Oracle逆引き大全 606の極意 DB管理編

概 要

Oracle(オラクル)DB管理機能に特化した、やりたいことがすぐ引ける逆引き大全です。Oracleデータベースの最新バージョン11gはもちろん、10gR1/R2、9iR1/R2、8i対応となっています。11gでは、DBA機能の多くがブラウザベースのGUI管理ツール「Enterprise Manager」から操作できるようになりましたが、DBAによる手動操作の知識は変わらず必要です。そこで本書では、データベース管理に必要な知識を、基礎的なTipsから応用Tipsまでを幅広く網羅しました。また、11gより前のバージョンのをお使いの方にも役立つよう、SQL文を中心とした解説を行なっていますので、旧バージョン使用者、11gに乗り換えた方にも、初級者から上級者までその場で役立つ、便利な一冊です。Oracleプログラミングには姉妹書の「Oracle逆引き大全 635の極意 プログラミング編」がおすすめです。

著者 株式会社ブリリアント・スタッフ
価格 本体2700円(税別)
ISBN 978-4-7980-1969-7
発売日 2008/5/16
判型 A5
色数 2色
ページ数 488
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 逆引き大全
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 DB構築編

<Oracle DBの基礎概念>

001 Oracleの基本構成

002 Oracleのインスタンスの構成

003 Oracleのデータベースの構成

004 Oracleのプロセス構成

005 Oracleのメモリ構成

006 Oracleのデータファイルの構造

007 SIDとデータベース名の違い

008 Oracleで必要な環境変数

009 ディクショナリとは

010 動的パフォーマンス・ビューとは

011 初期化パラメータとは

<DB構築・起動・停止>

012 DBを作成する前に最低限決めないといけないこと

013 基本的なDBの作成方法

014 SQLスクリプトでDBを構築(Windows編)

015 SQLスクリプトでDBを構築(UNIX/Linux編)

016 複数のDBを構築する際の注意点

017 OMFを利用したDBの構築

018 DB名を変更する

019 デフォルト一時表領域を設定する

020 インスタンス(DB)を起動する

021 DBを読み取り専用でオープンする

022 特定ユーザーのみアクセスできる形でDBをオープンする

023 インスタンスを停止する

024 SHUTDOWN ABORTに問題はあるか

025 DBを一時停止/再開する

026 DBを静止する

027 マシン起動時にDBを自動起動する(Windows編)

028 マシン起動時にDBを自動起動する(UNIX/Linux編)

029 マシン停止時にDBを自動停止する(Windows編)

030 マシン停止時にDBを自動停止する(UNIX/Linux編)

031 DBを削除する(Oracle9i Windows編)

032 DBを削除する(Oracle9i UNIX/Linux編)

033 DBを削除する(Oracle10g以降)

<初期化パラメータ・ファイルの管理>

034 初期化パラメータ・ファイルの種類

035 pfileの内容をspfileに反映させる

036 spfileの内容をpfileに反映させる

037 pfileの編集

038 spfileの編集

039 デフォルト名称でないpfileを利用する

040 デフォルト名称でないspfileを利用する

041 現セッションのみパラメータを変更する

042 動的パフォーマンス・ビューによる初期化パラメータの設定確認

043 SQL*Plusによる初期化パラメータの設定確認

<制御ファイルの管理>

044 制御ファイルに格納される情報

045 CREATE DATABASE文で制御ファイルを作成する

046 CREATE CONTROLEFILE文で制御ファイルを作成する

047 制御ファイルを追加、ファイル名変更する

048 制御ファイルが壊れるとどうなるか

049 OMFを使った制御ファイルの作成

050 制御ファイルに関するディクショナリ

<REDOログ・ファイルの管理>

051 REDOログ・ファイルを作成する

052 REDOログ・グループを追加する

053 REDOログ・メンバーを追加する

054 REDOログ・グループを削除する

055 REDOログ・メンバーを削除する

056 REDOログ・ファイルの大きさや名前を変更する

057 現行のREDOログ・ファイルを切り替える

058 OMFを使ったREDOログ・ファイルの作成

059 REDOログ・ファイルが壊れるとどうなるか

060 REDOログ・ファイルに関するディクショナリ

<キャラクタ・セット>

061 データベース・キャラクタ・セットとNLS_LANGの違い

062 日本語をサポートするキャラクタ・セット

063 キャラクタ・セットを決める観点

064 データベース・キャラクタ・セットを変更する

065 ナショナル・キャラクタ・セットとは

066 NLS_LANGの構成

067 LANGUAGEの設定で決まること

068 TERRITORYの設定で決まること

069 キャラクタ・セットに関するディクショナリ

<その他>

070 リソース制限をする

071 オブジェクトの命名規則

072 日本語オブジェクト名の利用の是非

073 オブジェクトのCREATE文を取り出す

074 バージョンの確認

075 ORA-XXXXXエラーを調べる

076 データベースの各種上限

077 Oracleが出力するログ・ファイル

078 データファイルの破損を検出する

079 共有プールをクリアする

080 バッファ・キャッシュをクリアする

081 ORA-00439の対処

082 ORA-00600の対処

083 ファイルのデフォルトの位置

084 ORA-007445の対処

第2章 表領域管理編

<表領域の基本管理>

085 表領域とは

086 通常構成で作成すべき表領域

087 表領域のエクステント管理と使い分け

088 ローカル管理表領域のエクステント確保と使い分け

089 表領域の空き領域管理方法と使い分け

090 ASSMの表領域を作成する場合の制限

091 ディクショナリ管理表領域の基本的な作成

092 ローカル管理表領域の基本的な作成

093 ローカル管理とディクショナリ管理でのパラメータ比較

094 BIGFILE表領域とは

095 OMFを使った表領域の作成

096 DEFAULT STORAGE句とは

097 表領域を自動拡張する

098 表領域を手動拡張する(1)

099 表領域を手動拡張する(2)

100 表領域を縮小する

101 表領域を読み取り専用にする

102 表領域を削除する

103 表領域を削除する際にデータファイルも消す

104 表領域のデータファイルを移動する(1)

105 表領域のデータファイルを移動する(2)

106 表領域を別のDBに移動する

107 空きエクステントを結合する(手動)

108 空きエクステントを結合する(自動)

109 ディクショナリ管理表領域をローカル管理に変更

110 ローカル管理表領域をディクショナリ管理に変更

111 表領域を再編成する

112 表領域に関するディクショナリ

<SYSTEM表領域/SYSAUX表領域>

113 システム表領域とは

114 SYSAUX表領域とは

115 システム表領域にオブジェクトを作ってはいけない理由は

116 システム表領域をローカル管理にする

<UNDO表領域>

117 UNDO表領域とは

118 UNDO表領域の管理タイプ

119 ロールバック・セグメントを作成する

120 ロールバック・セグメントを変更する

121 ロールバック・セグメントを縮小する

122 ロールバック・セグメントを削除する

123 ロールバック・セグメントの数に関する指針

124 ORA-01555の対処方法

125 UNDO情報の保存期間を設定する

126 手動UNDO管理に関するディクショナリ

127 自動UNDO管理に関するディクショナリ

128 システムロールバック・セグメントとは

<一時表領域>

129 一時表領域とは

130 一時セグメントを利用する処理

131 一時表領域のタイプ

132 デフォルト一時表領域

133 一時表領域に関するディクショナリ

第3章 ユーザー・セキュリティ管理編

<ユーザー>

134 ユーザーの作成

135 ユーザーの変更

136 ユーザーの削除

137 ユーザー名の変更

138 パスワードの変更

139 パスワードに有効期限を付ける

140 パスワードに規則を付ける

141 アカウントをロックする

142 ユーザーの使用領域を制限する

143 SYSユーザーとは

144 SYSTEMユーザーとは

145 SYS/SYSTEMのパスワード(11g)

146 DB作成時に作られるユーザー

147 「/」ユーザーとは

148 ログインにパスワード以外の条件を付加する方法

149 外部パスワード・ストアを利用したログイン

150 ユーザーに関するディクショナリ

151 スキーマとは

152 スキーマを一時的に変更する

<権限・ロール>

153 権限とは

154 Oracleで用意されているシステム権限

155 Oracleで用意されているオブジェクト権限

156 権限を付与する

157 権限を剥奪する

158 列ごとの権限

159 ロールとは

160 Oracleが用意しているロール

161 ロールを作成する

162 ロールを削除する

163 ロールに権限を追加する

164 ロールから権限を削除する

165 ロールを付与する

166 ロールを剥奪する

167 ロールを使用禁止/使用可能にする

168 付与したシステム権限、ロールを再付与できるようにする

169 付与したオブジェクト権限を再付与できるようにする

170 再付与権つきで付与された権限は上位で取り消されるとどうなるか

171 ロールの付与と取り消しはいつ有効となるか

172 ロールを認証つきにする

173 デフォルトのロールを設定する

174 ロールを付与しているのにエラーになる場合の対処

175 条件により付与する権限を変える方法

176 SYSDBA権限でできること

177 SYSOPER権限でできること

178 ディクショナリにアクセスする権限

179 権限に関するディクショナリ

180 ロールに関するディクショナリ

<監査>

181 AUDIT文による監査

182 ファイングレイン監査による監査(FGA)

183 トリガーによる監査

184 ログ・マイナーによる監査

185 必ず記録される監査

186 DBA監査

<その他セキュリティ>

187 SYS以外のユーザーでディクショナリにアクセスする

188 Publicからの不要な権限の取り消し

189 SQL*Plusではコマンドラインでログインしないこと

190 SQL*Plusで特定の操作をできなくする

191 Oracle Net Servicesの通信の暗号化

192 「connect / as sysdba」でもログインできない場合の対処

193 Oracleが作成するユーザーを削除する

194 格納データの暗号化(Oracle9i~)

195 格納データの符号化(Oracle9i~)

196 格納データの暗号化・符号化(Oracle10g)

197 格納データの自動暗号化

第4章 テーブル管理編

<データ型>

198 固定長の文字列を格納するデータ型

199 可変長の文字列を格納するデータ型

200 数値を格納するデータ型

201 浮動小数を格納するデータ型

202 日付を格納するデータ型

203 タイム・ゾーンを意識した日付データ型

204 期間を格納するデータ型

205 ROWIDを格納するデータ型

206 小さなバイナリ・データを格納するデータ型

207 大きなバイナリ・データを格納するデータ型

208 大きなテキストデータを格納するデータ型

209 VBのVariant型に相当するデータ型

210 画像ファイルの格納に特化したデータ型

211 音声ファイルの格納に特化したデータ型

212 映像ファイルの格納に特化したデータ型

213 マルチメディアファイルの格納に特化したデータ型

214 XMLを格納するデータ型

215 URIを格納するデータ型

216 配列のデータ型

217 テーブル内テーブルのデータ型

218 仮想列とは

219 ユーザー定義データ型を作成する

220 各データ型の実格納サイズを知る

221 データ型の変換を行う関数

222 列に関するディクショナリ

<テーブル>

223 テーブルの基本的な作成

224 STORAGE句の指定内容

225 テーブルのサイズを見積もる

226 読み取り専用テーブルを作成する

227 エクステントを異なるデータファイルに配置する

228 テーブルの表領域を移動する

229 テーブル名を変更する

230 列名を変更する

231 列の桁数を変更する

232 列の属性を変更する

233 列を追加する

234 列を削除する

235 列を未使用にする

236 未使用列の削除

237 テーブルを削除する

238 テーブルを再編成する

239 テーブルのキャッシングの指定

240 テーブルのロギングの指定

241 オンラインでテーブル定義を変更する

242 空エクステントを開放する

243 ROWIDとは

244 行連鎖とは

245 行移行とは

246 ブロック内行連鎖とは

247 行連鎖/行移行の調査方法

248 行連鎖/行移行の解消方法(1)

249 行移行の解消方法(2)

250 行移行の解消方法(3)

251 高水位標とは

252 テーブルを圧縮する(~10g)

253 テーブルを圧縮する(11g)

254 テーブルを削除せずにレコードをまとめて削除する

255 テーブルのデータをキャッシュに常駐させる

256 表に関するディクショナリ

<クラスタ・テーブル>

257 クラスタ・テーブルとは

258 ハッシュ・クラスタとは

259 ソート済みハッシュ・クラスタとは

260 クラスタに関するディクショナリ

<索引構成表>

261 索引構成表とは

262 UROWIDとは

263 索引構成表の作成

264 長いレコード長を索引構成表に効率よく収める

265 索引構成表にB-Tree索引を張る

266 索引構成表にBitmap索引を張る

267 索引構成表で実現できないこと

268 索引構成表に関するディクショナリ

<LOB記憶域>

269 LOB記憶域とは

270 LOB記憶域の利用判断

271 LOB記憶域のキャッシングの指定

272 LOB記憶域の作成

273 RETENTION/PCTVERSIONとは

274 CHUNKとは

275 LOBをOracle Secure Filesに格納する

276 LOBテーブルに関するディクショナリ

<一時表・外部表>

277 一時表とは

278 一時表の作成

279 一時表の存続期間の指定

280 外部表とは

281 外部表をテキストファイルから作成する

282 外部表をDataPumpのDMPファイルから作成する

283 外部表を別のテーブルから作成する

284 一時表に関するディクショナリ

285 外部表に関するディクショナリ

<パーティショニング>

286 パーティショニングとは

287 パーティショニングの基本種類

288 コンポジット・パーティションの種類

289 レンジ・パーティションの作成

290 ハッシュ・パーティションの作成

291 リスト・パーティションの作成

292 レンジ/レンジ・コンポジット・パーティションの作成

293 レンジ/ハッシュ・コンポジット・パーティションの作成

294 レンジ/リスト・コンポジット・パーティションの作成

295 リスト/レンジ・コンポジット・パーティションの作成

296 リスト/ハッシュ・コンポジット・パーティションの作成

297 リスト/リスト・コンポジット・パーティションの作成

298 LOBテーブルのパーティショニング

299 存在しない列にてパーティショニングする

300 親子関係にあるテーブルのパーティショニングを合わせる

301 実データに応じてパーティションを自動作成する

302 レンジ・パーティションで上限を無制限にする

303 レンジ・パーティションで下限を設定する

304 リスト・パーティションで設定外の値を格納する

305 パーティション毎に設定を変えられるもの

306 パーティショニング・キーの値の変更を可能にする

307 パーティションとテーブルを変換する

308 パーティションを追加する

309 パーティションを削除する

310 パーティション単位のTRUNCATE

311 パーティション単位の圧縮

312 パーティションを分割する(レンジ、リスト)

313 パーティションを分割する(ハッシュ)

314 パーティションを統合する(レンジ、リスト)

315 パーティションを統合する(ハッシュ)

316 レンジ・パーティションのレンジを変更する

317 リスト・パーティションのリストを変更する

318 パーティション・プルニングとは

319 パーティション・ワイズ・ジョインとは

320 パーティションに関するディクショナリ

第5章 インデックス管理編

<B-Tree索引>

321 B-Tree索引とは

322 B-Tree索引の基本的な作成

323 PCTUSEDが指定できない理由

324 索引のサイズを見積もる

325 B-Tree索引の表領域を移動する

326 B-Tree索引を削除する

327 B-Tree索引を圧縮する

328 B-Tree索引を再編成する

329 B-Tree索引名を変更する

330 索引を使用不可にする

331 索引を不可視にする

332 索引のリーフブロックを結合し空きエクステントを開放する

333 「ORA-01450 キーが最大長(string)を超えました」エラーの対処

334 B-Tree索引をキャッシュに常駐させる

335 B-Tree索引に関するディクショナリ

<その他の索引>

336 ビットマップ索引とは

337 ファンクション索引とは

338 ドメイン索引とは

339 逆キー索引とは

340 索引構成表の二次索引とは

<索引のパーティショニング>

341 パーティショニングの基本種類

342 索引のパーティションのタイプ

343 ローカル索引とは

344 グローバル索引とは

345 プリフィックス索引とは

346 ノンプリフィックス索引とは

347 索引タイプの決め方

348 レンジ・パーティション索引の作成

349 ハッシュ・パーティション索引の作成

350 リスト・パーティション索引の作成

351 レンジ/レンジ・コンポジット・パーティション索引の作成

352 レンジ/ハッシュ・コンポジット・パーティション索引の作成

353 レンジ/リスト・コンポジット・パーティション索引の作成

354 リスト/レンジ・コンポジット・パーティション索引の作成

355 リスト/ハッシュ・コンポジット・パーティション索引の作成

356 リスト/リスト・コンポジット・パーティション索引の作成

357 パーティション・テーブルに変更を加えると索引はどうなるか

358 主キーの索引をパーティション化する

359 索引パーティションに関するディクショナリ

第6章 分数処理編

<データベース・リンク>

360 データベース・リンクとは

361 データベース・リンクを作成する

362 データベース・リンクとGLOBAL_NAMESの関係

363 複数ユーザーで共用可能なデータベース・リンクを作成する

364 データベース・リンク利用時のORA-2085対策

365 GLOBAL_NAMES=TRUEの環境で複数のデータベース・リンクを作成する

366 データベース・リンクを削除する

367 データベース・リンクに関するディクショナリ

<マテリアライズド・ビュー>

368 マテリアライズド・ビューとは

369 基本的な読み取り専用マテリアライズド・ビューの作成

370 手動リフレッシュする方法

371 更新後すぐにリフレッシュする方法

372 リフレッシュ間隔の指定方法

373 リフレッシュ間隔の細かい指定方法

374 リフレッシュの指定方法

375 高速リフレッシュの指定条件

376 マテリアライズド・ビューを削除する

377 マテリアライズド・ビュー・ログを作成する

378 マテリアライズド・ビュー・ログを削除する

379 既存のテーブルをマテリアライズド・ビュー化する

380 クエリー・リライトとは

381 マテリアライズド・ビューに関するディクショナリ

第7章 その他DBオブジェクト編

<順序>

382 順序とは

383 順序の作成

384 順序を削除する

385 順序番号をリセットする

386 順序が飛ぶのはどういう時?

387 順序をキャッシュに常駐させる

388 順序に関するディクショナリ

<ストアド・プログラム>

389 ストアド・プログラムとは

390 ストアド・プログラムの作成

391 ストアド・プログラムの削除

392 ストアド・プログラムをまとめてコンパイルする

393 ストアド・プログラムを条件付きコンパイルする

394 ストアド・プログラムの依存性を確認する

395 ストアド・プログラムのソースを確認する

396 ストアド・プログラムのソースを隠蔽する

397 ストアド・プログラムの開発ツール(Oracle製品)

398 ストアド・プログラムの開発ツール(非Oracle製品)

399 ストアド・プログラムを定期的に実行(1)

400 ストアド・プログラムを定期的に実行(2)

401 ストアド・プログラムをキャッシュに常駐させる

402 JAVAでストアド・プログラムを作成する

403 ストアド・プログラムに関するディクショナリ

<トリガー>

404 トリガーとは

405 BEFOREトリガーとAFTERトリガーの違い

406 文トリガーと行トリガーの違い

407 トリガーのコンパイル

408 トリガーでできないこと

409 instead ofトリガーとは

410 トリガーの有効/無効を切り替える

411 トリガーを削除する

412 ひとつのトリガーの中でINSERT/UPDATE/DELETEを判断する

413 DB起動・停止の際にトリガーを起動する

414 ログイン・ログアウトの際にトリガーを起動する

415 DDLコマンド発行の際にトリガーを起動する

416 ORAエラー発生の際にトリガーを起動する

417 トリガーのソースを確認する

418 トリガーで確実にログテーブルにログを書く

419 トリガーをキャッシュに常駐させる

420 トリガーの起動順を制御する

421 複数のトリガーをまとめる

422 トリガーに関するディクショナリ

<制約>

423 Oracleで利用できる制約

424 列制約と表制約

425 主キー制約を追加する

426 参照整合性制約を追加する

427 一意キー制約を追加する

428 NOT NULL制約を追加する

429 CHECK制約を追加する

430 複雑なCHECK制約の施行

431 制約のリネーム

432 参照整合性制約で連鎖削除を可能にする

433 制約を施行可能/不能にする

434 制約の削除

435 制約作成時に制約違反している行を特定する

436 大量更新に伴う制約チェックを高速化する

437 制約に関するディクショナリ

<その他>

438 シノニムとは

439 パブリック・シノニムとは

440 ディレクトリとは

第8章 ネットワーク設定編

<ネットワークに関する設定>

441 ネットワーク接続に必要なソフト

442 ネットワーク設定に必要なファイル

443 複数インスタンス環境でローカル接続先になるインスタンス

444 OracleNetで選べるプロトコル

445 TCP/IPを利用する際のlistener.ora基本設定

446 IPCを利用する際のlistener.oraの基本設定

447 BEQを利用する際のlistener.oraの基本設定

448 Named Pipesを利用する際のlistener.oraの基本設定

449 TCP/IPを利用する際のtnsnames.oraの基本設定

450 IPCを利用する際のtnsnames.oraの基本設定

451 BEQを利用する際のtnsnames.oraの基本設定

452 Named Pipesを利用する際のtnsnames.oraの基本設定

453 専用サーバー接続と共有サーバー接続

454 マルチスレッド接続のための設定

455 listener.oraの静的構成と動的構成

456 listener.oraのチューニング

457 tnsnames.oraのチューニング

458 sqlnet.oraのチューニング

459 共有サーバー接続のチューニング

460 データベース毎に専用のリスナーを立ち上げる

461 2枚のネットワーク・カードをリスニングする設定

462 通信速度の向上方法

463 接続可能な端末を制限する

464 tnsnames.oraを使わない接続(1)

465 tnsnames.oraを使わない接続(2)

<セッション>

466 セッションの情報を見る

467 ロックを獲得しているセッションとロック対象オブジェクトを知る

468 セッションで発行中のSQLを見る

469 自セッションの情報を見る(1)

470 自セッションの情報を見る(2)

471 他のセッションを強制切断する

第9章 バックアップ/リカバリ編

<アーカイブ・ログ>

472 アーカイブ・ログとは

473 アーカイブ・モードの確認(SQL*Plusコマンド)

474 アーカイブ・モードの確認(SQLコマンド)

475 アーカイブ・ログを破棄できるタイミング

476 アーカイブ・ログを複数箇所に出力する

477 アーカイブ・ログのファイル名の設定

478 アーカイブ・ログが出力されるタイミング

479 アーカイブ・ログを強制出力する

<バックアップ>

480 オフライン・バックアップの取り方

481 バックアップを取得する頻度とタイミング

482 バックアップ対象のファイルの探し方

483 オンライン・バックアップの取り方

484 制御ファイルのオンライン・バックアップ

485 init.oraのバックアップ

486 spfile.oraのバックアップ

487 読み取り専用表領域のバックアップ

488 テンポラリ・ファイルを使用した専用一時表領域のバックアップ

489 消していいバックアップ済みファイルは

<リカバリ>

490 SCNとは

491 完全リカバリと不完全リカバリ

492 DB停止状態からの完全リカバリ

493 DB起動状態からの完全リカバリ

494 ノーアーカイブログ・モードからのリカバリ

495 REDOログ・ファイルが失われた場合のリカバリ(壊れていないメンバーあり)

496 REDOログ・ファイルが失われた場合のリカバリ(全メンバーが壊れた場合)

497 制御ファイルが失われた場合のリカバリ(壊れていないファイルあり)

498 制御ファイルが失われた場合のリカバリ(すべて壊れた場合)

499 テンポラリ・ファイルを使用した専用一時表領域のリカバリ

500 一部の表領域を切り捨ててリカバリ

501 データファイルのパスを変えてリカバリ(DB停止状態から)

502 データファイルのパスを変えてリカバリ(DB起動状態から)

503 読み取り専用表領域のリカバリ

504 特定のテーブルを過去の状態に戻す

505 DROPしたテーブルを元に戻す

第10章 性能監視・改善編

<Statspack>

506 Statspackとは

507 Statspackのインストール

508 スナップショットを取得する

509 スナップショットを削除する

510 レポートを出力する

<パラメータチューニング>

511 BITMAP_MERGE_AREA_SIZE

512 BUFFER_POOL_KEEP/RECYCLE

513 COMMIT_LOGGING

514 COMMIT_WAIT

515 COMMIT_WRITE

516 COMPATIBLE

517 CONTROL_FILES

518 CREATE_BITMAP_AREA_SIZE

519 CURSOR_SHARING

520 CURSOR_SPACE_FOR_TIME

521 DB_BLOCK_BUFFERS

522 DB_BLOCK_CHECKING

523 DB_BLOCK_CHECKSUM

524 DB_CACHE_ADVICE

525 DB_(nK_)CACHE_SIZE

526 DB_FILE_MULTIBLOCK_READ_COUNT

527 DB_KEEP/RECYCLE_CACHE_SIZE

528 DB_WRITER_PROCESSES

529 DBWR_IO_SLAVES

530 DISK_ASYNCH_IO

531 DISTRIBUTED_LOCK_TIMEOUT

532 DML_LOCKS

533 FAST_START_IO_TARGET

534 FAST_START_MTTR_TARGET

535 HASH_AREA_SIZE

536 JAVA_POOL_SIZE

537 JOB_QUEUE_PROCESSES

538 LARGE_POOL_SIZE

539 LOCK_SGA

540 LOG_BUFFER

541 LOG_CHECKPOINT_INTERVAL

542 LOG_CHECKPOINT_TIMEOUT

543 MEMORY_TARGET

544 MEMORY_MAX_TARGET

545 OBJECT_CACHE_MAX_SIZE_PERCENT

546 OBJECT_CACHE_OPTIMAL_SIZE

547 OPEN_CURSORS

548 OPEN_LINKS

549 OPEN_LINKS_PER_INSTANCE

550 OPTIMIZER_DYNAMIC_SAMPLING

551 OPTIMIZER_FEATURES_ENABLE

552 OPTIMIZER_INDEX_CACHING

553 OPTIMIZER_INDEX_COST_ADJ

554 OPTIMIZER_MAX_PERMUTATIONS

555 PGA_AGGREGATE_TARGET

556 PRE_PAGE_SGA

557 PROCESSES

558 READ_ONLY_OPEN_DELAYED

559 RECOVERY_PARALLELISM

560 RESULT_CACHE_MAX_RESULT

561 RESULT_CACHE_MAX_SIZE

562 RESULT_CACHE_MODE

563 RESULT_CACHE_REMOTE_EXPIRATION

564 SESSIONS

565 SESSION_CACHED_CURSORS

566 SESSION_MAX_OPEN_FILES

567 SGA_MAX_SIZE

568 SGA_TARGET

569 SHARED_POOL_RESERVED_SIZE

570 SHARD_POOL_SIZE

571 SORT_AREA_RETAINED_SIZE

572 SORT_AREA_SIZE

573 SQL_TRACE

574 STAR_TRANSFORMATION_ENABLED

575 STATISTICS_LEVEL

576 TIMED_OS_STATISTICS

577 TIMED_STATISTICS

578 TRACE_ENABLED

579 TRANSACTIONS

580 UNDO_RETENTION

<アナライズ・実行計画>

581 オプティマイザとは

582 指定可能なオプティマイザ・モード

583 ルールベース・オプティマイザの処理の順位

584 コストベース・オプティマイザの動作に影響するパラメータ

585 ANALYZEコマンドによる統計情報の取得

586 DBMS_STATSパッケージによる統計情報の取得

587 データの一部のみで統計情報を取得(ANALYZE)

588 データの一部のみで統計情報を取得(DBMS_STATS)

589 統計情報を削除する(ANALYZE)

590 統計情報を削除する(DBMS_STATS)

591 ヒストグラムを取得する(ANALYZE)

592 ヒストグラムを取得する(DBMS_STATS)

593 システム統計情報を取得する

594 システム統計情報を切り替える

595 SQL発行時に自動ANALYZEする

596 統計情報をExportする

597 統計情報をImportする

598 システム統計情報をExport/Importする

599 実行計画を強制的に決める

600 実行計画を確認する(1)

601 実行計画を確認する(2)

602 実行計画を確認する(3)

603 実行計画を確認する(4)

604 実行計画を確認する(5)

605 実行計画を確認する(6)

606 実行計画を確認する(7)

PR

秀和システム