図解入門 よくわかる宇宙の基本と仕組み

概 要

本書は、太陽系から、恒星、銀河、星間物質、超銀河団などの宇宙の姿を最新の観測データから、天文観測機器や最新観測技術まで、現代天文学をわかりすく解説したフルカラー宇宙入門書です。古代から人々を魅了してやまない宇宙の謎に、ガリレオによって科学的なメスが入れられて以来、日々新たな発見が生まれています。本書は、最新の観測結果をもとに、夜空に輝く身近な星や星雲だけでなく、中性子星、ブラックホール、変光星、パルサー、超新星のほか、はるかかなたの銀河や宇宙の大規模構造の成り立ちまで、カラー図版を多用しながら、ビジュアルにやさしく解説しています。

著者 半田利弘
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-1714-3
発売日 2007/07/24
判型 A5
色数 4色
ページ数 272
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 太陽系

1-1 月

月の自転と公転/潮の満ち干と月/共通重心/慣性力/潮汐力と潮の満ち干/潮汐摩擦と地球の自転/月の自転と潮汐力

1-2 太陽系の様子

星の形と自己重力/太陽系の惑星/小惑星と隕石/外部小惑星帯と彗星

1-3 惑星運動の特徴

ケプラーの第1法則/惑星軌道の形/惑星軌道の傾き/ケプラーの第2法則/ケプラーの第3法則

1-4 太陽系の縮尺と天文単位

惑星軌道の間隔/惑星や準惑星の大きさと重さ/太陽系の広がりを実感する

1-5 小惑星の特徴

小惑星の密集度/主要部小惑星の形/主要部小惑星の形/主要部小惑星の軌道/主要部小惑星の組成/主要部小惑星の族

1-6 惑星の特徴

惑星の分類/岩石惑星の特徴/ガス惑星の特徴/氷惑星の特徴

1-7 太陽系の果て

冥王星/太陽系外縁天体/彗星/オールトの雲

1-8 太陽系のでき方

3種類の惑星の配置/太陽系の形成/氷と水蒸気と雪境界線/主要部小惑星帯と外縁部小惑星帯/太陽系形成モデルの課題

第2章 恒星

2-1 恒星とは何か

星座の星々/恒星と太陽系/恒星のエネルギー源/恒星での核融合反応/恒星の内部構造/構成が安定して輝き続けるわけ

2-2 恒星の明るさと色

星の等級/等級の基準/星の色/光の色と三原色/光の波長とバンド/バンドと等級

2-3 いろいろな恒星

絶対等級と真の明るさ/大きな星と明るい星/星の表面温度/スペクトルと黒体放射/星の大きさと主系列/HR図と星の種類

2-4 恒星の誕生

星の誕生と星間ガス/星間ガスの収縮/原始星の誕生/原始星ガス円盤の形成/双極分子ガス流

2-5 恒星の進化

原始星から主系列星へ/主系列星/核融合が起こる場所/赤色巨星へ/質量放出/水平分岐星/鉄の芯

2-6 恒星の最後

白色矮星と惑星状星雲/電子の縮退圧とチャンドラセカールの質量限界/超新星爆発/中性子星とブラックホール

2-7 連星

連星/共通重心/見かけの重量/主星と伴星/近接連星/連星の降着円盤

2-8 変光星

星の瞬きと変光星/脈動型変光星/閃光星とおうし座T型星/激変星と新星/連星型超新星/磁変星とパルサー

2-9 太陽系外の惑星

系外惑星/系外惑星の検出方法/灼熱ガス惑星/大離心率惑星/太陽系と系外惑星系の特徴

2-10 褐色矮星と自由浮遊惑星

質量関数/エディントンの限界/褐色矮星/自由浮遊惑星

第3章 星雲と星間物質

3-1 星間空間

宇宙は完全には真空でない/3種類の星間ガス

3-2 星雲

星雲とは/輝線星雲/惑星状星雲/超新星残骸/反射星雲/暗黒星雲

3-3 宇宙での物質の循環

恒星の進化と物質の動き/物質輪廻と金属量

3-4 星間ガスの組成と検出

宇宙の物質組成/柱密度と光学的厚さ/星間分子ガスの検出

3-5 星間塵

星間塵/星間吸収/星間赤化/星間塵の故郷

3-6 星間分子ガスの化学変化

星間ガスでの化学変化/星間分子形成のパラドックス/星間分子の形成/奇妙な分子/星間分子と生命

第4章 天の川銀河

4-1 天の川と天の川銀河

球状星団と散開星団/天の川銀河/銀河面と銀河座標/さまざまな波長で見た天の川の姿

4-2 天の川銀河の大きさと構造

大きさと重さ/天の川銀河の構造/円盤部の広がり/バルジの広がり/ハローの広がり/銀河中心

4-3 円盤部と渦巻腕

観測効果と星間滅光/太陽系近くの様子/太陽近傍の恒星の運動/電波輝線と運動学的距離/星間ガスの分布

4-4 バルジとその形状

棒状バルジと円形バルジ/赤外線観測による棒状バルジ/電波観測による棒状バルジ

4-5 天の川銀河の中心核

銀河中心の方向と距離/いて座Aとその構造/銀河中心のブラックホール/電波アークと磁場構造

第5章 銀河

5-1 銀河の分類

渦巻銀河と楕円銀河/銀河の形態分類/ハッブルの形態分類/巨大楕円銀河と矮小銀河

5-2 銀河の内部運動

銀河の内部運動/差動回転と平坦回転曲線/失われた質量と暗黒物質

5-3 渦巻腕

渦巻腕の巻き込み/密度波理論/銀河衝撃波モデル

5-4 銀河の衝突と潮汐相互作用

銀河の大きさと間隔/銀河の衝突/潮汐力による尻尾/爆発的星形成銀河/銀河の合体

5-5 活動銀河とその中心核

活動銀河と通常銀河/電波銀河と電波ローブ/セイファート銀河/クェーサー/銀河中心ブラックホール/激しい変光と降着円盤

5-6 宇宙ジェットと電波ローブ

電波ローブ/ジェット構造/超光速運動

5-7 銀河群と銀河団

局所銀河群/銀河の集団/銀河団と巨大楕円銀河/銀河の運動と見落としている質量/銀河団内ガス/銀河からのガスのはぎ取り

5-8 超銀河団と宇宙の大規模構造

超銀河面と局所超銀河団/おとめ座銀河団落下運動/超銀河団/銀河分布の空洞/宇宙の泡構造

5-9 銀河の形成と進化

銀河の進化/銀河衝突と計算機シミュレーション/銀河の合体と成長

第6章 宇宙を調べる方法

6-1 大気の窓

大気の透明度/可視光の窓と電波の窓/大気の窓と地上観測/地上を離れた観測

6-2 天体の基礎データ

天体観測の手法/データの整約/データの解析と解釈/発表と刊行

6-3 観測の限界

測定量と誤差/ガウスの誤差分布/感度/分解能/角分解能/望遠鏡の基本性能と口径

6-4 天体望遠鏡

望遠鏡の構成要素/動作原理から見た検出装置/電波の検出装置と反射鏡/赤外線の検出装置と反射鏡/可視光の検出装置/紫外線の検出装置/X線の検出装置と反射鏡/ガンマ線の検出装置と反射鏡/ボロメータ

6-5 分光器

分光器/波の干渉/干渉を利用した分光器/可視光や赤外線の分光器/X線やガンマ線の分光器/電波の分光器

6-6 干渉計と補償光学

天体の干渉計/光学干渉計と電波干渉計/超長基線干渉計/ホモロジー変形鏡と能動光学/補償光学

PR

秀和システム