いますぐはじめる Microsoft Expression Web

概 要

本書は、Microsoft社が開発したWebオーサリングツール「Microsoft Expression Web」の完全操作マニュアルです。XHTMLとCSSによるWeb標準に準拠したWebコンテンツを直感的に作成することができ、XMLやASP.NETとの連動によって動的なWebページの開発も可能です。本書では、実際のワークフローに沿って、Microsoft Expression Webの初期設定から、スタイルの利用方法、テンプレートを使ったサイト管理、Webサイトの公開まで、画面を見ながら具体的な操作手順をやさしく学べます。手順説明では、サンプルページを作成し、各手順のポイントを詳細に解説します。また、Dreamweaverの類似機能との比較を行い、Dreamweaverユーザーにもわかりやすい内容となっています。

著者 國分亨
価格 本体2280円(税別)
ISBN 978-4-7980-1738-9
発売日 2007/08/18
判型 B5
色数 4色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter.1 Microsoft Expression Webの概要

1 Microsoft Expression Webとは

2 ワークスペースについて

Chapter.2 ワークフローに沿ったExpression Webの基本操作

1 Webサイトの定義と新規ページの作成

1-1 Webサイトを作成するには

1-2 Webサイト内共通の文字コードを設定するには

1-3 新しいページを作成するには

1-4 編集中のページやページビューを切り替えるには

1-5 ファイル名を変更するには

2 (X)HTMLのマークアップ

2-1 DOCTYPE宣言を変更するには

2-2 ページごとに異なる文字コードを設定するには

2-3 ページのタイトルを設定するには

2-4 キーワードや説明文を設定するには

2-5 ブロックレベル要素を変更するには

2-6 id/class属性を効率的に定義するには

2-7 タグを効率的に編集するには

2-8 改行を挿入するには

2-9 文字に装飾を加えるには

2-10 リストを作成するには

2-11 表を作成するには

2-12 画像を挿入するには

2-13 ハイパーリンクを設定するには

2-14 コメントを挿入するには

2-15 記号や特殊文字を挿入するには

2-16 フォームを作成するには

3 レイアウトのためのスタイルの定義と管理

3-1 スタイルを定義するには

3-2 スタイルの定義先を管理するには

3-3 外部スタイルシートを利用するには

3-4 スタイルを変更するには

3-5 不要なスタイルを最適化するには

4 ダイナミックWebテンプレートを利用したページの管理

4-1 ダイナミックWebテンプレートを利用するには

4-2 ページごとに内容を変更できる領域を定義するには

4-3 整合性のとれない領域を一致させるには

4-4 ダイナミックWebテンプレートを利用したページを作成するには

5 検索/置換やレポート機能などを利用したコードの最適化

5-1 テキストやコードを検索/置換するには

5-2 HTMLのルールを利用して、高度な検索/置換を行うには

5-3 コードエラーや文法上の問題をチェックをするには

5-4 CSSのエラーや利用状況をチェックするには

5-5 アクセシビリティに関するチェックをするには

6 Webサイトの公開

6-1 Webサイトを発行(アップロード/ダウンロード)するには

6-2 サイトの発行に関する詳細設定をするには

6-3 不要なコメントを削除するには

6-4 チェックイン/チェックアウト機能で、グループ作業を効率化するには

7 JavaScriptを利用したインタラクティブ機能の追加

7-1 インタラクティブボタンを利用するには

7-2 ビヘイビアを挿入するには

7-3 ロールオーバー用の画像などをプリロードするには

7-4 指定サイズのブラウザウィンドウを開くには

Chapter.3 サンプルサイトの制作

1 Webページの作成

1-1 Webサイトの定義

1-2 トップページのマークアップ

1-3 トップページのスタイル定義

2 ダイナミックWebテンプレート

2-1 ダイナミックWebテンプレートの利用

PR

秀和システム