Eclipse 3ではじめる JavaFXプログラミング入門

概 要

Eclipse 3でRIA言語「JavaFX Script」を学ぶプログラミング入門書です。現在、次世代のインターネットアプリケーション技術としてRIA(Rich Internet Application)が注目されています。そのRIA技術のひとつとしてJavaの世界から「JavaFX」が誕生しました。JavaFX ScriptというJavaよりもわかりやすいシンプルな構造のスクリプト言語で、高度なGUIを簡単に構築することができます。本書では、OpenJFXと日本語化済みのEclipse開発環境を使って、本格的なGUIアプリケーションを作成するための手法を解説しています。サンプルコードとPleiades JavaWTP(日本語化Eclipse)、OpenJFX(スタンドアロン版/Eclipseプラグイン版)、JDK 6 update 6を収録したCD-ROM付き。
Eclipse+Javaの関連書籍を、こちらで紹介

著者 掌田津耶乃
価格 本体2600円(税別)
ISBN 978-4-7980-2015-0
発売日 2008/7/24
判型 B5変
色数 2色
ページ数 352
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 JavaFX Scriptの基本を理解する

1 JavaFX ScriptとJavaの関係

1.1 時代はRIAへ!

1.2 JavaFX Scriptとは?

1.3 JavaFX Scriptとは「Swing」である?

1.4 JavaFX Scriptを学ぶ上で必要なもの

1.5 JDKの入手とインストール

2 OpenJFXを利用してJavaFXを単体で使う

2.1 OpenJFXの入手

2.2 OpenJFXのフォルダ構成

2.3 環境変数を設定する

2.4 デモを動かしてみる

2.5 スクリプトを書いてみる!

2.6 スクリプトを実行する

Chapter 2 Eclipseの環境を整える

1 Eclipseの基礎知識

1.1 スクリプト言語と開発ソフト

1.2 Eclipseとはどんなソフト?

1.3 日本語化とPleiadesについて

1.4 Eclipseのファイル構成

1.5 Eclipseを起動する

1.6 OpenJFXプラグインのインストール

2 Eclipseの基本操作

2.1 Eclipseの基本ビュー

2.2 パースペクティブとビューについて

2.3 プロジェクトを作る

2.4 プロジェクトのファイル構成

2.5 JavaFXファイルを作成する

2.6 JavaFXエディターについて

2.7 スクリプトの実行と起動構成

2.8 起動構成の設定

3 Eclipseの基本設定

3.1 Eclipseの設定項目

3.2 「一般」設定

3.3 「一般aエディター」設定

3.4 「一般aエディターaテキスト・エディター」設定

3.5 「一般aエディターaファイルの関連付け」設定

3.6 「一般aパースペクティブ」設定

3.7 「一般aワークスペース」設定

3.8 「一般a外観」設定

3.9 外観の「ラベル装飾」と「色とフォント」

3.10 「Javaaインストール済みのJRE」設定

3.11 「ビルド・パス」「クラスパス変数」「ユーザー・ライブラリー」設定

3.12 「インストール/更新」設定

3.13 実行/デバッグの「パースペクティブ」「ビュー管理」設定

Chapter 3 JavaFX Scriptの基本文法

1 基本文法をマスターする

1.1 値について

1.2 変数の利用

1.3 数の演算

1.4 数の演算のポイント

1.5 テキストの特徴

1.6 importでSystem.outを使ってみる

1.7 配列について

1.8 配列の特徴

1.9 要素の操作

1.10 さまざまな要素の表現

2 JavaFX Scriptの構文

2.1 条件分岐(if構文)について

2.2 if構文の条件となるものとは?

2.3 条件式について

2.4 whileによる繰り返し

2.5 もう1つの繰り返し「for」

2.6 構文と変数のスコープ

2.7 breakとcontinue

3 その他の覚えておきたい機能

3.1 配列操作、再び!

3.2 データ整形について

3.3 例外について

Chapter 4 クラスとGUIアプリケーション

1 Frameとクラス利用の基本

1.1 ウインドウを表示してみる!

1.2 クラスとパッケージ

1.3 宣言形式のクラス利用

1.4 もう1つの書き方:手続き方式

1.5 ウィジェットの組み込み

1.6 手続き方式によるソースコード

1.7 入力フィールドとボタンを追加する

1.8 BorderPanelを使う

1.9 レイアウト用パネル

1.10 FlowPanelとGridPanel

1.11 Panelによる自由なレイアウト

2 イベントとモデル

2.1 actionイベントを利用する

2.2 actionとoperation

2.3 オペレーションとファンクション

2.4 オペレーションを外に出す

2.5 宣言外からactionを設定する

2.6 値の変更

2.7 クラスの定義

2.8 継承について

2.9 モデルの利用

2.10 bindによる値のバインド

2.11 クラスにオペレーションを追加する

2.12 数字とテキストの型変換

2.13 トリガによる更新処理

2.14 トリガの種類と働き

Chapter 5 ウィジェットの活用

1 GUI用ウィジェット

1.1 LabelとHTML

1.2 タグにoperationをリンクする

1.3 CheckBoxの利用

1.4 RadioButtonとButtonGroup

1.5 ListBoxによるリスト表示

1.6 ListBoxの項目の操作

1.7 ComboBoxによるコンボボックス

1.8 Spinnerによるスピン表示

1.9 Sliderによるスライダー

1.10 その他のウィジェット

2 ウィジェットのイベント処理

2.1 onChangeイベントの利用

2.2 onSelectionChangeイベントの利用

2.3 onMouseClickedによるマウスクリック処理

2.4 キーボードのイベント

2.5 キー入力のできないウィジェットでのキーイベント

2.6 トリガを使ったウィジェットの操作

3 ウィジェットとコンテナの利用

3.1 ボーダーについて

3.2 MessageDialogの活用

3.3 TabbedPaneによるタブの表示

3.4 SplitPaneによる領域分割

3.5 スクロール表示を行うScrollPane

3.6 内部フレームによるMDI

4 複雑な構造のウィジェット

4.1 メニューの構成

4.2 メニューとMDIの併用

4.3 ツリー表示を作成するTreeとTreeCell

4.4 Treeの項目を操作する

4.5 テーブル表示を行うTable

4.6 Tableのセルを操作する

Chapter 6 グラフィックの基本

1 Canvasによるグラフィックの描画

1.1 CanvasウィジェットとShape

1.2 シェイプ・クラスの基本

1.3 曲線のためのシェイプ

1.4 複数の図形をPathでつなぐ

2 描画を支える諸機能

2.1 Colorクラスの性質

2.2 LinearGradientによるグラディエーション

2.3 RadialGradientによるグラディエーション

2.4 Patternによるパターンの描画

2.5 座標変換

2.6 シェイプのグループ化

2.7 イメージの利用

2.8 ウィジェットをシェイプと重ねる

3 図形の操作

3.1 図形のイベント処理

3.2 インタラクティブな表示を考える

3.3 シェイプのアトリビュート操作

3.4 アトリビュート変更によるアニメーション

3.5 イメージをフェードイン/アウトする

3.6 シェイプの重ね合わせ効果

3.7 クリッピングについて

3.8 フィルターによるイメージの操作

3.9 シェイプを新たに作る

3.10 シェイプの定義

3.11 ドラッグアンドドロップへの対応

3.12 ドラッグアンドドロップのイベント処理

Chapter 7 Javaライブラリの利用

1 ファイルアクセス

1.1 テキストファイルのアクセスについて

1.2 テキストファイルアクセスのプログラム

1.3 ファイルダイアログの利用

1.4 FileChooserとFileFilter

1.5 FileFilterの定義

2 ネットワークアクセス

2.1 Webサイトからのテキスト取得

2.2 Webページ読み込みプログラムの作成

2.3 HttpURLConnectionによるデータのダウンロード

2.4 イメージファイルを得るには?

3 データベースアクセス

3.1 SQLデータベースとJava DB

3.2 Java DBのファイル/フォルダ構成

3.3 データベース接続のドライバー設定

3.4 接続プロファイルの作成

3.5 SQLファイルの作成

3.6 データベースの作成

3.7 SQLコマンドについて

3.8 JavaFX ScriptからJava DBにアクセスする

3.9 Java DBのドライバークラスとアクセスパス

3.10 ドライバークラスのロードとConnectionの作成

3.11 executeQueryでレコードを取り出す

3.12 レコードの追加

3.13 executeでレコードを追加する

PR

秀和システム