FileMaker 実践データベースシステム

概 要

数あるリレーショナルデータベースの中でも素早い開発、高い拡張性、そして使いやすさで知られる「FileMaker」の導入事例とカスタマイズ手法を解説した導入開発支援書です。本書を読めば、FileMakerを使ったコスト削減、柔軟な仕様変更、業務の効率化など、ビジネスを加速する低コストな小規模業務システムを開発できます。また、3日でプロトタイプ作成、段階的なスケールアップ、途中からの柔軟な仕様変更、ビジネス戦略の迅速実行、コスト削減と業務の効率化、エクセルからFileMakerへ接続、ウェブでカンタン操作UIなどの便利な使い方や、塾講師紹介、小学校、矯正歯科などの活用事例、iPod touch/SNS(OpenPNE)/CMS(XOOPS)/Microsoft Log Parser(ログ管理)とつなげて機能を拡張する方法なども解説しています。

著者 大川泰典、荒木祐二、FileMakerPro Kyushu Users Meeting(監)
価格 本体3500円(税別)
ISBN 978-4-7980-1989-5
発売日 2008/6/19
判型 B5変
色数 1色
ページ数 520
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 新たな時代で常勝し続けるために

1.1 市場を取り巻く環境の変化

1.2 IT活用場面のご紹介

顧客の開拓にITを活用する

顧客満足の向上

営業力強化

社員の能力管理

効果検証結果の蓄積による新規企画の精度向上

1.3 他社のIT活用事例を知る

複数店舗を経営する酒屋

ウェブでの新しい在庫情報の提供

飲食FC企業での仕入一括発注

介護施設内でタッチパネルでの情報管理

1.4 システム開発の失敗事例を知る

FileMakerとは

1.5 FileMakerとは?

許容能力面

他のデータベースとの比較では

FileMakerの合う会社・合わない会社

FileMakerの歴史

FileMakerの良くある勘違い

1.6 なぜ、今FileMakerなのか?

Chapter 2 経営者を説得させるテクニック

2.1 経営者の思考を知る

経営者がいつも考えてることは何?

経営者には、どのようなタイプの方が多い?

経営者を説得するにあたってのポイントは?

経営者のタイプに合わせた説得テクニック

2.2 開発の基礎知識を知る

提案依頼書

顧客向け提案資料作成時の参考資料

見積もりの考え方

契約関連

3種の開発プロセス

データベースの種類と特色

データベースの外部設計

データベースの内部設計

発注時に必ず確認しあうべきこと

2.3 開発の現場と現状を知る

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事とは

開発会社の選び方

2.4 発注者能力を高めるには

3つのポイント

2.5 自社にあてはめて考えてみる

自社の強みと弱みを洗い出す

自社に合った開発スタイルを考える

2.6 これらを踏まえなぜ今、FileMakerなのか?

Excelでの情報管理の限界

Chapter 3 開発者・運営者インタビュー

3.1 塾講師紹介会社におけるFileMakerの活用

3.2 小学校におけるFileMakerの活用 ~学級情報システム

3.3 矯正歯科 受付業務管理システム VisionMaker

3.4 sevensdoor.com 竹内康二さん

3.5 株式会社ジェネコム 代表取締役 高岡幸生さん

Chapter 4 プロトタイプを作成しカスタマイズをしてみよう

4.1 請求書と領収書を作ってみよう

開発の背景

FileMakerでデータベースを作る

FileMakerの仕様

フィールドの仕様

レイアウトとパートを作成する

値一覧を作成し、フィールドコントロールを設定する

リレーションを作成し、関連テーブルの集計をおこなう

スクリプトを作成する

プロトタイプで使用したフィールドコントロールとボタンスクリプト

4.2 要求と目的を絞り込もう

第二プロトタイプの開発

第二プロトタイプのデータベースデザインレポートの作成

FileMaker的開発とプロトタイプ型の問題点

4.3 FileMakerとAccessの違いを知ろう

スペックで見るAccessの特徴

Accessで第一プロトタイプの開発

Chapter 5 構成を拡張してみよう

5.1 ランタイムソリューションアプリケーションを作ってみよう

ハイブリッド版のランタイムソリューションアプリケーションを作る

5.2 スタンドアローン型をクライアントサーバ型に拡張しよう

データベースの共有とアカウントの設定

共有データベースに拡張した場合の問題点

5.3 インスタントWeb公開でWebデータベースに拡張しよう

アカウントの設定とインスタントWeb公開の設定

iPod touchを利用した画像データベースの可能性

5.4 PHP Site AssistantでWebアプリケーションの基礎を作ろう

PHP Site Assistant

Chapter 6 いろいろなシステムを作ってみよう

6.1 Google Chart APIでグラフを描画してみよう

Google Chart API

Webビューアの基礎と準備

スクリプトを利用したグラフ描画

計算フィールドを利用したグラフ描画

Google Chart APIでサポートされる書式オプションと描画例

6.2 外部SQLデータソースと連携する(XOOPS,OpenPNE)

ライブ接続の特徴

システム構成

XAMPP Liteのインストール

XAMPP Liteの設定

MySQLにユーザを追加

XOOPSのインストール

MySQL Connector/ODBC 3.51ドライバのインストール

FileMakerにMySQLのテーブルをライブ接続

OpenPNEのセットアップ

FileMaker Server 9 による共有

ODBC接続が可能なレンタルサーバサービス

6.3 Microsoft Log Parserでログの一元化をしてみよう

Log Parserの特徴

システム構成

Log Parserのインストール

Log Parserの実行と動作確認

データベースの準備とバッチファイルの実行

VBScriptとODBCを利用したログの自動収集

Excel 2007にインポート

IISログの取得

6.4 ExcelからFileMakerデータベースを操作してみよう

Excelの特徴

システム構成

FileMakerデータベースの作成

ExcelとVisualBasic for Applicationsでの開発

VisualBasic for ApplicationsによるFileMakerへのODBC接続

VisualBasic for Applicationsが含まれたExcelブックを開く

VisualBasic for Applicationsが含まれたExcelブックを配布

ExcelブックからFileMakerのスクリプトを実行してみよう

Chapter 7 安定したサービスを提供しよう

7.1 運用と保守

システム概要図

運用管理

保守体制

バックアップの方針

稼働時間及び運用スケジュール

長期スケジュール

障害管理表

FileMakerデータベースのバックアップ

7.2 FileMakerデータベースの運用と保守

FileMakerデータベースのメンテナンス

FileMakerデータベースの修復

緊急対応手順書の例

PR

秀和システム