range、fusion、wave、program_options、parameterなど、先進のサブライブラリについても詳細に解説。Boostの導入から各ライブラリの使い方まで紹介した本書で、C++を使った最先端のコーディング技術に挑戦してください。

著者 稲葉一浩
価格 本体3000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1704-4
発売日 2007/07/12
判型 A5
色数 1色
ページ数 760
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

逆引きライブラリ一覧

PartⅠ 導入

Chapter 1 Boostとは

  Boostに含まれるライブラリ

  Boostのライセンス

  Boostの動作する環境

Chapter 2 インストール

2.1 自動インストール

  Microsoft Visual C++ .NET 2003/2005の場合

  Cygwin gccの場合

  Unix系環境の場合

2.2 手動インストール

  Webからダウンロード

  CVSを使ってダウンロード

  zlib, libbzip2のダウンロード

  ビルドの必要なライブラリ

  ビルド

  パスの設定

2.3 Boostの使い方

PartⅡ ライブラリ

Chapter 1 文字列処理

1.1 tokenizer

  Reference

1.2 Xpressive(基本処理)

1.3 Xpressive(静的正規表現)

1.4 Regex

  Reference

1.5 lexical_cast

  Reference

1.6 format

  Reference

1.7 String Algorithms(基本)

1.8 String Algorithms(検索・置換系)

  Reference

Chapter 2 スマートポインタ

2.1 スマートポインタとは

2.2 shared_ptr

2.3 weak_ptr

2.4 scoped_ptr

2.5 intrusive_ptr

  Reference

Chapter 3 システム

3.1 gregorian

3.2 posix_time

  Reference

3.3 filesystem

  Reference

3.4 thread(基本操作)

3.5 thread(ユーティリティ)

  Reference

Chapter 4 非同期入出力

4.1 asio(基礎編)

4.2 asio(発展機能)

  Reference

4.3 iostreams

  Reference

4.4 serialization(基本編)

4.5 serialization(複雑なクラス編)

  Reference

Chapter 5 数学

5.1 random

  Reference

5.2 rational

5.3 quaternion, octonion

  Reference

5.4 crc

  Reference

5.5 interval

  Reference

Chapter 6 データ構造と反復子

6.1 array

  Reference

6.2 multi_array

  Reference

6.3 dynamic_bitset

  Reference

6.4 イテレータの分類

  新イテレータ・コンセプト

6.5 iterator_facade

6.6 iterator_adaptor

  Reference

6.7 any

  Reference

6.8 tuple

  Reference

6.9 optional

  Reference

6.10 variant

  Reference

6.11 range

  Reference

Chapter 7 関数型プログラミング

7.1 関数型プログラミングとは?

7.2 bind

  Reference

7.3 function

  Reference

7.4 lambda(入門編)

7.5 lambda(発展編)

  Reference

7.6 spirit(文法定義)

  まとめ:Boost.Spiritによる文法記述

7.7 spirit(アクション)

  発展:クロージャ

7.8 spirit(概念説明)

  パーサ

  スキャナ

  ディレクティブ

  解析時アクション

  スキャナ再び

7.9 spirit(発展編)

  Reference

Chapter 8 メタプログラミング

8.1 メタプログラミングとは?

8.2 MPL(入門編)

  テンプレート・メタプログラミングの始まり

  MPLの基本

8.3 MPL(基本構造)

8.4 MPL(応用編)

  Reference

8.5 type_traits

  Reference

8.6 enable_if

  Reference

8.7 fusion

  Reference

8.8 preprocessor(入門編)

8.9 preprocessor(データ構造)

8.10 preprocessor(繰り返し処理)

  Reference

8.11 unit_test

  Reference

8.12 コンパイル時のコード検証

  Reference

Chapter 9 ユーティリティ

9.1 timer

9.2 io_state_savers

9.3 noncopyable

9.4 value_initialized

9.5 ref

9.6 演算子の補助(1)

9.7 演算子の補助(2)

9.8 BOOST_FOREACH

9.9 assignment

  Reference

Chapter 10 その他のライブラリ

10.1 signals

10.2 graph

10.3 uBLAS

10.4 python

10.5 wave

10.6 program_options

10.7 parameter

Part Ⅲ その他の情報

III.1 コンパイラ対応表

III.2 参考文献

  Web上のリソース

  書籍

  ライブラリ

PR

秀和システム