オープンソース徹底活用 Eclipse3.3によるJavaアプリケーション開発

概 要

本書は、Javaプログラマの標準開発環境であるEclipseの最新バージョンである3.3の解説書です。Eclipseの基本機能、JDTの活用方法、J2SE 5.0で変更されたJava新言語仕様、デバッグ、Eclipseを使ったリファクタリング、チーム開発、プロジェクトのビルド、プラグインを使ったコードの品質向上、Mylynによるタスク指向開発、WTPを使ったWebアプリケーションの開発、Ajaxアプリケーション開発手法などについて詳細に解説しています。Eclipseを使ってみたい初心者から、Eclipseの使い方はマスターしている中級者、チームリーダーやプラグインを追加してEclipseを拡張したいと考えている上級者までおすすめします。Eclipse3.3とプラグインを収録したCD-ROM付き。

著者 熊川直孝、松尾健一、水島和憲、吉田雅年
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-1903-1
発売日 2008/2/26
判型 B5変
色数 2色
ページ数 488
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ オープンソース徹底活用
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 Eclipseとは

1-1 Eclipseの生い立ち

1-2 Eclipseの主な特徴

1-3 Eclipseのアーキテクチャとプラグイン

1-4 eclipse.orgの10プロジェクト

■Eclipseプロジェクト

■Eclipseツールプロジェクト

■Eclipseテクノロジプロジェクト

■Eclipse Webツールプラットフォームプロジェクト

■Eclipseテスト&パフォーマンスツールプラットフォームプロジェクト

■ビジネスインテリジェンス&レポーティングツール(BIRT)プロジェクト

■データツールプラットフォーム(DTP)プロジェクト

■デバイスソフトウェア開発プラットフォーム(DSFP)プロジェクト

■Eclipseモデリングプロジェクト

■SOAツールプラットフォームプロジェクト(STP)

第2章 Eclipseのインストールと基本操作

2-1 Eclipseのインストール

■JDKのインストール

■Eclipseのインストール

■Eclipseを日本語化する

2-2 Eclipseのユーザインタフェース

■ワークベンチとは

2-3 パースペクティブの機能

■パースペクティブとは

■レイアウトを変更する

2-4 ワークベンチの設定

■テキストファイルのエンコーディングを変更するには

■エディタに行番号を表示する

■ファイルの関連付け

第3章 JDT を使いこなす

3-1 はじめてのJDT

■Eclipseを起動する

■Javaプロジェクトを作る

■HelloWorldクラスの作成

■HelloWorld.javaの編集

■プログラムのコンパイルと実行

3-2 ヘルプを使う

■ヘルプの使い方

3-3 Javaプロジェクトを作る

■新規プロジェクトの作成

■プロジェクトのオープンとクローズ

■プロジェクトの削除

■他開発環境のソース・ディレクトリからEclipseに移行する

3-4 Javaコードを編集する

■クラス/インタフェースを作る

■クイック・フィックス(即時補正)

■クイック・アシスト

■インデントとフォーマット

■コンテンツ/コード・アシスト

■インポート未宣言クラスのコンテンツ・アシスト

■パラメータ・ヒント

■コンテンツ・アシストの設定

■お気に入り

■拡張

■コメントアウト

■インポート宣言の編成

3-5 ナビゲート

■パッケージ・エクスプローラー

■アウトラインビュー

■型階層ビュー

■ソースを行ったり来たりする(ナビゲーション・ヒストリー)

■型(クラス、インタフェース)に直接ジャンプする

■素早くメソッドにアクセス

■メソッドや変数の宣言を参照する

■ブックマーク

■タスク・タグ

3-6 検索と置換

■検索/置換機能

■Java検索

■検索ビュー

■ファイル内での検索

3-7 コード生成とテンプレート

■コード生成の使い方

■try-catchブロックで囲む

■命名規則に従った変数名をコード生成する

■コード生成のカスタマイズ

■テンプレートの使い方

■独自テンプレートの作り方

3-8 ビルド機能

■自動ビルドの設定

■手動でビルドする

■Antを利用する

3-9 JDTの便利な機能

■ファイルの比較

■ローカルヒストリー

■Javaスクラップブック

■ストリングの外部化

■コンパイルによるストリングの外部化

■ウィンドウのナビゲーション

第4章 Java新言語仕様

4-1 Java新言語仕様とEclipse

■J2SE 5.0の新言語仕様

■プロジェクトをJ2SE 5.0に準拠させる

■J2SE 5.0対応フォーマッタ

4-2 ジェネリックス(総称型)

■ジェネリックスとは

■ウィザード

■ハイライト表示機能を設定する

■コードアシスト機能を使う

■クイックフィックスを使う

■コンパイラオプションの設定

■リファクタリング

■ジェネリック型の検索

4-3 列挙型(enum)

■列挙型(enum)とは

■識別子enumの検索

■列挙型に対する不完全なswitch文の検知

■列挙型のクイックフィックス

4-4 オートボクシング/アンボクシング

■オートボクシング/アンボクシングとは

■オートボクシング/アンボクシング変換をハイライト/警告する

■オート(アン)ボクシングを考慮した補完

4-5 アノテーション(注釈)

■アノテーション(注釈)とは

■ウィザード

■ハイライト

■アノテーションの補完

■アノテーションの実装を警告する

■@SuppressWarningsに関するサポート

■@Overrideに関するサポート

■@Deprecatedに関するサポート

4-6 静的(static)インポート

■静的インポートとは

■コードアシスト

■インポートの編成

■静的インポートの使いすぎに注意

4-7 その他のJ2SE 5.0サポート機能

■可変長引数(varargs)

■拡張for文(foreach)

第5章 JDTを使ったデバッグ

5-1 これだけ知っていればできるデバッグ

■デバッグの基本

■デバッグ・パースペクティブ

■ブレークポイントを設定する

■デバッガを起動する

■基本ステップ実行

■デバッグ中の変数の値を参照・変更する

5-2 知っていると便利なデバッグ方法

■起動時の引数(起動構成)を設定する

■起動時のコマンドライン引数を確認する方法

■設定した起動構成を他の人と共有する方法

■リモートデバッグ

■高度なブレークポイント

■高度なステップ実行

■行き過ぎてしまったステップ実行を戻る

■値を確認する(表示とインスペクション)

■「監視」とは

■デッドロックを表示する

■メソッドの呼び出し関係を調査する

■メソッドを実装しているのはどこか

第6章 Eclipseでリファクタリングを実践する

6-1 リファクタリングとは

■リファクタリングの利点

■いつリファクタリングするのか

■リファクタリングが必要なコード

■リファクタリングとメトリクス

6-2 JDTを使ってリファクタリングする

■JDTのリファクタリング

■名前変更

■移動リファクタリング

■メソッド・シグニチャーの変更

■メソッドの抽出

■ローカル変数の抽出

■定数の抽出

■インライン化

■匿名クラスをネストに変換

■メンバー・タイプをトップレベルに変換

■ローカル変数をフィールドに変換

■スーパークラスの抽出

■インタフェースの抽出

■使用可能な場合にスーパータイプを使用

■プッシュダウン

■プルアップ

■間接参照の導入

■ファクトリーの導入

■パラメーター・オブジェクトの導入

■パラメータの導入

■フィールドのカプセル化

■宣言された型の一般化

■総称型引数の推測

■JARファイルのマイグレーション

■リファクタリング・スクリプト(スクリプトの作成/適用、ヒストリー)

■クラスをSingletonにする

6-3 JUnitを使う

■自動テストの重要性

■JUnitとは

■サンプルプログラム JANコードクラス

■JUnitプラグインでテストケースを書く

■テストメソッドへのジャンプ

■テストの実行

■JUnit4

■EclipseのJUnit4サポート

第7章 Eclipseでチーム開発

7-1 CVSサーバのインストール

■CVSとは

■CVSサーバをインストールする

■ユーザの作成

7-2 CVSを使ったチーム開発

■CVSを使ったチーム開発フロー

■CVSリポジトリの場所を登録する

■EclipseのプロジェクトをCVSリポジトリのモジュールに(インポート)

■CVSリポジトリのモジュールをEclipseのプロジェクトに(チェックアウト)

■リポジトリとの同期化(チーム同期化パースペクティブ)

■テキストファイルとバイナリファイルの判定について

7-3 CVSのより便利な使い方

■過去のバージョンを取り出すには(CVSリソース・ヒストリー)

■CVSのラベル装飾

■誰が編集中かを知る

■責任の所在を調べる(注釈)

■修正を破棄してリポジトリの内容に置換する

■削除したファイルをリポジトリから復元する

■CVSディレクトリを消すには

7-4 Subversionの利用方法

■Subversionのインストール

■Subversion用プラグイン(Subversive)のインストール

■Subversiveの基本的な使い方

7-5 コーディングスタイルを統一する

■コーディングスタイルを統一する理由

■コード整形ツール(JDTコード・フォーマッター)

■フォーマッターを共有する

■クリーンアップ

■保管アクション

第8章 プロジェクトのビルド

8-1 Antプラグイン

■プロジェクトのビルド

■Antプラグインの概要

■Eclipseでビルドファイルを作成する

■Antを実行する

■Antビューを操作する

■プロジェクト・ビルダーからAntの実行

■プロジェクトのインポート・エクスポート

8-2 Mavenプラグイン

■Mavenとは

■m2eclipseのインストール

■プロキシの設定

■Mavenプロジェクトの新規作成

■ソースコードとテストケースの作成

■Mavenを実行する

■プロジェクトのWebサイトを作成する

■Webサイトのプロジェクト情報を設定する

■Webページをカスタマイズする

■リモートリポジトリに接続する

■Webサイトのデプロイ

■Subversionとの連携

■既存のEclipseプロジェクトをMavenに対応する

■Mavenで作成したプロジェクトをEclipseにインポートする

■プロジェクト・ビルダーからMavenでビルドする

■プロジェクト・ビルダーからmvnコマンドを実行する

第9章 プラグインでコードの品質向上

9-1 Checkstyleプラグイン

■Checkstyleプラグインとは

■Checkstyleプラグインのインストール

■コーディングスタイルのチェック

■コーディングスタイルのカスタマイズ

9-2 FindBugsプラグイン

■FindBugsプラグインとは

■FindBugsプラグインのインストール

■バグの検索

■フィルター・ファイルによるカスタマイズ

9-3 TPTPプラグイン

■TPTPプラグインとは

■TPTPプラグインのインストール

9-4 TPTPを使用したテスト

■TPTP JUnitテストの作成

■TPTP JUnitテストの実行

■データ・プールの使用

9-5 TPTPを使用したプロファイリング

■プロファイルデータの収集

■実行時間分析の表示

■メモリー分析の表示

■フィルターの活用

■エージェント・コントローラ

第10章 Mylynによるタスク指向開発

10-1 Mylynの概要

■タスク指向開発とは

■Mylynのインストール

10-2 Mylynの基本操作

■Mylynのビュー

■タスクリストビュー

■ローカル・タスクエディタ

■パッケージ・エクスプローラでタスクにフォーカス

■Javaエディタでタスクにフォーカス

10-3 バグトラッキングシステムを使ってタスクを共有する

■Tracコネクターの追加

■Tracのチケットエディタ

■Subversiveプラグインとの連携

第11章 WTPを使ったWebアプリケーションの開発

11-1 Webアプリケーションとは

■開発のネック

11-2 WTPおよび開発環境の準備

■WTPの入手とインストール

■JBossの入手とインストール

■Apache Derbyの入手とインストール

11-3 WTPの概要とプロジェクト

■WTPの概要

■WTPのプロジェクト

11-4 Webアプリケーションの作成

■動的Webプロジェクトの作成

■サーブレットの作成

■JSPの作成

■HTMLの作成

■アプリケーションサーバへのデプロイと動作確認

■Webアプリケーションのデバッグ

■アプリケーションのエクスポート

11-5 JPAを使用してデータベースアクセスを行うWebアプリケーションの作成

■JBossにデータソース定義を追加

■接続プロファイルの作成

■テーブルの作成

■プロジェクトにJPAファセットを追加

■JPAエンティティクラスの作成

■persistence.xmlの作成

■サーブレットでエンティティクラスを使用

付録 プラグインの構成管理

 1 プラグインのインストール

 2 プラグインの管理

 3 Checkstyleプラグイン

PR

秀和システム