やさしいPIC(R)マイコン プログラミング入門

概 要

本書は、PICマイコンによる電子工作で音や光を制御して、楽しく遊びながらアセンブリ言語によるプログラミングを学べる入門書です。安価で手軽に始められる8ピンのPICでの、ハンダ付け不要のブレッドボードによる回路の組み立てを紹介していますので、電子工作の入門者でも簡単に取り組むことができます。「踏み切り信号機」「ブザー」「LED」「サーボモータ」など、光、音、動きの制御の基本がやさしく学べます。サンプルソースのダウンロードサービス付き。

著者 高橋隆雄
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1833-1
発売日 2008/1/24
判型 B5変
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 PICマイコンで電子工作

1-1 PICマイコンとは

マイコンとは

PICマイコン

PICマイコンの種類

1-2 プログラミングの環境

開発環境を用意する

PICkit2

MPLAB IDE

PICkit2ファームウェアの更新

MPLAB IDEの使い方

準備

プロジェクトウィザードの使用

ソースファイルの追加

ソースの記述とアセンブル

プログラムの書き込み

1-3 本書で使用する部品などについて

プログラムを作成したら

ブレッドボード

PIC書き込み器

PICkit2とPICの接続

PICへの書き込み

1-4 まずは基礎固めから

基数

PICアセンブラにおける表記

10進数表記

2進数表記

16進数表記

演算

論理積

論理和

排他的論理和

インクリメント、デクリメント

ローテート

掛け算

割り算

第2章 PICアセンブラ入門

2-1 アセンブラとは?

機械語(マシン語)への変換作業の流れ

定番の処理方法を覚える

何も全部覚える必要はない

アセンブラを理解することはCPUを理解すること

開発手順の基本

回路を考える

必要なI/O点数を考える

PICを選定する

クロックを考える

プログラムを考える

組み立ててプログラミングしてみる

実装設計

2-2 PICの構造とアセンブラ

アセンブラを理解しよう

PIC10F200

PIC10F200の内部構造

Wレジスタ

汎用レジスタと特殊レジスタ

コンフィギュレーション・ビット

クロック

デフォルト値

2-3 はじめての設計とサンプル・プログラム

手始めに

今回の目的

回路を設計する

プログラムの設計と記述

実際の処理部分を記述する

処理時間の概念

時間遅延を作る

変数の定義

まとめる

おや?

2-4 PICの「ちがい」を知る

PICには種類がある

PIC12F629

PIC12F629の内部構造

汎用レジスタと特殊レジスタ

回路を設計する

MPLAB IDE v8.0での注意事項

プログラム

第3章 PIC命令セットを理解しよう

3-1 プログラミングの基礎

処理は上から下が基本

オペコード/オペランド

ラベル

データの移動はコピーと同じ

アドレスはORGで明示的に定義する

EQU文

GOTOやCALLはアドレスを変えること

スタック

翻訳されない命令

最後はENDで終了する

各命令の読み方

大文字・小文字のちがい

フラグ

省略値

いくつかの基本テクニック

データの移動はWレジスタを通す

分岐処理を行う

ゼロかどうか判断する

値が同じかどうか調べる

ローテート時の注意

任意の回数処理を繰り返す

値を直接指定しない

3-2 命令を覚えよう

命令一覧表

サイクル数

PIC10F200とPIC12F629のちがい

プログラムの移植性

3-3 PIC各命令解説

A B C D G I M

N O R S T X

第4章 実際に工作をしてみよう

4-1 踏み切りを作ってみよう~鉄道模型への応用~

信号機を点滅させる

踏み切り信号機の動作

回路図

プログラム

プログラム解説

1について

2について

3について

応用時の注意点

4-2 ブザーを作ってみよう

プログラムと音の関係を知ろう

音とは?

回路図

プログラム

周波数を細かく調整するには?

PICのクロック周波数を調整してしまう

少し面白いものにしてみる

4-3 『波形』を作ってみる

回路説明

プログラム

踏み切り音への応用

4-4 LEDの明るさを制御しよう

どうすれば明るさを制御できるか

回路図

プログラム

プログラム解説

点灯パターンの変更

より明るいLEDを使うには

4-5 ラジコン用サーボモータを制御しよう

サーボモータとは

サーボモータの接続

実験用回路図

サーボモータの動作

制御の考えかた

左端に移動してみる

分解能

位置制御を行ってみる

高速に動かすには?

サーボモータの可動範囲を大きくするには?

2軸制御を行う

4-6 PICをより面白く使う方法

回路とプログラムの組み合わせ

回路図

プログラム

コラム目次

PICkit2の中身もPIC?

パッケージのちがい

メロディは作れる?

BANKSEL擬似命令

LEDにも流行がある

PR

秀和システム