図解入門ビジネス 最新薬局業務の基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

本書は、保険調剤から患者対応まで薬局の仕事を徹底解説した入門書です。医薬品を販売できるのはどんな店か、薬事法とはどんな法律なのか、薬局で取り扱っているのはどんな商品かといった概要から、調剤業務の流れ(処方せんの受付→薬歴確認→処方せんのチェック→レセプトコンピュータへの入力→散剤・錠剤・カプセル剤・内服薬の調剤→鑑査業務→服薬指導、疑義の問い合わせ)、市販薬の販売、カウンセリング、在宅医療業務などの薬局の業務内容をわかりやすく解説しました。また、薬剤師・MR・MSといった薬局における様々な職種も紹介。患者の立場から、薬局の上手な活用方法も取り上げました。

著者 尾崎秀子、玉井典子、水野恵司、柳川忠二
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-1820-1
発売日 2007/11/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 200
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 医薬品を販売するお店の種類

1-1 薬局の種類

1-2 一般販売業

1-3 薬種商販売業と特例販売業

1-4 配置販売業

第2章 薬局と薬事法

2-1 薬事法はどのような法律なのか

2-2 薬局と薬事法の関係

2-3 改正薬事法での規制緩和

第3章 薬局と医療保険・介護保険のかかわり

3-1 医療保障制度の仕組み

3-2 保険薬局と保険薬剤師

3-3 介護保険制度の仕組み

3-4 介護保険の利用方法

第4章 薬局で取り扱っている商品

4-1 薬局で扱うさまざまな商品

4-2 医薬品の種類と特徴

4-3 医薬部外品と化粧品の特徴

4-4 医療機器の特徴

4-5 毒物・劇物の特徴

4-6 保健機能食品の種類と特徴

4-7 ジェネリック医薬品の特徴

4-8 ジェネリック医薬品の問題点と今後

コラム ジェネリック医薬品の価格のいろいろ

第5章 薬局の調剤業務

5-1 薬局の受付

5-2 処方せんのチェック

5-3 レセプトコンピュータへの入力

コラム 調剤報酬請求業務

5-4 薬袋の作成

5-5 散剤の調剤

5-6 錠剤・カプセル剤の調剤

5-7 内服薬の調剤

5-8 外用軟膏剤と外用薬

コラム 調剤録の整備

5-9 鑑査業務

5-10 服薬指導

5-11 疑義の問い合わせ

5-12 薬歴

5-13 薬局で使う機器類と備品

第6章 薬局とかかわりのある人たち

6-1 薬局と医師とのかかわり

6-2 製薬会社のMR

6-3 医薬品卸のMS

第7章 薬局でのいろいろな業務

7-1 薬局での市販薬の販売

7-2 薬局での薬剤師のコミュニケーション

7-3 患者さんのカウンセリング

7-4 薬局と在宅医療

7-5 薬剤師の在宅医療業務

第8章 薬局の経営と運営

8-1 薬局を開設するための申請

8-2 薬局のリスクマネジメント

8-3 薬局の在庫管理

8-4 薬局業界のM&Aとチェーン化

第9章 薬局の上手な活用法

9-1 かかりつけ薬局をつくろう!

9-2 薬剤師を活用しよう!

9-3 医薬分業と薬局・薬剤師についてのあれこれ!

コラム 医薬分業の目的

第10章 薬はどうやって創られる?

10-1 人類に多大な恩恵を与えてくれた有名な薬

コラム 古くて新しい薬 モルヒネ

10-2 化学合成で創られた薬

10-3 医学・薬理学の発達によりもたらされた薬

コラム ペニシリンが優れている理由

10-4 最近の医薬品開発

10-5 人に投与するまでの基礎研究

コラム 画期的新薬 メバロチンのスクリーニング模様

10-6 人での臨床試験(治験)

10-7 承認申請から発売まで

10-8 治験ビジネス

コラム 薬の魔力

第11章 薬と上手に付き合う方法

11-1 薬のいろいろな飲み方・使い方

11-2 薬の作用はなぜ変化する?

11-3 副作用から身を守る方法

11-4 副作用被害の救済制度

コラム 昔と違う糖尿病患者の低血糖救済方法

PR

秀和システム