図解入門 よくわかる 最新 からだの基本としくみ

概 要

人体の働きとしかけをフルカラーの図を豊富に使って、わかりやすく解説した図解入門書です。さらに「人体最小の骨のある場所は?」「白血球にも血液型がある?」などなど、人体の不思議も数多く解説。医療知識全般の基礎知識をやさしく学べるように、人体のメカニズムを図解しました。本書では、脳と神経系、感覚器、消化器、呼吸器、循環器、骨格、筋肉、皮膚、血液、免疫、内分泌、泌尿器、生殖器のそれぞれについて、仕組みや役割を親しみやすいイラストと文章で解説しています。さらに、項目ごとに3つのポイントをピックアップしました。

著者 鈴木洋通
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-2032-7
発売日 2008/8/19
判型 A5
色数 4色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 人体の情報ネットワーク=脳と神経系、感覚器

1 超高性能な人間の脳

2 脳の大きさと知能の関係

3 神経線維を情報が伝わる速度は

4 左右の半球にわかれている脳

5 人間の本質は脳のどこにある

6 脳の中には天然の麻薬がある

7 男の脳と女の脳は違うのか

8 脳幹と大脳辺縁系の役割は?

9 脳はブドウ糖と酸素がないと働かない

10 人はなぜ眠くなり、眠るのか

11 小脳のはたらきと運動神経

12 脳を守る髄膜、脳脊髄液と血液脳関門

13 中枢と全身をつなぐ末梢神経

14 脊髄と末梢とのやりとりだけの脊髄反射

15 情報伝達の往路と復路

16 体の機能をコントロールする自律神経

17 皮膚は人体最大の感覚器

18 カメラにそっくりな目の構造

19 私とあなたは同じものを「見て」いるか?

20 近視や遠視、老眼ってどうしてなるの?

21 実はとても敏感な人の鼻

22 人体最小の骨は耳の中にあり

23 平衡感覚は耳の奥の三半規管でキャッチ

24 舌は筋肉のかたまり

コラム 人体解剖学の発展- ミクロの世界の探究へ

第2章 取り込む、運ぶ=消化器と、呼吸器、循環器

1 消化管は体の外とつながっている

2 食事をし、発音し、表情をつくる口

3 逆立ちしても食べものはちゃんと胃に入る

4 食べたものによって腹持ちは違う

5 胃が消化されないのはなぜ

6 胃から流れてくる酸も中和する

7 小腸は栄養素の吸収の中心地

8 盲腸炎」は盲腸の炎症にあらず

9 食後にトイレに行きたくなるのは

10 三大栄養素を消化する消化液の種類

11 体内で最大の臓器は沈黙の臓器

12 気道の起点としての鼻

13 咽頭と喉頭にわかれる“のど”

14 咳も喉頭の動きがつくり出す

15 空気の通り道となる気管・気管支と肺

16 肺にはガス交換をする肺胞がぎっしり

17 呼吸に関わる筋肉とその動き

18 疲れ知らずの収縮力を持つ心臓

19 心臓が規則正しく動くのはなぜか

20 心臓を起点にまわる2つの循環ルート

21 すべての動脈に動脈血が流れるわけではない

22 静脈は心臓への復路

23 一層構造の極細の毛細血管

24 リンパ系は復路だけの循環系

コラム 切らずに体内を観察する- X線、超音波、核磁気共鳴

第3章 支える、動かす=骨格・筋肉・皮膚

1 全身に骨はいくつある?

2 骨のつながり方で関節の動きが決まる

3 関節を補強・保護する靱帯や関節包

4 頭蓋骨と、S字構造の脊椎

5 心臓や肺を守るカゴ状の胸郭

6 骨盤の形で男女がわかる

7 多くの骨があるから細かい動作ができる

8 大人になっても生きている骨

9 全身には約六〇〇個の筋肉がある

10 全身の骨格筋の全貌

11 筋肉が収縮して関節が動くメカニズム

12 筋肉は体の熱をつくり出す

13 顔の筋肉の多くは骨でなく皮膚につく

14 骨盤の向きが悪いと腰痛の原因にも

15 筋肉疲労と筋肉痛が起きるメカニズム

16 筋肉と骨をつなぐ腱

17 皮下脂肪と内臓脂肪

18 皮膚は全身のバリアー

19 爪は健康のバロメータ

コラム 再生医療- 万能細胞を培養して失った組織をつくる

第4章 調節し、守る=内分泌系・免疫・血液

1 体重の約八%を占める血液

2 血液は骨の中の骨髄でつくられる

3 白血球にも血液型がある

4 出血を止める血小板

5 脾臓は血液の処理工場

6 五種類ある白血球

7 免疫は外敵を排除するための反応

8 リンパ節は免疫機能の中継センター

9 内分泌腺がホルモンを分泌する

10 】内分泌腺がホルモンを分泌する

11 ホルモンの量を調整するシステム

12 内分泌系の中枢は視床下部と下垂体

13 基礎代謝を調整する甲状腺

14 名前は副腎でも腎臓の補助装置ではない

15 健康にさまざまな影響を及ぼすストレス

16 血糖値を下げるホルモン・上げるホルモン

17 男女の特徴をあらわす性ホルモン

コラム 生命とは何か- 遺伝子研究や生殖医療と生命倫理

第5章 ろ過する、殖える=泌尿器、生殖器

1 体内環境を一定に保つのが仕事

2 尿の生成プロセスは二段階

3 石がつまると激痛を起こす尿管

4 尿意と排尿のメカニズム

5 尿道の構造は男女でまったく違う

6 尿を調べると体調がわかる

7 女性の生殖器と月経周期

8 勃起や射精の中枢は脳ではなく腰にある

9 遺伝情報を伝えるDNAと染色体

10 精子も卵子もとても短命

11 受精と着床のドラマ

12 染色体とホルモンが性別を決める

13 妊娠中の胎児の様子と母体の変化

14 陣痛は痛みで始まるわけじゃない

15 赤ちゃんにとっての命綱

16 初乳は免疫物質を豊富に含む

PR

秀和システム