Eclipse 3ではじめる Javaフレームワーク入門 Seasar2/Struts 2対応

概 要

Javaフレームワークのすぐ使える定番から、アスペクト指向(AOP)までWebアプリケーション開発ツールの最新動向をわかりやすくまとめた入門書です。オープンソースの統合開発環境Eclipse 3.3(Europa)をベースに、広く用いられているフレームワーク「Struts」「Struts 2」「JSF」「Seasar2」「Spring」「Hibernate」の基本的な利用についてわかりやすくまとめています。JSP/サーブレットを卒業した人を対象に、これからJavaフレームワークを学び始めたい人におすすめの一冊です。
紙面サンプルと著者の最新刊はこちら

著者 掌田津耶乃
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-1977-2
発売日 2008/5/22
判型 B5変
色数 2色
ページ数 432
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 フレームワークとは

1 フレームワークとは何か?

1.1 機能拡張の流れ

1.2 フレームワークとは

1.3 フレームワーク導入の是非

1.4 Webアプリケーションとフレームワーク

2 開発環境の導入

2.1 Webアプリケーションの開発環境について

2.2 Eclipseの入手とインストール

2.3 Eclipseベース開発環境「Exadel Studio」

2.4 Exadel Studioのインストール

2.5 Eclipse Web Tools Platform(WTP)について

2.6 Web Tools Platformの入手とインストール

2.7 開発環境でのフレームワーク利用のポイント

Chapter 2 Strutsについて

1 Strutsとは何か?

1.1 Webアプリケーション開発の問題点

1.2 Strutsの特徴

1.3 Strutsの2つの系列

1.4 Strutsの入手

1.5 Strutsのファイル構成

2 Strutsを利用する

2.1 Strutsの三大要素

2.2 Strutsにおける処理の流れ

2.3 Strutsのファイル構造

2.4 表示用JSPの作成

2.5 アクションフォームの作成

2.6 アクションクラスの作成

2.7 struts-config.xmlの作成

2.8 web.xmlの作成

2.9 Webアプリケーションの構築と処理の流れ

3 開発環境におけるStrutsの利用

3.1 EclipseでのStrutsの利用

3.2 Exadel Studioによる開発

3.3 Exadel StudioによるJSP・アクションフォーム・アクションの作成

3.4 WTPによる開発

Chapter 3 Strutsの基本的活用

1 Strutsのhtmlタグ

1.1 について

1.2 プッシュボタンを表示するタグ

1.3 テキストに関するタグ

1.4 チェックボックスとラジオボタン

1.5 チェックボックスとラジオボタンのvalue

1.6 ポップアップおよび一覧リスト

1.7 ハイパーリンク

1.8 イメージ表示

1.9 その他のタグについて

2 コンポーネントの柔軟な活用

2.1 Beanによる値の受け渡し

2.2 を使わずにテキストを表示する

2.3 Tags-BeanによるBeanの使用

2.4 リストの項目生成

3 繰り返し、リソース、値の検証

3.1 繰り返し処理のためのtags-logic

3.2 tags-logicに用意されている主なタグ

3.3 繰り返しを使った投稿掲示システム

Chapter 4 Strutsを使いこなす

1 メッセージと検証

1.1 メッセージとリソースファイル

1.2 ActionMessageを使ってメッセージを表示する

1.3 値を検証しエラーメッセージを表示する

1.4 Strutsの検証ルールの利用

1.5 用意されている検証ルールについて

1.6 リソースファイルでの日本語の使用

2 アクションとフォワード

2.1 アクションの情報を得る

2.2 すべてのアクションマッピングを得る

2.3 DynaActionFormによるアクションフォーム作成

2.4 フィルターを使った文字化けの防止

2.5 DispatchActionによるアクション管理

3 Tilesによるデザイン

3.1 Tilesによるタイリングデザイン

3.2 Tilesによるレイアウトの基本

3.3 definitionを定義する

3.4 ダイナミックなレイアウトの変更

3.5 Strutsを使わずHTMLを直接出力する

3.6 PrintWriterから出力したHTMLからアクションを使う

4 ページ遷移の制御

4.1 トークンの考え方

4.2 トークンを使ったページ遷移の実際

4.3 表示メッセージの国際化とリソース

Chapter 5 Struts2について

1 Struts2の基本

1.1 StrutsからStruts2へ

1.2 Struts2の入手

1.3 Struts2のフォルダ/ファイル構成

1.4 Struts2の仕組み

1.5 Struts2のWebアプリケーション構成

1.6 開発環境におけるStruts2の利用

2 Struts2を動かす

2.1 表示用JSPページの作成

2.2 アクションクラスの作成

2.3 struts.xmlの作成

2.4 web.xmlの修正

3 Struts2タグについて

3.1 チェックボックスの利用

3.2 チェックボックスリストについて

3.3 ラジオボタンの作成

3.4 セレクトメニューとコンボボックス

3.5 タブパネルの作成

3.6 ツリー表示の作成

3.7 カレンダーの表示

4 Struts2の更なる活用

4.1 フィールドエラーとActionSupportクラス

4.2 アクションメッセージとアクションエラー

4.3 条件分岐タグについて

4.4 繰り返しタグについて

4.5 アクションで実行するメソッドを変更する

4.6 フィールドバリデータの利用

4.7 主なフィールドバリデータ

4.8 ゼロ・コンフィグレーション

4.9 バリデーションのゼロ・コンフィグレーション利用

4.10 アクションのメソッドを複数用意する

Chapter 6 JavaServer Facesについて

1 JSFとは何か?

1.1 JSF開発の経緯とは

1.2 StrutsとJSFの違い

1.3 Java EEの構成

1.4 Java EEの入手とインストール

1.5 JSFの入手とインストール

2 JSFを利用する

2.1 JSPと管理Beanの関係

2.2 JSFにおける処理の流れ

2.3 JSFのファイル構造

2.4 表示用JSPの作成

2.5 管理Beanクラスの作成

2.6 faces-config.xmlの作成

2.7 web.xmlの作成

3 開発環境におけるJSFの利用

3.1 EclipseでのJSFの利用

3.2 FacesIDEによる開発

3.3 Exadel Studioによる開発

3.4 WTPによる開発

3.5 JSF Toolsの利用

Chapter 7 JSFの基本的活用

1 JSFのUIコンポーネント・タグ

1.1 について

1.2 ボタンとテキストに関するタグ

1.3 その他のテキスト入力関連タグ

1.4 チェックボックスとラジオボタン

1.5 リストの利用

1.6 リンク関係タグ

1.7 その他の主なタグについて

2 コンポーネントの活用

2.1 コンポーネントの表示スタイル

2.2 コンポーネントの状態変更イベント

2.3 イベントの強制送信

2.4 HTMLタグを利用した表示の作成

3 ナビゲーション・コンバータ・バリデータ

3.1 ナビゲーションの利用

3.2 ナビゲーションをJSFタグに設定する

3.3 コンバータの利用

3.4 コンバータとvalue値の関係

3.5 バリデータの利用

4 データベースとDataTable

4.1 DataTableの基本

4.2 接続プロファイルの作成

4.3 SQLコマンドを発行する

4.4 テーブルにアクセスする

4.5 SQLサーバへのアクセス

4.6 データ保管クラスの定義

Chapter 8 HibernateとO/Rマッピング

1 O/RマッピングとHibernate

1.1 O/Rマッピングとは

1.2 ORM導入のメリットとは

1.3 Hibernateの入手とファイル構成

1.4 Hibernate利用の基本

1.5 MySQLの準備

1.6 データベーステーブルの作成

2 Hibernate利用の基本

2.1 設定情報ファイル(hibernate.cfg.xml)の作成

2.2 マッピングクラスの作成

2.3 マッピングファイルの作成

2.4 JSPからHibernateを利用する

2.5 その他の利用例

3 開発環境からの利用

3.1 EclipseでのHibernateの利用

3.2 WTPによる開発

3.3 Hibernate Toolsによる開発

3.4 Exadel Studioによる開発

4 Hibernate利用の実際

4.1 データの一覧表示

4.2 データの検索

4.3 データの更新

4.4 データの追加と削除

4.5 HQLによるデータアクセス

4.6 HQL文の実行

4.7 HQLの基本を覚える

4.8 この先の学習

Chapter 9 Spring FrameworkとDependency Injection(DI)

1 DIとSpring Framework

1.1 DIとは何か

1.2 Spring Frameworkの内容

1.3 Springの入手とファイル構成

1.4 Spring利用の基本

2 Springの基本

2.1 Beanクラスの定義

2.2 Bean定義ファイルの作成

2.3 サーブレットからBeanを利用する

2.4 プロパティの利用

2.5 インターフェイス化する

2.6 参照の定義

3 開発環境からの利用

3.1 EclipseでのSpringの利用

3.2 Spring IDEについて

3.3 Spring IDEによる開発

3.4 WTPによる開発

3.5 Exadel Studioによる開発

4 その他のSpring機能の利用

4.1 Spring MVCについて

4.2 Controllerの作成

4.3 Bean定義ファイルと表示用JSPの作成

4.4 Strutsとの連携

4.5 アクション用Beanの作成

4.6 StrutsのJSPページを利用する

4.7 JDBCを使ったデータベースアクセス

4.8 DriverManagerDataSourceのBean定義

4.9 サーブレットからの利用

4.10 Hibernateとの連携

4.11 DAOの定義

4.12 LocalSessionFactoryBean、HibernateTemplate、DAOのBean定義

4.13 サーブレットからの利用

4.14 この先の学習

Chapter 10 Seasar2について

1 Seasar2の基礎知識

1.1 もう1つの「DIコンテナ」

1.2 Seasar2の概要

1.3 S2Containerの入手とファイル構成

1.4 S2Container利用の基本

2 Seasar2利用の基本

2.1 Beanクラスの基本設計

2.2 データ保管用Beanクラスの作成

2.3 データ管理用インターフェイスと実装クラス

2.4 diconファイルの作成

2.5 サーブレットの作成

2.6 web.xmlへのサーブレット登録

2.7 JSPから利用する

2.8 新しいTestBean実装を用意する

3 開発環境からの利用

3.1 EclipseでのSeasar2の利用

3.2 Eclipse WTPでの利用

3.3 Kijimunaの利用

3.4 diconファイルの作成

3.5 Exadel Studioによる開発

4 S2AOPによるAspect的開発

4.1 Aspect指向プログラミング(AOP)とは?

4.2 S2AOPを使ってみる

4.3 主なインターセプタ

4.4 独自のインターセプタを定義する

4.5 独自インターセプタを利用する

Chapter 11 これからのフレームワーク

1 これから先のフレームワーク

1.1 注目のフレームワーク

2 フレームワークの行方

2.1 JSFかStruts2か

2.2 フレームワークの複合化

2.3 Java新技術への対応とフレームワークの進化

2.4 他言語との融合

2.5 Eclipseの今後

PR

秀和システム