図解入門ビジネス 最新 産廃処理の基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

本書は、産業廃棄物の処理委託のために必要な知識をわかりやすく図解で解説した入門書です。産棄物処理法により産業廃棄物を排出する企業は、産棄物の処理確認を最後まで行なうことが義務付けられるなど、環境問題やCSR(企業の社会的責任)に社会的な関心が高まっています。そこで産業廃棄物の種類から、産業廃棄物処理の流れ、マニフェストシステムの仕組み、業者選び、中間処理業者との委託契約の方法、産業廃棄物処理業界の現状、不法投棄の実態、廃棄物・リサイクル関連の法令まで、産廃の処理方法を図や写真、事例を使って産廃の処理方法をわかりやすく徹底的に解説しました。

著者 尾上雅典
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-1848-5
発売日 2007/12/22
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 産業廃棄物とは

1-1 産業廃棄物ってどんなもの?

1-2 産業廃棄物にはどんな種類があるか

1-3 特別管理産業廃棄物とは

1-4 どのくらいの産業廃棄物が排出されているか

1-5 どのくらいの産業廃棄物が再生利用されているか

コラム 信頼できる処理業者を教えて欲しい

第2章 産業廃棄物処理の流れをみてみよう

2-1 産業廃棄物処理の流れ

2-2 収集運搬

2-3 収集運搬に使われる車両

2-4 収集運搬に使われる容器

2-5 破砕施設

2-6 汚泥の脱水施設

2-7 焼却炉

2-8 選別機

2-9 油水分離施設

2-10 固化施設

2-11 溶融施設

2-12 最終処分施設

2-13 安定型最終処分場

2-14 遮断型最終処分場

2-15 管理型最終処分場

コラム 行政が立入検査に来たら

第3章 産業廃棄物はどう処理されているか

3-1 燃え殻とばいじんの処理方法

3-2 汚泥の処理方法

3-3 廃油の処理方法

3-4 廃酸・廃アルカリの処理方法

3-5 廃プラスチック類の処理方法

3-6 紙くずの処理方法

3-7 木くずの処理方法

3-8 繊維くずの処理方法

3-9 動植物性残さの処理方法

3-10 金属くずの処理方法

3-11 ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くずの処理方法

3-12 鉱さいの処理方法

3-13 がれき類の処理方法

3-14 感染性廃棄物の処理方法

3-15 アスベストの処理方法

3-16 PCB廃棄物の処理方法

コラム 産業廃棄物処理施設で事故が起こった!

第4章 産業廃棄物を適正に処理するには

4-1 産業廃棄物の処理を委託するには

4-2 産業廃棄物の処理を委託するときのルール 委託基準

4-3 処理業者と委託契約書を結ぶ

4-4 委託契約書にはどんなことを書くのか

4-5 再委託は禁止されている

4-6 委託契約の締結後に注意すること

4-7 適正処理のためにマニフェストを使う

4-8 なぜ、マニフェスト制度が導入されたのか

4-9 マニフェストにはどんなことを記入するのか 一次マニフェストと二次マニフェスト

4-10 マニフェストの使い方1 産業廃棄物の引き渡しから収集運搬終了まで

4-11 マニフェストの使い方2 中間処理から最終処分終了まで

4-12 電子マニフェストの仕組み

4-13 紙と電子のどちらがよいか!? 紙マニフェストと電子マニフェストのメリット、デメリット

4-14 産業廃棄物処理業者がつける帳簿

4-15 産業廃棄物処理業者の帳簿の記載事項

4-16 排出事業者に帳簿が必要な場合もある

コラム 廃棄物処理法違反が発覚したら

第5章 処理業者選定のポイント

5-1 適切な処理業者を選定するためには

5-2 許可内容を確認しよう

5-3 行政処分歴の有無を確認しよう

5-4 処理フローは明確になっているか

5-5 事業場の様子をチェックしよう

5-6 情報公開の姿勢はどうか

5-7 処理業者の経営状況を分析しよう

5-8 近隣住民から評判を聞こう

5-9 産業廃棄物処理業者優良性評価制度を利用しよう

コラム リサイクル偽装に注意!

第6章 不法投棄の実態

6-1 不法投棄の現状はどうなっているか

6-2 どんな廃棄物が不法投棄されているか

6-3 不法投棄の実行者は誰か

6-4 不法投棄された廃棄物はどのように撤去されるのか

6-5 不法投棄された廃棄物はどのくらい残っているか

6-6 過去の大規模不法投棄事件をみる

6-7 どうして不法投棄が行われるのか

6-8 不法投棄を防ぐさまざまな手立て

コラム 罰則をどう考えるか

第7章 数字でみる産業廃棄物処理業界

7-1 産業廃棄物処理業の許可件数は微増

7-2 増加する許可取り消し件数

7-3 他産業に比べて高い労働災害の発生率

7-4 最終処分量の減少で残存年数は改善

7-5 処理方法は埋め立て、焼却からリサイクルへ

コラム 排出事業者に望まれていること

第8章 廃棄物処理とリサイクルの法律

8-1 環境基本法と循環型社会形成推進基本法

8-2 廃棄物処理法

8-3 バーゼル法 有害廃棄物を輸出入するときの法律

8-4 PCB特措法

8-5 資源有効利用促進法 循環型社会を形成するための法律

8-6 容器包装リサイクル法 容器包装ごみの減量化を図るための法律

8-7 家電リサイクル法

8-8 建設リサイクル法

8-9 食品リサイクル法

8-10 自動車リサイクル法 使用済自動車のリサイクル・適正処理を図るための法律

PR

秀和システム