ポケット図解 ジェフリー・ムーアの「キャズム理論」がわかる本

概 要

アメリカのハイテク業界で広く支持されるマーケティング理論「キャズム理論」についての入門書です。米国のマーケティング・コンサルタントであるジェフリー・ムーアは、その著書「キャズム」で、初期市場で成功した製品がなぜ主流市場で失敗するのか、主流市場で成功するための戦略とはどのようなものなのかを解き明かしました。そして近著「ライフサイクルイノベーション」では、キャズム理論をさらに拡大したムーア理論を確立しています。本書ではキャズム、ムーア理論の概要をわかりやすく解説するとともに、その中核をやさしい解説とわかりやすい図解でコンパクトにまとめました。ハイテクマーケティング成功の法則がわかります!

著者 中野明
価格 本体600円(税別)
ISBN 978-4-7980-1942-0
発売日 2008/4/22
判型 四六
色数 2色
ページ数 112
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 キャズム理論のエッセンス

1-1 ジェフリー・ムーアとキャズム

1-2 キャズムとは何か

1-3 クロッシング・ザ・キャズム

1-4 キャズム理論からムーア理論へ

1-5 イノベーションとキャズム理論

1-6 キャズム理論を円滑かつ深く理解する

コラム ドラッカーのイノベーション論

第2章 ムーア理論の全貌

2-1 カテゴリー成熟化ライフサイクル

2-2 カテゴリー成熟化ライフサイクルのベース理論

2-3 製品ライフサイクルを理解する

2-4 ロジャーズのイノベーション普及理論

2-5 イノベーション採用者カテゴリー

2-6 両理論を重ね合わせる理由

2-7 カテゴリー成熟化ライフサイクルのマーケティング

2-8 イノベーション採用者カテゴリーとキャズム

2-9 テクノロジー導入ライフサイクル

2-10 テクノロジー導入ライフサイクル以降の対応

コラム ブルー・オーシャン戦略

第3章 キャズムのメカニズム

3-1 テクノロジー導入ライフサイクルの各特徴

3-2 ビジョナリーとしての初期採用者

3-3 主流市場の壁、初期多数派

3-4 後期多数派とラガートの特徴

3-5 初期市場と主流市場の狭間で

3-6 キャズムに陥る理由

3-7 PDAの大誤算

3-8 セカンドライフはキャズムを越えるか

コラム キャズムに対するロジャーズの見方

第4章 クロッシング・ザ・キャズム戦略

4-1 キャズムを越える3つの至上命題

4-2 キャズムを飛び越えるための基本戦略

4-3 ニッチ市場に着目する理由

4-4 ニッチ市場とターゲット・カスタマー

4-5 ターゲット・カスタマー・シナリオの作成

4-6 シナリオを評価する

4-7 ニッチ市場としてのローエンド

4-8 ホールプロダクトとは何か

4-9 ホールプロダクトの構造

4-10 ホールプロダクトとバリューチェーン

4-11 ポジショニングと競争相手

4-12 ポジショニングの明文化

4-13 ナンバー1の法則と梯子の法則

4-14 販売チャネルの検討

4-15 販売チャネル志向型の価格設定

コラム マーケティングの基本手法とムーア理論

第5章 キャズムを越えた後に

5-1 ニッチ市場の向こうへ

5-2 ボーリングピン戦略の実践

5-3 アプリケーション・イノベーションの実践

5-4 トルネードからメインストリートへ

5-5 製品イノベーションの推進

5-6 プラットフォーム・イノベーションの推進

5-7 成熟市場から衰退市場へ

5-8 時代を超えて永続する企業

PR

秀和システム