図解入門ビジネス 最新リース取引の基本と仕組みがよ~くわかる本[改訂版]

概 要

設備投資の重要な手段である「リース取引」は、税務、会計、法律と関わりがあり、初心者には仕組みがわかりにくい取引です。本書は日本におけるリース取引の大半を占めるファイナンス・リースを中心として、取引の流れ、レンタル取引との違い、分割払いとの違い、リースのメリットとデメリットを図解して解説します。また、リース取引の具体的な事例や、リースに関する優遇税制、平成20年度の制度改訂の趣旨、助成制度、リース会計・税制、消費者契約法などの関連法、リース会社の業務内容やリース市場の現状、展望もわかりやすくまとめました。リース標準契約書など、実務にすぐ役立つ関連資料も収録しています。

著者 加藤建治
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-1979-6
発売日 2008/5/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 228
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 リースの基本

1-1 リースとは

1-2 リースの仕組み

1-3 リースの特徴

1-4 リース料の構成

1-5 リースのメリットとデメリット

1-6 リースに関する税制

1-7 リース会計の基礎知識

コラム なぜ、個人にリースは普及しないのか

コラム リース料率

コラム リース利用理由

第2章 リースの活用

2-1 リースと購入の経済比較

2-2 メーカー、ディーラーのメリット

2-3 オぺレーティング・リース

2-4 メインテナンス・リース

2-5 官公庁向けリース

2-6 ソフトウェアのリース取引

2-7 リースの優遇措置

コラム オペレーティング・リースの市場規模

コラム リースの政策への活用

第3章 リースの税務

3-1 新しいリース会計・リース税制のポイント

3-2 リース会計基準

3-3 リース税制

3-4 ユーザーの会計・税務処理(売買処理)

3-5 ユーザーの会計・税務処理(賃貸借処理)

3-6 既存リース契約の会計・税務処理

3-7 リース会社におけるリース会計・リース税制

3-8 非営利法人のリース会計

コラム リース税制の売買

コラム 上場企業のリース利用実態

コラム 新しいリース会計

第4章 リースの法務

4-1 リース法務の基礎知識

4-2 リース標準契約書

4-3 個人等とリース法務

4-4 環境関連法制とリース

4-5 犯罪収益移転防止法とリース

コラム 自動車リースと規制改革

コラム 電話機リース問題

コラム 電気用品安全法とリース

第5章 リース産業の現状と展望

5-1 リースの現状

5-2 リース会社の業務

5-3 リース産業の将来展望

コラム (社)リース事業協会

付録

○リース標準契約書

○プログラム・リース標準契約書

○法人税法等リース関係法令

○法人税基本通達(リース関係抜粋)

○消費税法基本通達(リース関係抜粋)

○リース契約説明書

○リース関係参考資料

PR

秀和システム