20代からはじめるお金をふやす 100の常識

概 要

本書は20代・30代のうちに知っておくべきお金の常識を厳選した、貯金&節約術です。財形貯蓄や、積立預金、生命保険、給与明細の見方、年金の仕組みなど、お金の基本情報が満載。レジャー費の使い方、マイレージのメリット、コンビニやネットショップでの無駄遣いの防止法など、生活まわりの節約方法なども加え、長い人生の財産作りの土台となるマネーのノウハウを集めました。さらに、主婦として、マネープランナーとして活躍する著者が、働き方や、結婚・子育てといった夫婦の人生プランなどについてもアドバイスします。20年後30年後の自分のために、無理をせず、アイデアを駆使して、20代からの長期的な貯蓄プランを考えましょう!

著者 酒井富士子
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-2034-1
発売日 2008/9/18
判型 四六
色数 1色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 貯蓄の基本

1 お金は使うためにある ただ、お金がなければ何もできない

2 お金はお金を生む たくさん持っているほど、たくさん生んでくれる

3 逆に借金も長く借りれば、借りるほど利子が増える

4 お金を貯めるには「収入を増やす」「支出を減らす」「お金に働いてもらう」の三つの方法しかない

5 使う目的があるから、お金を貯める まず夢を描こう

6 理想の世界でもいいから、自分の一〇年後、二〇年後をイメージしよう

7 すべての夢をかなえることはできない 優先順位をつけよう

8 積立パワーはすごい 毎月二万円で二〇年後に六六四万円に

9 積立は一日でも早く 毎月二万円で一〇年で三八一万円の差

10 一日一〇〇円の無駄遣いが一年で三万六五〇〇円に

第1章 貯蓄の基本・まとめの五カ条

第2章 お金とお給料

11 お給料の額面と手取りの差は何?

12 健康保険は病院通いのときのもの!? それ以外にもこんなときに便利

13 年金はもらえないの? の裏に隠れた真実

14 月々の医療費は高額になると払い戻される 会社員はさらに有利なことも

15 将来のことだけど、四〇歳の誕生日にやってくるものは?

16 税金は収入が上がれば、上がるほどおトクになるの?

17 会社を辞めて、収入ゼロでも住民税がくるってホント?

18 会社員だけの特典貯金財形って何?

19 会社が上場していたら、会社の株を買った方がいい?

20 会社の福利厚生って、バカにしちゃいけない

第2章 お金とお給料・まとめの五カ条

第3章 お金と生活

21 毎月の手取りはわかるけれど、毎月の支出ってわかってる?

22 まずは支出を把握 家計簿が書けないならレシート管理で

23 お金の支出を「固定費」「変動費」「特別支出」に分ける

24 「固定費」はなるべく自動引き落としで

25 「変動費」は予算管理 使いすぎるなら袋分けで

26 赤字転落のきっかけは「特別支出」

27 みんなは何にいくら使ってる? 支出の比率の平均値

28 自動車税など「年いち」の支出は一年前から積み立てておく

29 もらう三カ月前に全部使い道が決まってる! ボーナス頼りにおさらば

30 なんでも節約は疲れるだけ 私の「聖域」を設けよう

31 やっぱり「コンビニ費」は削れないというあなたは

32 携帯代は常に自分にとって一番安いセット使用料を

33 会社帰りの外食を、会社帰りの自宅パーティーに

34 契約を変えるだけで節約になる光熱費あれこれ

35 深夜テレビや深夜のネットサーフィンはムダ買いの宝庫

36 ストレスでわーっと衝動買いがしたくなったら年に二度ぐらいは買ってしまおう

37 「車」と「彼女」は両立しない 車代はデート代以上の出費

38 外食するなら「携帯クーポン」使いは常識だよね

39 クレジットカードや電子マネーのポイントは上手に交換しよう

40 今の自分の生活の「不満」を一〇年後に笑う自分の「満足」に変えよう

第3章 お金と生活・まとめの五カ条

第4章 お金と楽しみ

41 今、自分が欲しいものを一〇コ書き出してみよう

42 海外旅行とエステと英会話どれを取るかは一〇年後の自分と相談しよう

43 意外と豪華で穴場!? 公共の宿のステキ

44 会社の福利厚生で、豪華ホテルの割引

45 おトクなANAの旅行積立 飛行機好きは要チェック

46 外食費&飲み代は予算の範囲で断ることも覚えよう

47 買い物するなら決まった場所で 〝イチゲン〟さんより〝お得意さん〟

48 車やバイクは固定費が高い

49 たばこは百害あって一利なし

50 一〇〇〇円ちまちま使うより、月に一度一万円をど~んと使う!

第4章 お金と楽しみ・まとめの五カ条

第5章 お金と貯蓄

51 貯金は「余ったら」ではなく「先取り」

52 毎月の積立ては「天引き」か「自動積立」

53 毎月五万円、ボーナス時二〇万円貯めると年一〇〇万円貯まる

54 金利の「七二の法則」を知ろう

55 お金がまとまったら「ネット定期」への預け替えが基本

56 たまには五年後、一〇年後の自分への備えに「個人向け国債」

57 積み立てが一〇〇万円貯まったら、「投資信託」に注目

58 大金持ちになりたいなら「タスキがけの法則」を知っておこう

59 おいしい話などありえない 不動産投資や現物投資には手を出すな

60 「株」をするならプレゼント付きで

第5章 お金と貯蓄・まとめの五カ条

第6章 お金と保険

61 万が一のトラブルにはいくらお金があっても対応できない

62 生命保険を貯蓄と勘違いするのはNG

63 養う人がいないなら、葬式代以上の保障はいらない

64 でも結婚して、子どもが生まれたら、それなりの保障が必要になる

65 病気やケガで高額な医療費がかかっても健康保険でカバーできることを知っておこう

66 夫が死んでも、公的年金で遺族保障が出ることを知っておこう

67 生命保険には、定期タイプと終身タイプがあることを知っておこう

68 死亡保障は割り切って定期タイプを選ぼう

69 医療保障は最低限で ただし終身タイプを選ぼう

70 保険料貧乏ほど、自己満足だけのムダ遣いはない

第6章 お金と保険・まとめの五カ条

第7章 お金とキャリア

71 二〇代は仕事をしないで節約するより、思いっきり仕事をしてお金を使う人生でもいい

72 会社で文句をいう暇があったら、どうすれば楽しくなるか考えよう

73 「石の上にも三年」という言葉を念頭に、仕事に取り組もう

74 二〇代のうちに「私はこれができます」という売り物をつくろう

75 転職も決して悪くない ただし、理由は明確に

76 結婚しても、子どもが生まれても、仕事を続ける信念をもとう

77 キャリアを裏打ちできるなら、資格取得も悪くない

78 同じ会社でない友人の多さが、将来の人生の助けになる

79 起業するなら、手持金より手持時間の多さで考えよう

80 やはり夢は大きく、年収三〇〇〇万円という考え方

第7章 お金とキャリア・まとめの五カ条

第8章 お金と結婚

81 決断は早いほうがいい 一緒に暮らすメリットがいっぱい

82 結婚式は手持金と相談して式よりは新生活にお金をかけよう

83 結婚して半年間は家計がメチャクチャ ここが貧乏生活への分かれ道

84 結婚時に夫婦のお金のルールははっきりさせよう

85 夫も妻も自分名義で貯金する「向こうがやっている」という相手任せはNG

86 子ども、住宅、起業…夢は二人で描いて実現しよう

第8章 お金と結婚・まとめの五カ条

第9章 お金と子ども

87 子育ては夫婦二人の責任 妻任せは一生の不幸だ

88 子どものお金のことはわからない だから遠い将来から先に貯める

89 幼稚園に入るまでがひとつの貯め時

90 家を買うのは「七五三」といわれる理由

91 隣の家は関係ない お受験するなら、サイフと相談する冷静さも

第9章 お金と子ども・まとめの五カ条

第10章 お金と未来

92 二〇代で必ずやっておかなければいけないこと それは「やりたいこと」をみつけること

93 とりあえず一〇〇万円を目標に 入社二年で実現しよう

94 「二倍の法則」で、二六歳で三〇〇万円

95 お金を貯める三つ目の手段 投資にも早いうちに挑戦しよう

96 初めての投資は投資信託の積立で

97 マーケットは長期で成長 投資は長い目で育てる

98 老後資金はとりあえず、公的年金だけでいい

99 自営業者なら、国民年金以外にも老後のための有利な積立が

100 定年は自分で決める、という「自分デザイン」な生き方もいい!

第10章 お金と未来・まとめの五カ条

PR

秀和システム