PHOTOSHOP CS3 逆引き大全 400の極意

概 要

本書は、画像加工ツールのスタンダード「Photoshop(フォトショップ)」の機能と操作方法を、自分がやりたいことから調べることができる操作リファレンスです。本書の解説は、Photoshop CS2/CS3/CS3 EXTENDEDの3つのバージョンに対応し、Windows版とMacintosh版の両方で使える内容となっています。Photoshopの400の機能を抜粋し、実際の画面を使ってフルカラーでわかりやすく徹底解説しているため、基本操作の極意から、画像補正や合成、レイヤーやフィルターの使い方、Web素材やフレームアニメーションの作り方、アクションの実行方法といった比較的上級の技術まで、初・中級者でも操作手順がよく理解できます。

著者 村上弘子
価格 本体2500円(税別)
ISBN 978-4-7980-1747-1
発売日 2007/08/30
判型 A5
色数 4色
ページ数 512
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 逆引き大全
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 基本操作の極意(001~046)

1-1 ◆カラーや解像度(001~011)

001 Photoshopの種類について知りたい

002 便利な使い方を知りたい

003 カラー環境を設定するには

004 カラープロファイルの問題に対処するには

005 Photoshopで利用できるカラーモードについて知りたい

006 ビット数について知りたい

007 RGBカラーについて知りたい

008 CMYKカラーについて知りたい

009 Photoshopで開けるファイル形式とは

010 ビットマップ画像について知りたい

011 解像度について知りたい

1-2 ◆ファイルの作成(012~017)

012 新規にファイルを作成するには

013 スキャンした画像から新規画像を作成するには

014 スキャンした複数の画像を自動処理で個別ファイルに分割するには

015 キャプチャした画像から新規ファイルを作成するには

016 PDFファイルのページ全体を読み込むには

017 PDFファイル内の画像を読み込むには

1-3 ◆表示(018~031)

018 画像をすばやくフルスクリーン表示するには

019 画像の大きさを知るには

020 画像を拡大/縮小表示するには

021 表示サイズとウィンドウサイズを同時に切り替えるには

022 画面表示サイズと表示位置を同時に変更するには

023 複数のウィンドウを並べて配置するには

024 同じ画像を複数のウィンドウで表示するには

025 複数のウィンドウの表示サイズと位置を一致させるには

026 定規を使ってオブジェクトを正確な位置に配置するには

027 ものさしツールで距離と角度を測定するには

028 画像にグリッドを表示するには

029 画像にガイド線を引くには

030 境界線やグリップラインに沿ってオブジェクトを配置するには

031 複数のウィンドウをまとめてスクロール/ズームするには

1-4 ◆カスタマイズ(032~040)

032 ワークスペースを広く使うには

033 パレットをアイコン化するには

034 よく使うパレットだけを表示するには

035 カスタマイズしたパレットを保存するには

036 ツールオプションの設定を初期値に戻すには

037 ツールプリセットを使うには

038 メニュー項目をカスタマイズするには

039 キーボードショートカットをカスタマイズするには

040 カーソルの形状を変更するには

1-5 ◆やり直し(041~045)

041 最後に保存した状態に戻すには

042 以前の画像に戻すには

043 ヒストリーを削除するには

044 作業中の画像を残しておくには

045 作業中の画像から新規に画像を作成するには

1-6 ◆保存(046)

046 目的にあった保存形式を選ぶには 64

第2章 色調と画像の補正の極意(047~105)

2-1 ◆角度やサイズ(047~051)

047 画像を補正するための手順

048 画像の向きを変えるには

049 傾いている画像を正しい角度に直すには

050 画像領域を切り取る/広げるには

051 画像を切り取らずに画像サイズを変更するには

2-2 ◆色調(052~068)

052 ヒストグラムで色調を確認するには

053 色のはっきりしない画像を自動的に鮮やかに補正するには

054 色のはっきりしない画像を手動で鮮やかに補正するには

055 暗い画像をトーンカーブで詳細に補正するには

056 トーンカーブのスポイトでカラー補正を行うには

057 カラーバランスと色相、彩度、明度について

058 カラーバランスを調整して画像全体のカラーを整えるには

059 明るさとコントラストを調整してオブジェクトを強調させるには

060 画像全体の色を変更して特定の色を際立たせるには

061 画像内の特定の色を違う色に変更するには

062 複数の画像の色調をそろえるには

063 画像内の色を部分的に変更するには

064 カラー画像を白黒画像に変換するには

065 逆光の画像を修正するには

066 画像にカラーフィルタをかけるには

067 露光量を変更して画像の明暗を調整する

068 様々なバリエーションを見ながら簡単に色調補正するには

2-3 ◆修正(069~093)

069 画像の一部を切り抜いて使うには

070 取り込んだ写真の白い枠を取り除くには

071 切り抜いた画像の遠近法を変更するには

072 画像内にちらばる細かい汚れを取り除くには

073 写真の汚れを取り除くには

074 複雑な色合い上の傷を消すには

075 写真の汚れをすばやく取り除くには

076 日付を取り除く

077 赤目を補正するには

078 画像内の特定の色を他の色に置き換える

079 画像内のオブジェクトをコピーして同じオブジェクトを並べるには

080 画像の一部をぼかして情報を隠すには

081 画像の一部分だけをすばやくシャープにするには

082 画像内の一部分だけを明るくするには

083 画像内の一部分だけを暗くするには

084 画像の黄ばんだ部分だけを修整するには

085 ぼけた写真を修復するには

086 スマートシャープでぼやけた輪郭を際立たせるには

087 画像をぼかして一部分だけを際立たせるには

088 画像の一部だけをシャープにして際立たせるには

089 画像の一部分を変形させるには

090 レンズのゆがみを修正するには

091 遠近面にあるオブジェクトをコピーするには

092 複数の画像からパノラマ画像を作成するには

093 フォトフレームを作成するには

2-4 ◆調整レイヤー(094~098)

094 調整レイヤーを作成して色調補正をするには

095 複数の調整レイヤーを作成するには

096 調整レイヤーをあとから修正するには

097 調整レイヤーを削除するには

098 CMYKで印刷できない色を識別するには

2-5 ◆Rawデータ(099~105)

099 Camera Rawファイルを開くには

100 Rawデータのサイズや解像度を設定するには

101 Rawデータのヒストグラムを確認するには

102 Rawデータの色温度や色かぶりを調整するには

103 Rawデータの彩度を調整するには

104 Rawデータの画像を修正するには

105 Raw設定のプリセットを保存するには

第3章 選択範囲と画像合成の極意(106~145)

3-1 ◆選択範囲(106~128)

106 四角形や円形の選択範囲を作るには

107 多角形の選択範囲を作るには

108 自由なラインで選択範囲を作るには

109 境界線がはっきりしている画像で半自動的に選択範囲を作成するには

110 複雑なオブジェクトを簡単に選択するには

111 類似するカラーに合わせて効率的に選択するには

112 選択したカラーと類似した領域を自動選択するには

113 画像内に散らばる同じカラーを選択するには

114 選択範囲の領域をあとから追加するには

115 選択範囲の領域から一部だけ削除するには

116 選択範囲を反転させるには

117 選択範囲を拡大/縮小/回転するには

118 選択範囲の境界線を移動するには

119 選択したオブジェクトを移動するには

120 選択範囲をコピーして他の画像で使うには

121 選択範囲を別の画像の選択範囲にコピーするには

122 はっきりしない境界線をくっきりさせるには

123 境界線をぼかすには

124 選択範囲を効率よく広げるには

125 選択範囲を縮小して輪郭のフチを取り除くには

126 ギザギザな境界線を効率的に選択するには

127 背景から複雑なオブジェクトを切り抜くには

126 切り抜いた画像のフチをきれいにするには

3-2 ◆背景(129~135)

129 背景を透明化してオブジェクトだけ残すには

130 合成した画像の背景を消すには

131 同系色の背景を簡単に削除するには

132 切り抜いた画像を背景色をそろえて他の画像に合成するには

133 合成した画像の大きさや位置を調節するには

134 選択範囲を保存するには

135 マスクとアルファチャンネルについて知りたい

3-3 ◆合成(136~145)

136 保存した選択範囲を読み込むには

137 保存した選択範囲を他の画像に読み込むには

138 選択範囲をチャンネルにすばやく保存するには

139 合成部分を目立たなく自然にぼかすには

140 合成部分のギザギザ部分を効率的に排除するには

141 背景を他の画像に変えて色調をそろえるには

142 きれいに画像を合成させるには

143 黒い背景の画像を簡単に合成するには

144 白い背景の画像を簡単に合成するには

145 異なる画像を効率的に合成するには

第4章 レイヤーの極意(146~187)

4-1 ◆レイヤー(146~175)

146 レイヤーについて知りたい

147 レイヤーを作成するには

148 選択範囲からレイヤーを作成するには

149 背景をレイヤーに変換するには

150 レイヤーを背景に変換するには

151 レイヤーを複製するには

152 塗りつぶしレイヤーを作成するには

153 他の画像ファイルにレイヤーを複製するには

154 レイヤーの順番を入れ替えるには

155 複数のレイヤーをまとめて移動するには

156 レイヤーを表示/非表示にするには

157 レイヤーをグループ化するには

158 レイヤーを削除するには

159 レイヤー上のオブジェクトを自在に動かせるようにするには

160 レイヤー上のオブジェクトを自在に編集できるようにするには

161 レイヤーの境界線とハンドルを表示してオブジェクトを移動しやすくするには

162 複数のレイヤー上のオブジェクトを整列させるには

163 複数のレイヤー上のオブジェクトを均一に分布させるには

164 レイヤーをロックして保護するには

165 レイヤーを部分的にロックして保護するには

166 シェイプレイヤーをラスタライズして通常のレイヤーするには

167 複数のレイヤーをひとつにまとめるには

168 下にある画像を透けて見えるようにするには

169 レイヤー効果はそのままで下にある画像を透けて見えるようにするには

170 描画モードを変更して下にあるレイヤーの見え方を変更するには

171 スマートオブジェクトに変換して画像の劣化を防ぐには

172 レイヤースタイルを適用するには

173 レイヤースタイルだけを新規画像レイヤーするには

174 レイヤースタイルを他のレイヤーに適用するには

175 レイヤー内の不要な部分を隠すには

4-2 ◆レイヤーマスク(176~181)

176 レイヤーマスクの種類について知りたい

177 レイヤーマスクを移動するには

178 レイヤーマスクを編集するには

179 レイヤーマスクを他のレイヤーにコピーするには

180 レイヤーとレイヤーマスクの境界線を選択するには

181 レイヤーマスクを適用、または削除するには

4-3 ◆その他のレイヤー(182~187)

182 選択領域内にだけ画像を表示させるには

183 レイヤー内の不要な部分をパスで隠すには

184 レイヤーカンプを作成するには

185 レイヤーカンプを表示するには

186 類似する画像を自動整列して修正するには

187 類似する複数の画像レイヤーを自動的に結合するには

第5章 ペイントと描画の極意(188~242)

5-1 ◆カラー(188~191)

188 背景色と描画色を選択するには

189 カラーパレットでカラーを選択するには

190 スウォッチパレットにカラーを登録するには

191 ブラシツールの使用中に画像内のカラーを使うには

5-2 ◆ペイント(192~205)

192 ペイントツールの種類について知りたい

193 やわらかい線を描くには

194 しっかりした線を描くには

195 エアブラシの効果で描くには

196 様々な線の形を選択するには

197 パターンを使って線を描くには

198 画像を絵画風に描くには

199 消去した領域を元に戻すには

200 カラーを伸ばして混ぜて使うには

201 オリジナルのブラシを登録するには

202 画像からオリジナルブラシを作成するには

203 半透明の線を描くには

204 描画モードを変更して線の重なり方を工夫するには

205 描画後に不透明度や描画モードを変更するには

5-3 ◆塗りつぶし(206~216)

206 領域を塗りつぶすには

207 背景を塗りつぶすには

208 境界線を描いて塗りつぶせるようにするには

209 グラデーションの種類を知りたい

210 オリジナルのグラデーションを作るには

211 透明度のあるグラデーションを作成するには

212 ストライプをすばやく描くには

213 パターンを使って塗りつぶすには

214 オリジナルのパターンを登録するには

215 オリジナルのパターンを自動的に作成するには

216 スキャンした下絵にペイントするには

5-4 ◆シェイプ(217~228)

217 ベクトルオブジェクトについて知りたい

218 レイヤー上に簡単な図形を描くには

219 動物や矢印などの図形を簡単に描くには

220 直線を描くには

221 シェイプをグラデーションやパターンで塗りつぶすには

222 同じレイヤーにシェイプを作成するには

223 シェイプを編集するには

224 シェイプにスタイルを適用するには

225 シェイプを移動するには

226 同じレイヤーにある複数のシェイプをひとつにまとめるには

227 あとからシェイプを変形させるには

228 オリジナルのカスタムシェイプを登録するには

5-5 ◆パス(229~242)

229 パスについて知りたい

230 パスで直線を描くには

231 パスで曲線を描くには

232 直線と曲線を続けて描くには

233 曲線の方向が変わるパスを描くには

234 フリーハンドでパスを描くには

235 画像のエッジに沿ってパスを描くには

236 パスの角度を変更するには

237 オープンパスの再開と2つのオープンパスを連結するには

238 アンカーポイントを追加/削除するには

239 とがった角を丸みの帯びた角にするには

240 シェイプと組み合わせて使うには

241 パスの境界線を描くには

242 作業用パスを塗りつぶすには

第6章 フィルタの極意(243~272)

6-1 ◆フィルタについて(243~245)

243 フィルタの種類について知りたい

244 フィルタギャラリーについて知りたい

245 フィルタギャラリーで複数のフィルタを適用するには

6-2 ◆ゆがみフィルタ(246~247)

246 画像をゆがませるには

247 画像の一部をゆがませるには

6-3 ◆アーティスティックフィルタ(248~249)

248 画像を簡単に絵画風にするには

249 境界線を浮き上がらせてエンボス効果を演出するには

6-4 ◆スケッチフィルタ(250~253)

250 画像に手描きタッチ効果を演出するには

251 テキストにこすったような効果を演出するには

252 テキストが浮き出るような効果を演出するには

253 色付きの線画のイメージにするには

6-5 ◆ぼかしフィルタ(254~258)

254 画像をぼかすには

255 被写体が移動しているように見せるには

256 画像をぼかしてイラストのような画像にするには

257 光の中に被写体があるイメージにするには

258 画像を簡単に油絵のイメージにするには

6-6 ◆テクスチャフィルタ(259~260)

259 画像にテクスチャを加えて奥行きや自然な外観を与えるには

260 画像を古い映像の一部のように見せるには

6-7 ◆描画フィルタ(261~265)

261 繊維のような模様を作成するには

262 雲の模様を作成するには

263 画像に雲の模様を合成するには

264 逆光の光を追加するには

265 画像の一部にスポットライトを当てるには

6-8 ◆ノイズフィルタ(266)

266 画像にノイズを増減するには

6-9 ◆ブラシストロークフィルタ(267)

267 画像にインクやスプレーで描いたような効果を演出するには

6-10 ◆表現手法フィルタ(268)

268 画像の質感を変える演出をするには

6-11 ◆変形フィルタ(269~270)

269 水やガラス越しに見える効果を演出するには

270 画像全体をゆがめるには

6-12 ◆ピクセレートフィルタ(271~272)

271 モザイク画や点描画風に仕上げるには

272 画像を手書きの絵画風にするには

第7章 テキストの極意(273~300)

7-1 ◆テキストの入力(273~288)

273 テキストの種類について知りたい

274 テキストを入力するには

275 テキストを縦書き入力するには

276 長文を入力するには

277 テキストの位置を移動するには

278 バウンディングボックスを変形するには

279 フォントやサイズを変更するには

280 テキストのカラーを変更するには

281 縦書きに英数字を回転して入力するには

282 テキストに下線と打ち消し線を追加するには

283 テキストの形を変えるには

284 欧文をすべて大文字に切り替えるには

285 テキストの体裁を整えるには

286 段落テキストの行送りを設定するには

287 段落内の行をそろえるには

288 段落の1文字目を下げるには

7-2 ◆テキストの効果(289~299)

289 テキストにスタイルを適用するには

290 入力したテキストをゆがめるには

291 パスに沿ってテキストを入力するには

292 パス上テキストのテキスト位置を調整するには

293 テキストの形に画像を切り抜くには(1)

294 テキストの形に画像を切り抜くには(2)

295 図形にテキストを入れるには

296 テキストをパスに変換してテキストの周囲にテキストを入力するには

297 テキストをシェイプに変換して画像を切り抜くには

298 テキストに影を付けたり、浮き彫りなどの効果を追加するには

299 簡単にテキストに特殊効果を追加するには

7-3 ◆テキストのラスタライズ

300 テキストをラスタライズするには

第8章 Web用素材とフレームアニメーションの極意(301~334)

8-1 ◆Web用素材(301~318)

301 Webページ用のファイルを新規作成するには

302 Webページ用のカラーを使うには

303 Webページ用の背景を作成するには

304 ロールオーバー時のペアボタンを簡単に作成するには

305 簡単にボタンを作成するには

306 スライスツールを使ってユーザ定義スライスを作成するには

307 レイヤーベースのスライスを作成するには

308 スライスの種類を変換するには

309 スライスを分割/結合するには

310 ガイドからスライスを作成するには

311 スライスにテキストを入力するには

312 スライスをクリックして他のページに移動させるには

313 Web用として保存するには

314 Web用に最適な画像ファイルとして保存するには

315 Web用として画像をJPEG形式で保存するには

316 Web用としてイラストをGIF保存するには

317 WindowsとMacintoshのカラーの違いを比較するには

318 解像度の高い画像をズーム機能付でWebページに掲載するには

8-2 ◆Webフォトギャラリー(319~320)

319 Webフォトギャラリーを作成するには

320 Webフォトギャラリーのスタイルを変更するには

8-3 ◆アニメーション(321~334)

321 画像をじわじわ浮き上がらせる

322 画像をチカチカさせる

323 画像をきらきら光らせる

324 だんだん近づいてくる画像を作るには

325 足跡が増えていく画像を作るには

326 Web用アニメーションを作成するには

327 フレームに背景を追加するには

328 フレームごとに表示時間を設定するには

329 繰り返し再生する回数を設定するには

330 自動アニメーションを作成するための画像を作成するには

331 自動アニメーションを作成するには

332 Webブラウザでアニメーションをプレビューするには

333 Webアニメーションを最適化するには

334 WebアニメーションをQuickTime形式で保存するには

第9章 ファイルの保存とプリントの極意(335~364)

9-1 ◆保存(335~350)

335 保存可能なファイル形式について知りたい

336 ファイルの複製を保存するには

337 レイヤー情報を保持したまま保存するには

338 ファイルに注釈を添付するには

339 注釈付PDF形式で保存するには

340 PDF形式で保存するには

341 パスワード付きのPDFファイルを作成するには

342 印刷や編集を許可しないPDFファイルを作成するには

343 PDFスライドショーを作成するには

344 コンタクトシートを作成するには

345 ピクチャパッケージを作成するには

346 ピクチャパッケージのレイアウトをカスタマイズするには

347 DTPソフトに対応したファイル形式で保存するには

348 クリッピングパスを使って透明部分を作成するには

349 クリッピングパスを確認するには

350 Illustratorにパスを書き出すには

9-2 ◆プリント(351~359)

351 画像をプリントするには

352 画像を拡大・縮小してプリントするには

353 画像の解像度を変更してプリントするには

354 用紙上でプリントする画像位置を移動するには

355 画像の一部だけをプリントするには

356 トンボをつけて画像をプリントするには

357 ベクトルデータをプリントするには

358 コンタクトシートをはがきサイズでプリントするには

359 ピクチャパッケージをはがきサイズでプリントするには

9-3 ◆Device Central(360~364)

360 携帯電話用の画像を作成するには

361 携帯電話画面でプレビューするには

362 着信画面用のアニメーションを作成するには

363 既存の画像から携帯電話用画像を作成するには

364 Device Central画面で調整を行うには

第10章 アクションと自動処理の極意(365~386)

10-1 ◆アクションの実行(365~374)

365 アクションを実行するには

366 アクションを取り込むには

367 アクションをワンクリックですばやく実行するには

368 「コマンド」アクションを実行するには

369 「テキスト効果」アクションを実行するには

370 「フレーム」アクションを実行するには

371 「テクスチャ」アクションを実行するには

372 「画像効果」アクションを実行するには

373 「製作」アクションを実行するには

374 アクションを途中から実行するには

10-2 ◆アクションの作成(375~382)

375 アクションを作成するには

376 回転を繰り返すアクションを作成するには

377 アクションに操作を追加するには

378 ダイアログが表示されるアクションを作成するには

379 途中で他の操作を実行させるアクションを作成するには

380 メニューコマンドが表示されるアクションを作成するには

381 パスをアクションに追加するには

382 アクションをセットとしてまとめるには

10-3 ◆自動処理(383~386)

383 フォルダ内の画像を一括処理するには

384 ファイルを保存して閉じるまでのアクションを作成するには

385 バッチ処理したファイルを別のフォルダに保存するには

386 バッチ処理後のファイル名を変更して保存するには

第11章 Adobe Bridgeの極意(387~400)

11-1 ◆画像表示(387~393)

387 Bridgeに画像を読み込むには

388 Bridgeで画像を拡大表示したり回転したりさせるには

389 表示方法を変更するには

390 スライドショーを再生するには

391 サムネールの並び順を変更するには

392 ファイルをグループ化してスタックを作成するには

393 条件を選択して画像を絞り込むには

11-2 ◆ファイル情報の変更と追加(394~398)

394 画像のラベルやレーティングを追加するには

395 ファイル名を一括変換するには

396 メタデータを表示するには

397 メタデータに情報を入力するには

398 画像にキーワードを追加するには

11-3 ◆検索、その他(399~400)

399 画像を検索するには

400 Adobe Stock Photoで画像を購入する

PR

秀和システム