ポケット解説 高齢化社会のくらしと経済

概 要

本書は、4人のエコノミストがそれぞれの立場から、少子高齢化によってもたらされる、国の税制や市場経済、家計への影響を解説した入門書です。家計への負担増の実態とそれが経済におよぼす影響を分析し、市場経済における国の役割と国の財政事情を解説。家計と直接関係のある税制(消費税など)の仕組みを紹介し、さらに社会保障制度の現状と課題を解説しています。グラフや表を使い、専門用語には注釈をつけ、初心者にもわかりやすい内容で、国の税制や社会保障制度の現状や今後の展望を見ながら、将来の高齢化社会に向けた家計の負担増と税制のあり方について、さまざまな角度から学べます。

著者 永濱利廣、中東雅樹、八塩裕之、橋本択摩
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1753-2
発売日 2007/08/23
判型 四六
色数 1色
ページ数 204
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット解説
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 「負担増」時代の家計事情

1-1 家計に迫る負担増

1-2 社会保障負担増が現役世代に及ぼす影響

1-3 定率減税廃止の影響

1-4 税源移譲が家計に及ぼす影響

1-5 二〇〇七年以降の総合的な家計への影響

1-6 消費税率の引き上げ

1-7 家計負担の将来像

第2章 市場経済と日本の財政

2-1 市場経済の中の政府部門

2-2 政府部門の財政構造

2-3 財政投融資制度

2-4 中央政府と地方政府

2-5 政府部門の債務

第3章 家計の税負担に関する議論之

3-1 減少する国税収入

3-2 わが国税制の概要

3-3 所得税・個人住民税の仕組み

3-4 所得税・個人住民税のあり方に関する論点

3-5 歳出・歳入一体改革で注目を浴びる消費税

3-6 金融所得課税の改革

3-7 相続税について

第4章 求められる社会保障制度改革

4-1 人口減少時代に求められる社会保障制度改革

4-2 公的年金制度改革の行方

4-3 医療・介護制度改革の方向性

4-4 少子化対策に必要な視点

PR

秀和システム