はじめての裏技 Word2007

概 要

本書は、Microsoft Word2007を使いこなしたいユーザーのために、いますぐ役立つ文書作成の奥義300を集めたノウハウ解説書です。ワープロソフトのなかでもっともポピュラーなWordですが、最新の2007は従来と比べて操作性も機能も大幅に変化し、ワードのパワーユーザーを自認する人でもまごつく場面が少なくありません。本書は、文字入力、文書編集、レイアウト、罫線・図・グラフなどの挿入データ、便利機能とカスタマイズ、印刷、Webとメールという7つの分野で「目からウロコ」の裏技300を見やすい操作画面とともにわかりやすく解説しました。紹介したテクニックは旧バージョンのWord(2000/2002/2003)でも使えるように操作の違いなどについても併記。Wordを使いこなして表現力をアップしましょう!

著者 井上健語
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-1719-8
発売日 2007/07/26
判型 B5変
色数 2色
ページ数 344
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ はじめての裏技
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter1 文字入力に関する裏技

001 正確な日付・時刻を入力する

002 上付/下付の文字を入力する

003 好きな場所から文字を入力する

004 顔文字を入力する

005 「まうす」→「Mouse」のような変換ができるようにする

006 変換できる記号の種類を増やす

007 一度に表示する候補の数を増やす

008 句読点が入力されたタイミングで自動的に変換されるようにする

009 マウスだけで文字入力する

010 記号をショートカットキーで入力する

011 記号にショートカットキーを割り当てる

012 全ページにタイトルや日付を入力する

013 ページ番号を入力する

014 箇条書きの項目を素早く入力する

015 人名や地名を入力する

016 変換できない人名や商品名を変換できるようにする

017 郵便番号を住所に変換する

018 いろんな記号を入力する

019 発音記号を入力する

020 コピーライトのマークを入力する

021 Windowsマークを挿入する

022 分数を入力する

023 ルートを入力する

024 文字を上下に並べて括弧で囲む

025 読みの分からない漢字を入力する

026 入力済みの文字を再変換する

027 文字に傍点を付ける

028 オリジナルの囲い文字を作成する

029 ひらがな入力のまま英数字を入力する

030 メールアドレスやURLに下線を付けない

031 文字サイズを少しずつ調整する

032 テンキーからの入力を全角にする

033 句読点に「,」と「.」を使う

034 ローマ字入力で一時的に英字入力に切り替える

035 少ないキーで以前入力した文字を効率的に入力する

036 ATOKと同じキー割付で入力する

037 人のWordを使うとき、入力した情報を残さない

038 現在のカーソル位置に別ファイルを読み込む

039 キーボード操作で罫線を引く

040 言語バーの機能を文字で表示する

041 役立つボタンを言語バーに追加する

Chapter2 文書編集に関する裏技

042 新規文書をすぐに用意できるようにする

043 実行した操作をまとめて取り消す

044 段落先頭を字下げする

045 段落の先頭を余白にはみ出してレイアウトする

046 箇条書きの行頭文字を画像に変更する

047 箇条書きの項目の途中で改行する

048 段落番号を「0」から始める

049 段落番号を前の段落番号の続きから始める

050 クリップボードに保持できるデータを24個にする

051 英単語の先頭だけを大文字にする

052 カーソル位置から行の先頭/末尾まで一発選択する

053 カーソル位置から文書の先頭/末尾まで一発選択する

054 文書全体を一発選択する

055 文書の先頭/末尾にカーソルを一気にジャンプする

056 半角文字を縦書きにする

057 吹き出しを作成する

058 目立つタイトルを作る

059 ワードアートで作った文字を本文扱いにする

060 蛍光ペンを次々と設定する

061 蛍光ペンを設定した文字だけを検索する

062 文書中の郵便番号を検索する

063 文書中の空白を一括削除する

064 文書中の英数字をすべて大文字/小文字に変換する

065 文書全体に行番号を表示する

066 文字列や画像を次々に切り取って一覧にする

067 選択した文字だけをコピーして、各行ごとに貼り付ける

068 文字の書式を別の文字にコピーする

069 文字の書式を別の文字に連続してコピーする

070 同じ単語にすべてルビを付ける

071 ルビを文字の下に付ける

072 親文字と重なったルビを修正する

073 ルビに色を付ける

074 練習用のサンプル文を表示させる

075 脚注を入れる

076 ページごとの脚注と文書末の脚注を変換する

077 電子メールの文章から改行マークをすべて削除する

078 複数行の下線の長さを揃える

079 「サーバ」と「サーバー」などの表記の違いを統一する

080 文書のページ数や文字数を調べる

081 文章を「ですます」体に統一する

082 文書中に使われている商標・商品名をチェックする

083 小学校の学年別配当漢字をチェックする

084 離れた場所にある文字を同時に選択する

085 ワンクリックで文字や画像をコピーする

086 ページのサムネイルを表示して簡単に切り替える

087 文書内の別の場所にジャンプさせる

088 改行されない空白やハイフンを入力する

089 編集用の記号を表示する

090 ハイパーリンクのポップヒントに別のコメントを入れる

Chapter3 レイアウトに関する裏技

091 画像や図形の形に沿って周囲の文字を配置する

092 広がりすぎた行間を調整する

093 行頭のカッコをきれいに揃える

094 改ページされたとき段落最後の1行だけ残らないようにする

095 段落番号を1桁目で揃える

096 箇条書きの行頭記号と項目の間隔を調整する

097 同じ行で文字を左右に配置する

098 最初の1文字だけ大きくする

099 文字を均等に並べる

100 見出しと本文が改ページで区切られないようにする

101 表の途中で改ページされないようにする

102 任意の位置で中央揃えにする

103 字送りや行送りをミリ単位で指定する

104 異なるサイズの文字を行の上下中央で揃える

105 文書全体を2段組にする

106 ページの一部だけ段組にする

107 段間を素早く調整する

108 独自の用紙サイズを設定する

109 市販のラベル用紙に合ったレイアウトを設定する

110 表紙を簡単に挿入する

111 格好いいコラム欄を素早く作る

112 複数のテキストボックスに長文を流し込む

113 選択した文字列をテキストボックスに変換する

114 テキストボックスの枠線と内部の文字の間隔を調整する

115 文字量に応じてテキストボックスの大きさが変化するようにする

116 テキストボックスの背景にグラデーションを設定する

117 テキストボックスの背景にテクスチャを設定する

118 丸いテキストボックスを作る

119 丸いテキストボックスの周囲に文字を配置する

120 作成したテキストボックスを再利用できるようにする

121 テキストボックスをページの右下や左上に素早く置く

122 文書のデザインを一瞬で切り替える

123 文書の配色やフォント、特殊効果だけを切り替える

124 テーマ用の新しい色の組み合わせを作る

125 テーマ用の新しいフォントの組み合わせを作る

126 表の番号を自動的に付ける

127 ヘッダーとフッターを簡単に挿入する

128 ヘッダー/フッターの編集中は本文を消す

129 奇数ページと偶数ページでヘッダー/フッターを別々にする

130 左右の余白にページ番号を入れる

131 入力済みの段落を箇条書きに変換する

132 箇条書きの先頭記号に画像を使用する

133 ページの上下にだけページ罫線を表示する

134 本文の上下左右5mmをページ罫線で囲む

135 透かし画像を表示する

136 Windowsマークを透かし文字に設定する

137 透かし文字をワードアートで変形する

Chapter4 罫線・SmartArt・図・表・グラフに関する裏技

138 正確な図形が描けるようにマス目を表示する

139 図形の中に画像を表示する

140 図形にテクスチャを貼る

141 図形に文字を入力する

142 設定した書式や内部の文字を残して図形の形だけ変える

143 線に矢印を追加する

144 矢印の矢の付け根の位置を変える

145 複数の図形を左右に揃える

146 複数の図形を等間隔に並べる

147 複数の図形をまとめてグループ化する

148 写真だけを検索する

149 クリップアートを反転する

150 クリップアートのウィンドウを別の場所に移動する

151 クリップアートで検索したアニメーションの動きを確認する

152 Office Onlineのクリップアートをオフラインでも利用できるようにする

153 手順や階層をグラフィカルな図で表現する

154 作成したSmartArtグラフィックの配色・デザインを変更する

155 SmartArtグラフィックに図の要素を追加する

156 作成したSmartArtグラフィックのレイアウトを変更する

157 SmartArtグラフィックを線で囲む

158 SmartArtグラフィックの背景に画像を表示する

159 SmartArtグラフィックの一部だけ変更して目立たせる

160 SmartArtグラフィックの形に沿って文字を配置する

161 作成したSmartArtグラフィックを登録する

162 Word 2003と同じ図表ギャラリーを利用する

163 画像のスタイルを残して画像だけを入れ替える

164 画像の明るさやコントラストを調整する

165 画像をセピア調やモノクロにする

166 画像の特定の色を透明にする

167 画像の重なり方を変える

168 画像の周囲にぼかしを入れる

169 画像を雲形に切り抜く

170 画像の入った立体的な矢印を作る

171 画像をトリミングして必要な箇所だけ表示する

172 画像の一部に重なるように周囲の文字を配置する

173 加工した画像をオリジナル状態に戻す

174 加工した画像を他の文書でも流用する

175 画像の入った文書のファイルサイズを圧縮する

176 表を簡単に作成する

177 表のデザインを一瞬で切り替える

178 表の新しいスタイルを作って登録する

179 表を上下に分割して2つにする

180 表、行、列、セルを確実に選択する

181 デザインされた状態で新規の表を挿入する

182 列の幅を文字に合わせる

183 右隣の列幅を保ったまま列幅を変更する

184 データを先に入力してから表を作る

185 列幅、行高を自動で均等にする

186 表の中の文字を縦書きにする

187 表の一部の線を透明にする

188 セル内の文字の位置を調整する

189 表で計算する

190 表のデータを並べ替える

191 複数ページにまたがる見出しを作成する

192 表の左の列に自動更新される通し番号を付ける

193 行の途中で改ページされないようにする

194 空白セルにデータがないことを示す線を引く

195 使用しないセルに斜め線を入れる

196 表のデータをカンマ区切りのテキストデータに変換する

197 自由に拡大・縮小できる表を作る

198 集計用の行を追加する

199 Excelで表を作る

200 グラフを作成する

201 Word 2003と同じMicrosoft Graphでグラフを作成する

202 グラフを画像に変換する

203 グラフの要素に画像を貼り付ける

204 グラフとデータをいっしょにのせる

205 数式を作成する

Chapter5 便利機能とカスタマイズに関する裏技

206 Word 2003とWord 2007のコマンドの対応を調べる

207 エクスプローラにライブアイコンが表示されるようにする

208 特定の文書を常に履歴に表示する

209 読み込んだファイルの履歴を非表示にする

210 テンプレートを利用して文書を作る

211 PDF/XPS形式で文書を保存する

212 文書のプロパティを設定する

213 カレンダーを表示して日付入力させる

214 画像のエリアだけ用意して、ユーザーに画像を選んでもらうようにする

215 ドロップダウンリストから候補を選択できるようにする

216 作成した文書をテンプレートとして保存する

217 既存の文書から新しい文書を作る

218 さまざまな社内/社外文書を作成する

219 カレンダーを素早く作成する

220 オリジナル写真の入ったカレンダーを作成する

221 誤りのないあいさつ文を入力する

222 英単語の意味を日本語で確認する

223 日本語に対応する英単語を確認する

224 赤や緑の波線が表示されないようにする

225 文書の改ざんを防ぐ

226 文書を読み取り専用で読み込む

227 パスワードがないと文書を変更できないようにする

228 タブやボタンのアクセスキーを画面に表示させる

229 Word 2003のアクセスキーでWord 2007を操作する

230 リボンを表示したり消したりする

231 ボタンにマウスを合わせたとき現れる説明を表示させないようにする

232 インストールされているアドインプログラムを調べる

233 文書中にPDFファイルを挿入する

234 旧バージョンのWordで読める文書を作る

235 文書を暗号化して読めなくする

236 相手が持っていないフォントを使った文書でも正しく表示させる

237 文書に旧Wordと互換性があるかチェックする

238 文書に含まれる個人情報やメモを削除してトラブルを避ける

239 2つの文書のちがいを調べる

240 ファイルを読み込むときファイルの詳細情報を表示する

241 ルーラーの表示を一瞬で切り替える

242 画面を一瞬で等分割する

243 トンボを非表示にする

244 デスクトップにショートカットを作成する

245 Wordのアイコンを必ず[スタート]メニューに表示されるようにする

246 クイック起動バーにWordを追加する

247 行の先頭が勝手に字下げされないようにする

248 図形を作成するとき自動的に描画キャンバスを挿入する

249 重要なファイルを残してコピーを編集する

250 よく使うボタンを常に表示させておく

251 ステータスバーに表示する情報やパーツをカスタマイズする

252 コンピュータのシステム情報を表示する

253 複数のファイルをまとめて開く

254 [ファイルを開く]ダイアログボックスでファイル名を変更する

255 [ファイルを開く]ダイアログボックスでファイルを削除する

256 保存時に新しいフォルダを作る

257 文書中にメモを貼り付ける

258 要約機能を追加する

259 リアルタイムに変化するプレビュー機能を停止する

260 画面の配色を切り替える

261 自動的に旧Word形式で保存されるようにする

262 文書の既定の保存先フォルダを変更する

263 Wordの文書ファイルの中身を調べる

264 Wordの健康状態を診断する

265 旧WordでWord 2007のファイルを編集する

266 Word 2007をWord 2003のメニューで利用する

267 Windows XP上のWordとの字形の違いを解決する

268 Wordをセーフモードで起動する

269 スプラッシュ画面を表示しないでWordを起動する

270 Picture Managerで画像を確認する

271 Picture Managerで画像を表示するフォルダを指定する

272 Picture Managerで画像の情報を確認する

273 Picture Managerで画像のサイズを変更する

274 Picture Managerで画像を自動修正する

275 Picture Managerで赤目を修正する

276 Picture Managerで画像のファイル形式を変換する

Chapter6 印刷に関する裏技

277 印刷状態を事前に確認する

278 印刷プレビューで文字を修正する

279 印刷プレビューで余白を調整する

280 はみ出した数行を前ページに収める

281 ダイアログボックスを開かないですぐに印刷を実行する

282 A4で作成した文書をB5で印刷する

283 ページ背景の色や画像も印刷する

284 原稿用紙を印刷する

285 印刷状況を確認する

286 1枚に複数のページをまとめて印刷する

287 文書の一部だけ印刷する

288 最後のページから印刷する

289 両面に印刷する

290 特定のページだけ印刷する

291 フィールドを更新してから印刷する

292 フィールドコードをそのまま印刷する

293 文書のプロパティ情報を印刷する

294 蛍光ペンが印刷されないようにする

295 袋とじで印刷する

Chapter7 Webとメールに関する裏技

296 Wordでブログの記事を書いて投稿する

297 文書をWebページとして保存する

298 Webページとして保存するときエンコードを指定する

299 作成中の文書をメールの添付ファイルとして送信する

300 海外のクリップアートやテンプレートを利用する

PR

秀和システム