ビジネスマン教科書 これで光触媒のすべてがわかる!

概 要

本書は、将来的に1兆円市場を生み出すと期待されている日本発の先端技術「光触媒」の基本と、関連ビジネスについてわかりやすく解説した入門書です。光が当ることによってさまざまな化学反応を引き起こす光触媒は、防汚、セルフクリーニング、抗菌、殺菌、防曇などの効果を発揮するため、環境保全、浄化を担うキーテクノロジーとしてますます注目されるようになっています。本書は、光触媒を広く世に知らしめてきた三菱総合研究所先端科学研究所(現、先端科学センター)の創設時のメンバーの一人で、現在、先端科学センターのセンター長をつとめる著者が、光触媒の今と未来を豊富な図解とともにやさしく解説しています。

著者 亀井信一
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-1777-8
発売日 2007/09/15
判型 A5
色数 2色
ページ数 176
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 光触媒とは?

1-1光触媒の原理とその仕組み

触媒って何だろう?

触媒の効果

「光触媒」とは?

光触媒の働く仕組み

光触媒は現代の「賢者の石」

1-2光触媒は光半導体

光触媒は光半導体の特性を使っている

酸化チタンの光吸収

1-3光触媒の2つの働き

酸化分解反応

超親水性反応

1-4光触媒の種類

酸化チタン

酸化チタン以外の光触媒

酸化チタンが光触媒の代名詞な理由

1-5光触媒の歴史

意外に古い光触媒

本多‐藤嶋効果

より実用的な材料を目指して

光触媒と日本の技術

1-6光触媒の応用分野

分解特性に基づく応用

機能を組み合わせた応用

究極のエコ空間の創出を目指して

本物の光触媒

第2章 光触媒の市場動向

2-1消費者は光触媒をどう見ているか?

光触媒はどのくらい認知されているか?

消費者の半数は光触媒の機能を知っている

光触媒製品の何に関心があるか?

実際に使ったことのある人は少ない

消費者は、光触媒の性能をしっかり示してほしいと思っている

2-2光触媒ビジネスを考える際に留意したいこと

光触媒ビジネスは「ナノテクヒジネス」

強力な競争力を持つナノテク

ナノテクノロジー分野の日米比較

「同じ釜の飯を食う」がキーワード

2-3光触媒ビジネスのポイント

ナノテクビジネスから見たポイント

ビジネスとして捉えたナノテク(光触媒)

よりシステマイズした製品にいかにつなげるのかが「鍵」

コラム「和を以て貴しと為す」

2-4光触媒の市場予測の変遷

初めての光触媒の市場予測

市場予測の方法

光触媒の応用分野ごとの市場予測

その後の市場予測

光触媒と居住空間関連ビジネス

2-5市場から見た光触媒

初期の光触媒関連アイテムと課題

光触媒ビジネスのポイント

2-6光触媒の技術的な方向性

光触媒の研究開発のポイント

可視光応答型の触媒

効率向上のためのシステム設計

2-7光触媒の普及を目指した取り組み

光触媒の認知度の向上と信頼性の確保

業界団体の設立

2-8国際的な動向

光触媒の国際市場

国民性と光触媒

2-9光触媒の標準化戦略(1)

数年前までの状況はバラバラ

消費者はもっと迷うでしょう

2-10光触媒の標準化戦略(2)

まずは、空気浄化性能の試験方法を規格として制定

空気浄化性能の試験方法

コラム三菱総研と酸化チタン

第3章 超親水性の利用

3-1防汚・セルフクリーニング効果の利用

光触媒実用化の「壁」

光触媒ルネッサンスの鍵「セルフクリーニング」

様々な応用製品

効果をいかにアピールするかが鍵

3-2防汚・セルフクリーニング効果の技術開発

超親水性のメカニズム

超親水性は光分解反応とは異なるメカニズム

3-3セルフクリーニング実装上の工夫

光触媒実装上の課題

光触媒で分解されにくいバリア層を入れる

無機コーティング材料の改良

光触媒コーティングガラスは透明性の確保が重要

光触媒スプレーは分子レベルの工夫

テントや各種フィルムへの応用

3-4最近の研究事例から

傾斜機能材料の開発

フラーレンを用いた劣化の防止

3-5防曇効果の研究開発

「超親水性」による「防曇効果」

もっとも必要とする「夜」にいかに光触媒機能を発現させるか

その他の防曇機能応用製品

医療機器への応用

3-6環境触媒としての光触媒

環境触媒とは

さらに、環境をより住みやすいものに

3-7光触媒の可視光利用

水の完全分解

可視光利用に向けて

コラム牧野昇(三菱総合研究所を創った人)

第4章 光酸化力の利用(抗菌・殺菌)

4-1抗菌・殺菌効果の利用

アメニティ(快適性)に対するニーズは急上昇

きわめて強い化学反応力を持つ物性を生成する「光触媒」

病院から家庭へ、そして社会へ広がる応用製品

インナーやインソールは天日干しが前提

ユニークな応用製品

効果をいかにアピールするかが鍵

4-2抗菌・殺菌効果の技術開発

どのようにインナーなどに織り込むか

医療現場への応用

いかに大量に処理するか

信頼性の確保はきわめて重要な要件

がん細胞を殺す

光触媒の農業への応用

コラム宇宙と酸化チタン その1

4-3鮮度保持効果の利用

光触媒の意外な応用は身近にあり

光触媒包装袋と鮮度維持装置

4-4安全性の検証

安全性試験とはどのようなものか

4-5光触媒の性能保証

抗菌・防かびの評価方法

コラム宇宙と酸化チタン その2

第5章 光酸化力の利用(空気浄化・水質浄化)

5-1空気浄化への応用

より快適な環境を求めて

光触媒を利用した空気清浄器、エアコン

5-2室内空気浄化の技術開発

高機能フィルターの開発

紙またはシートとして用いる

マイクロカプセル化

シート化

セラミックスフィルターの開発

いかに差別化を図るかが課題

5-3屋外空気浄化の技術開発

窒素酸化物を分解する

光触媒は、高速で大量の処理を行うには向いていない

自動車からの排気ガスを浄化する仕組み

光触媒コンクリートの開発

5-4空気浄化の評価方法

JIS制定の評価方法

5-5水の浄化への利用

大化けするか「水浄化」

なぜ、光触媒による水処理は難しかったのか

繊維フィルターの耐久性の向上

システム設計も重要

5-6水質浄化の評価方法

標準化を目指して

コラム先端技術普及の落とし穴

5-7有害物質の浄化

安全・安心を目指した取り組み

光触媒シートによる土壌浄化

第6章 海外における光触媒ビジネスの動向

6-1アジアにおける光触媒ビジネス

間違いなくアジアは光触媒の中心である

中国の光触媒に、中国流の産学連携スタイルを見る

有名建造物に採用で光触媒の認知度向上

身近な環境浄化は香港の切実な願い

なんとなく日本的な台湾の取り組み

新興企業の参入が相次ぐ韓国

6-2欧州における光触媒ビジネス

欧州では「環境」が重要課題

各国に広がる光触媒

積極的なドイツ

産官学の共同プロジェクト

湿式太陽電池の取り組み

6-3米国における光触媒ビジネス

アメリカの光触媒市場はこれから

光触媒研究は米国エネルギー省が熱心

コラム中国の科学技術をどうみるか

第7章 光触媒のこれから

7-1ナノテクから見た光触媒ビジネス成功の決め手

ナノテクから見た光触媒ビジネス

ナノテクビジネスのスピード感

いかにしてスピードアップさせるか

技術を融合させる

実は、マネージメントが大事

いかにマーケットを拡げるか

いかに「見える化」を実現するか

7-2急がれる国際標準化

光触媒の信頼性をいかに担保するか

国内の標準化の動向

グローバル化への対応

7-3「安全性」の問題に対する取り組み

ナノテクの新たな課題

酸化チタン光触媒は大丈夫か?

そもそも酸化チタンは食品添加物として認可されている

酸化チタンの生体影響研究事例

実験による評価

7-4光触媒の未来像

真に環境技術として貢献できる光触媒

今後の光触媒の展開

システムとして効率をいかに向上させるかが鍵

光触媒こそ日本の切り札

PR

秀和システム