Excel2007 パーフェクトマスター

概 要

本書は、表計算ソフトのスタンダード、マイクロソフトの『Excel 2007』の全操作・全機能を手順を追って紹介するフルカラー全機能解説書です。Excel2007はファイル形式が大幅に変更されるとともに、高度なデータベース機能を発揮するテーブルの導入や、表のデザインを簡単に設定できる「ギャラリー」の充実に加え、「リボン」と呼ばれるまったく新しいユーザーインターフェースの採用など、ますます便利に使いやすくなりました。この最新のExcel2007の基本操作から高度な便利テクニックまで、知りたい操作を逆引きですぐに探せる目的別インデックスを搭載。豊富な操作画面を例にわかりやすく解説するとともに、初心者が苦手とする関数の使い方を重点的に解説しました。サンプルファイルのダウンロードサービス付き。

著者 金城俊哉
価格 本体2500円(税別)
ISBN 978-4-7980-1720-4
発売日 2007/08/07
判型 B5変
色数 4色
ページ数 864
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Excel2007の機能と基本操作

1.1 Excel2007の起動と終了

1.1.1 Excel2007の起動

1.1.2 ブックの保存

1.1.3 Excel2007の終了

Chapter 2 データの入力

2.1 データを入力する

2.1.1 セルの選択

2.1.2 数値を入力

2.1.3 小数を含む値の入力

2.1.4 分数の入力

2.1.5 文字列の入力

2.1.6 日付の入力

2.1.7 特殊な値の入力

2.1.8 数式の入力

2.1.9 入力後におけるセルの移動

2.2 データの削除と修正

2.2.1 データの削除

2.2.2 入力データの修正

2.3 複数のセルへのデータ入力

2.3.1 複数のセルへの入力

2.3.2 指定した範囲へのデータ入力

2.4 連続したデータの効率的な入力(オートフィルとリスト)

2.4.1 連続した数値の入力

2.4.2 日付と曜日の入力

2.4.3 独自に作成したリストからの入力

2.5 入力支援機能を使用したデータ入力

2.5.1 入力候補の自動表示

2.5.2 自動編集機能の利用(オートコレクト)

Chapter 3 セルの操作

3.1 セルをコピーする

3.1.1 セルのコピー

3.1.2 複数のセルのコピー

3.1.3 貼り付ける内容の指定

3.2 クリップボードによるコピーと貼り付け

3.2.1 クリップボードの操作

3.2.2 クリップボードに登録したデータの削除

3.3 セルを移動する

3.3.1 セルの移動

3.3.2 複数のセルの移動

3.4 セルの挿入と削除

3.4.1 セルの挿入

3.4.2 セルの削除

3.5 操作の取り消しとやり直し

3.5.1 操作の取り消し

3.5.2 操作のやり直し

Chapter 4 セルの表示形式の設定

4.1 セルの表示形式

4.1.1 セルの表示形式の設定

4.1.2 [セルの書式設定]ダイアログボックスを使用した設定

4.1.3 表示形式の解除

4.2 ユーザー定義型の表示形式の作成

4.2.1 オリジナルの表示形式の作成

Chapter 5 文字の書式設定

5.1 セル内の文字の書式設定

5.1.1 文字のフォントや表示サイズの変更

5.1.2 [セルの書式設定]ダイアログボックスを利用した書式の設定

5.1.3 文字カラーの設定

5.2 データの配置方法の設定

5.2.1 セル内のデータの配置方法の設定

Chapter 6 表の作成

6.1 罫線を利用したシンプルな表を作る

6.1.1 指定した範囲への罫線の設定

6.1.2 マウスを利用した罫線の設定

6.1.3 セルの結合

6.1.4 罫線のスタイル設定

6.2 表のスタイルを設定する

6.2.1 セルのスタイル設定

6.3 データの並べ替えと集計

6.3.1 データの並べ替え

6.3.2 データの集計

6.4 行や列の表示/非表示の切り替え

6.4.1 行の表示/非表示

6.4.2 列の表示/非表示

6.5 テンプレートを利用する

6.5.1 テンプレートの利用

Chapter 7 ブックの操作

7.1 ブックの作成と保存

7.1.1 ブックの作成

7.1.2 ブックの保存

7.2 ブックを表示する

7.2.1 既存のブックの表示

7.2.2 Excel2007形式以外のブックの読み込み

7.3 ブックのセキュリティ対策

7.3.1 パスワードによるブックの保護

7.3.2 バックアップファイルの作成

Chapter 8 ワークシートの操作

8.3 ワークシートの基本操作

8.1.1 ワークシートの構造

8.1.2 ワークシートの基本的な操作

8.2 ワークシートを編集する

8.2.1 ワークシートの見出しの編集

8.2.2 背景の設定

8.3 ワークシートの移動とコピー

8.3.1 ワークシートのコピー

8.3.2 ワークシートの移動

8.4 ワークシートの表示/非表示

8.4.1 ワークシートの非表示

8.4.2 ワークシートの再表示

8.5 複数のワークシートを操作する

8.5.1 作業グループの利用

8.6 ワークシートの保護

8.6.1 ワークシートの保護

8.6.2 パスワードによるアクセス制限

Chapter 9 数式の入力

9.1 数式の入力と編集

9.1.1 数式の入力

9.1.2 数式の編集

9.1.3 数式のコピー

9.1.4 オートカルクによる計算結果の確認

9.2 [オートSUM]を利用した集計テクニック

9.2.1 [オートSUM]を利用した集計テクニック

9.2.2 [オートSUM]における小計を含む計算

9.3 セルの参照

9.3.1 絶対参照と相対参照

9.3.2 複合参照

9.4 ワークシートやブック間における計算

9.4.1 ワークシート間の計算

9.4.2 ブック間の計算

Chapter 10 実践で学ぶ関数の活用法

10.1 関数の概要

10.1.1 関数の概要

10.1.2 関数の入力

10.2 数学/三角関数

10.2.1 特定の範囲の合計値の計算

10.2.2 配列を用いた集計テクニック

10.2.3 配列と複数の関数の組み合わせによる数式の作成

10.2.4 配列数式による処理の実際

10.2.5 条件に合うデータの集計

10.2.6 ばらばらの項目をすばやく集計する

10.2.7 数値の加工

10.3 統計関数

10.3.1 平均値の算出

10.3.2 最大値と最小値の検索

10.3.3 セルの分析

10.4 論理関数

10.4.1 条件によって異なる結果を出す

10.4.2 複数の条件による判定

10.5 文字列関数

10.5.1 文字数のカウント

10.5.2 文字列の変換

10.5.3 文字列の操作

10.6 財務関数

10.6.1 借入可能額の計算

10.6.2 ふりがなの表示

Chapter 11 日付と時刻の計算

11.1 日付と時刻を管理するシリアル値

11.1.1 日付や時刻の表示形式とシリアル値

11.1.2 Excelの日付と時刻の管理方法

11.2 日付や時刻の管理

11.2.1 年数に関する計算

11.2.2 日付に関する計算

11.2.3 時刻に関する計算

Chapter 12 グラフの作成

12.1 Excelのグラフ作成機能

12.1.1 グラフの作成

12.1.2 グラフの構成要素

12.1.3 グラフの種類

12.3 グラフの移動

12.2.1 グラフ専用のワークシートへの移動

12.2.2 グラフのワークシート間における移動

12.3 グラフが参照するデータの変更

12.3.1 グラフが参照するデータの範囲の変更

12.3.2 参照データの追加

12.4 グラフの編集

12.4.1 グラフの種類の変更

12.4.2 グラフを見栄えよくするためのテクニック

12.4.3 グラフに表示する文字列の編集

12.4.4 図形用のスタイルの適用

12.4.5 画像ファイルとしてのグラフの保存

12.5 グラフの構造の変更

12.5.1 行/列の入れ替え

12.5.2 グラフの表示方法に関する変更

12.6 訴求力を高めるためのテクニック

12.6.1 グラフの見た目を変えて訴求力を高める

Chapter 13 図形の描画

13.1 Excelに搭載されている作図機能

13.1.1 Excelの作図機能

13.2 図形の作成

13.2.1 ワークシート上への図形の描画

13.2.2 図形の位置とサイズの変更

13.3 図形のスタイル設定

13.3.1 テーマと図形のスタイルの関係

13.3.2 線のスタイル設定

13.3.3 図形のスタイル設定

13.3.4 図形のグループ化

13.4 テキストボックスの利用

13.4.1 テキストボックスの配置とテキストの入力

13.4.2 テキストボックスのスタイル設定

13.5 特殊なスタイルの設定

13.5.1 塗りつぶしと輪郭線に対する特殊効果の設定

13.5.2 図形を立体的に見せる特殊効果の設定

13.6 クリップアートとワードアートの利用

13.6.1 クリップアートの配置

13.6.2 ワードアートの利用

Chapter 14 ツールを利用したデータの解析

14.1 シナリオの利用

14.1.1 シナリオによる演算(テクニック)

14.2 分析ツールの活用

14.2.1 ゴールシーク

Chapter 15 ページ設定と印刷

15.1 印刷における基本操作

15.1.1 印刷イメージの確認

15.1.2 余白と列幅の調整

15.1.3 その他のプレビュー画面

15.2 ヘッダーおよびフッターを利用した印刷テクニック

15.2.1 ヘッダーおよびフッターの印刷

15.2.2 ヘッダーおよびフッターの書式設定

15.3 改ページの設定

15.3.1 改ページの設定

15.3.2 改ページのオプション

15.4 状況に応じた印刷テクニック

15.4.1 必要な情報の印刷

15.4.2 印刷範囲の指定

15.4.3 印刷位置の指定

15.4.4 知っておくと便利な印刷テクニック

Chapter 16 マクロとVBAの利用

16.1 マクロの作成

16.1.1 マクロの作成

16.1.2 保存したマクロの実行

16.1.3 マクロの削除と編集

16.2 マクロの応用的なテクニック

16.2.1 マクロを実践的に使うためのテクニック

16.2.2 セキュリティレベルの設定

Chapter 17 Excel2007のデータベース的活用法

17.1 テーブルを作成する

17.1.1 テーブルの作成

17.1.2 フィールドの設定

17.1.3 テーブルのスタイル設定

17.2 データの入力とテーブルの編集

17.2.1 作成済みのテーブルへのデータ入力

17.2.2 テーブルへの行や列の挿入

17.3 テーブルの活用

17.3.1 集計行の追加

17.4 オートフィルタの活用

17.4.1 オートフィルタを利用したデータの抽出テクニック

Appendix 付録

Appendix1 ショートカット一覧

Appendix2 関数一覧

Appendix3 用語集

PR

秀和システム