ポケット図解 最新 介護にかかるお金がわかる本

概 要

本書は、ものすごい勢いで進む高齢化社会において、多くの人が直面する介護費用の問題について解説した入門書です。「介護にはお金がいくらかかるのか」「介護費用をどこから捻出するのか」といった疑問に応える内容で、介護保険サービスを受ける前にかかるお金、要介護度別・在宅介護のサービス内容と料金、施設介護のサービス内容と料金、介護保険を賢く使って介護費用を安くする方法、介護保険以外の仕組みを使って介護費用を安くする方法、遠距離介護でかかる費用を安くする方法、介護ローンを使った介護費用の捻出方法などをわかりやすく解説しました。介護サービスと費用が一目でわかります!

著者 介護費用研究グループ、鈴木幸雄(監)
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-1856-0
発売日 2007/12/18
判型 四六
色数 1色
ページ数 196
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 介護保険サービスを受ける前にかかるお金

1-1 介護保険制度って何?

1-2 お金から見た介護保険制度のしくみ

1-3 六五歳以上の人の保険料

1-4 四〇~六四歳の医療保険加入者の保険料

1-5 保険料の納め方

1-6 保険料を滞納した場合は

1-7 申請代行でお金がかかる場合もある

1-8 訪問調査にお金はかからない

1-9 主治医の意見書の作成料は市区町村が払う

1-10 ケアプラン作成は無料

1-11 利用限度額のあるサービスがある

コラム 区分変更の申請をする

第2章 要介護度別、在宅介護のサービス内容と料金

2-1 介護サービス利用料は一割負担

2-2 「非該当」の人の介護サービス

2-3 介護予防訪問介護

2-4 介護予防訪問入浴介護

2-5 介護予防訪問看護

2-6 介護予防訪問リハビリテーション

2-7 介護予防居宅療養管理指導

2-8 介護予防通所介護

2-9 介護予防通所リハビリテーション

2-10 介護予防認知症対応型通所介護

2-11 介護予防小規模多機能型居宅介護

2-12 介護予防短期入所生活介護

2-13 介護予防短期入所療養介護

2-14 介護予防住宅改修費

2-15 訪問介護

2-16 訪問入浴介護

2-17 訪問看護

2-18 訪問リハビリテーション

2-19 居宅療養管理指導

2-20 夜間対応型訪問介護

2-21 通所介護

2-22 通所リハビリテーション

2-23 認知症対応型通所介護

2-24 小規模多機能型居宅介護

2-25 短期入所生活介護

2-26 短期入所療養介護

2-27 居宅介護住宅改修費

2-28 福祉用具貸与

2-29 特定福祉用具販売

コラム 意外にかかる医療費、衣類寝具代

第3章 施設介護のサービス内容と料金

3-1 介護施設の種類

3-2 介護予防付き有料老人ホーム

3-3 介護予防認知症対応型共同生活介護

3-4 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

3-5 介護老人保健施設(老人保健施設)

3-6 介護療養型医療施設(療養型病床群)

3-7 地域密着型特定施設

3-8 グループホーム

3-9 介護付き有料老人ホーム

3-10 ケアハウス

3-11 軽費老人ホーム

3-12 健康型有料老人ホーム

3-13 高齢者向け優良賃貸住宅

3-14 シルバーハウジング

3-15 グループリビング(グループハウス)

3-16 養護老人ホーム

コラム 利用権方式と分譲方式

第4章 介護保険を賢く使って介護費用を安くする

4-1 サービスを組み合わせて利用料を安くする

4-2 割増料金を取られる時間帯を選ばない

4-3 介護サービスの開始を基準内から始める

4-4 入浴サービスの利用料を安くする

4-5 訪問看護サービスの提供先を選ぶ

4-6 リハビリの費用を安くする

4-7 施設の居住費や食費を安くする

4-8 高額介護サービス費の支給を受ける

4-9 単独型施設より併設型施設にする

4-10 介護保険料が減額できる場合がある

コラム 短期入所生活介護サービスの利用期間

第5章 介護保険以外で介護費用を安くする

5-1 親を被扶養者にして保険料の負担をなくす

5-2 障害者手帳の交付を受ける

5-3 世帯分離で介護保険料を安くする

5-4 介護クーポン制度を利用する

5-5 無料の宅配サービスを利用する

コラム 医療保険で介護サービスを受けられる?

第6章 遠距離介護でかかる費用を安くする

6-1 航空運賃を安くする

6-2 通信費を節約する

6-3 見守りサービスを利用する

6-4 緊急通報システムを利用する

コラム 公共料金は口座振替にする

第7章 介護費用をどうやってつくるか

7-1 介護ローンで介護費用をつくる

7-2 民間の介護保険で公的の介護保険を補う

7-3 新シルバー保険で介護保険金を受け取る

7-4 生活福祉資金貸付制度で介護費用を捻出する

7-5 リバースモーゲージで介護資金を返却する

7-6 長期生活支援資金貸付制度で介護費用をつくる

7-7 介護休業法で給付金を受け取る

PR

秀和システム