UMPCハンドブック Windows XP SP3対応

概 要

話題の5万円ミニノートPCを使い倒すためのノウハウが満載の一冊です。EeePCやWind Netbook、Aspire oneといった低価格のミニノート(ネットブック)が様々なメーカーから発売されています。本書は、性能が似通ったネットブックの中から自分にあった製品を選ぶための購入ガイドであり、かつ、ネットブックを便利に使うためのカスタマイズ方法の解説書です。ネットブックを選ぶポイント、アンチウイルスソフトの導入、不要なソフトウェアの削除、アスペクト比の変更、常駐アプリケーションや仮想メモリの設定変更によるシステムドライブの軽量化、SDメモリーをHDDとして使う方法など役立つカスタマイズ手法を実際の操作画面を使って解説します。

著者 鈴木雅博
価格 本体2600円(税別)
ISBN 978-4-7980-2072-3
発売日 2008/10/24
判型 A5
色数 1色
ページ数 560
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 ネットブックの基礎知識

1.1 ネットブックとは

1.1.1 インターネット専用のノートPC

1.1.2 ネットブックが安い理由

1.1.3 ネットブックの正体

1.1.4 ネットブックの歴史

1.1.5 台湾メーカーの影響

1.1.6 ネットブックの心臓部「Intel Atom」

1.1.7 ソフトウェアの巨人Microsoftを動かしたULCPC

1.1.8 ネットブックは第二世代に突入

1.1.9 安いだけでは売れない

1.1.10 デスクトップでも低価格の波は起きるか

1.2 ネットブックを選ぶ

1.2.1 記憶装置で選ぶ

1.2.2 バッテリーで選ぶ

1.2.3 キーボードで選ぶ

1.2.4 液晶で選ぶ

1.2.5 最新機能で選ぶ

1.3 国内未発売のネットブックを輸入する

1.3.1 本体を注文しよう

1.3.2 日本語OSを用意する

1.3.3 英語キーボード仕様に変更する

1.3.4 英語キーボードでの入力方法

Chapter2 使い勝手を改善する

2.1 不要なプリインストールアプリを削除する

2.2 フリーのアンチウイルスソフトを導入する

2.2.1 AVGの入手とインストール

2.2.2 AVGの初期設定

2.2.3 ウイルス検知テストの実行

2.2.4 コンピュータ内のウイルスをスキャンする

2.3 PDFビューワ「Foxit Reader」を導入する

2.3.1 Adobe Reader 8のアンインストール

2.3.2 Foxit Readerの入手とインストール

2.3.3 インターフェイスの日本語化

2.4 音声や動画を再生する

2.4.1 SMPlayerの入手とインストール

2.4.2 インターフェイスの日本語化

2.4.3 SMPlayerの使い方

2.5 SyncToyで手軽にファイルを同期する

2.5.1 .NET Framework 2.0の入手とインストール

2.5.2 SyncToyの入手とインストール

2.5.3 SyncToy 2.0の初期設定

2.5.4 Sync Toy 2.0の使い方

Chapter3 Windows XPのカスタマイズ

3.1 Windows XP Service Pack 3をインストールする

3.1.1 Eee PC 4G-Xへインストールする

3.2 [スタート]メニューとデスクトップアイコンのカスタマイズ

3.2.1 メニューデザインを変更する

3.2.2 [スタート]メニューをカスタマイズする

3.2.3 デスクトップのアイコンサイズを大きくする

3.2.4 タスクバーの表示位置を変更する

3.2.5 タスクバーを必要なときにだけ表示させる

3.3 ボリューム名を変更する

3.4 アスペクト比を変更する

3.5 動作時間をできるだけ延ばす

3.5.1 画面の明るさを抑える

3.5.2 ワイヤレスデバイスをオフにする

3.5.3 使用していないUSB機器は取り外す

3.5.4 パワーマネジメントシステムを使用する

3.5.5 スクリーンセーバーは使わない

3.6 バーチャルデスクトップで画面をもっと広く使う

3.6.1 Desktopsのインストール

3.6.2 Desktopsを使う

3.6.3 現在のデスクトップ番号を確認する

3.6.4 Desktopsを常時起動する

3.6.5 起動時に毎回表示される警告を回避する

3.7 メイリオを導入する

3.7.1 メイリオの入手とインストール

3.7.2 メイリオをUIで利用する

3.7.3 ClearType Tunerで視認性を高める

3.8 ドライブレターを変更する

3.9 SDカードリーダーのアイコンを変更する

3.9.1 SDメモリーカードのアイコンを変更する

3.9.2 アイコンの変更を確認する

3.9.3 ドライブアイコンを元に戻す

3.10 マイドキュメントのパスを変更する

Chapter4 リモートデスクトップとWOL

4.1 リモートデスクトップでメインPCを遠隔操作

4.1.1 リモートデスクトップの基礎知識

4.1.2 リモートデスクトップを有効にする(サーバー側)

4.1.3 ファイアウォールの設定を確認する(サーバー側)

4.1.4 パスワードを設定する(サーバー側)

4.1.5 IPアドレスを確認する(サーバー側)

4.1.6 クライアントを設定する

4.1.7 リモートデスクトップでできること、できないこと

4.1.8 リモートデスクトップをもっと快適に

4.2 UltraVNCでメインPCを遠隔操作

4.2.1 UltraVNCの入手

4.2.2 UltraVNCをインストールする

4.2.3 サーバーを設定する

4.2.4 クライアントからサーバーへ接続する

4.2.5 ファイルを転送する

4.3 Wake On Lanでネットワーク内にある離れたPCの電源を入れる

4.3.1 Wake On Lanの基礎知識

4.3.2 サーバー側の設定

4.3.3 クライアント側の環境整備と設定

4.3.4 外からパソコンの電源を入れたい

Chapter5 システムドライブを軽量化する

5.1 なぜ軽量化が必要か

5.2 軽量化をはじめる前に

5.3 Javaの一時キャッシュを削除する

5.4 インストーラーやドライバのコピーを削除する

5.4.1 Realtekサウンドドライバのインストーラーを削除する

5.4.2 Ralink無線LANドライバを削除する

5.4.3 Synapticsタッチパッドドライバのインストーラーを削除する

5.4.4 Adobe Readerのインストーラーを削除する

5.5 Windows Update関連ファイルを削除する

5.5.1 ダウンロードデータを削除する

5.5.2 アンインストール情報を削除する

5.6 システムの復元の設定を変更する

5.6.1 ディスク領域サイズを変更する

5.6.2 [使用するディスク領域]の最小値を変更する

5.6.3 システムの復元を無効化する

5.7 仮想メモリの設定を変更する

5.7.1 仮想メモリを無効化する

5.7.2 仮想メモリを有効に使う

5.8 デバイスドライバと関連ファイルを整理する

5.8.1 セットアップ情報ファイルを整理する

5.8.2 ドライバフォルダを整理する

5.9 ドライバキャッシュを移動する

5.10 フォントの数を減らす

5.10.1 フォントを削除する

5.10.2 使用しない言語圏のフォントを削除する

5.10.3 リムーバブルディスクへ退避する

5.10.4 削除できないフォントを削除する

5.11 DLLキャッシュを削除する

5.12 Program Filesを別のドライブへ移動する

5.12.1 Program Filesの移動とジャンクション機能

5.12.2 EASEUS Partition Managerのインストール

5.12.3 既存のパーティションを編集する

5.12.4 ジャンクションポイントの作成準備をする

5.12.5 ジャンクションポイントを作成する

5.12.6 退避したアプリケーションを戻す

5.12.7 アプリケーションの起動チェック

5.12.8 ドライブ文字を割り当てる

5.12.9 ドライブ文字の割り当てを解除する

5.13 システムキャッシュを最大限に割り当てる

5.14 レジストリの設定を変更する

5.14.1 カーネルメモリを物理メモリに置く

5.14.2 NTFSの最終アクセス日時の更新を無効にする

5.14.3 スクリーンセーバー時のデフラグを解除する

5.14.4 起動時のデフラグを無効にする

5.14.5 操作履歴の監視を解除する

5.14.6 プリフェッチ機能を設定する

5.14.7 IoPageLockLimitを調節してファイルアクセスを高速化する

5.15 常駐するアプリケーションを減らす

5.15.1 常駐アプリの減らし方

5.15.2 Realtekのサウンド関連のアプリケーション

5.15.3 Adobe Reader関連のアプリケーション

5.16 不必要なサービスを無効化する

5.16.1 サービスを無効化する

5.16.2 無効にしても良いと思われるサービス

Chapter6 システムを最適化する

6.1 RAMDISKを使う

6.1.1 RAMDISKの基礎知識

6.1.2 ERAMの入手とインストール

6.1.3 RAMDISKの容量を増やす

6.1.4 MS-RAMDRIVEへアクセスできない

6.1.5 システムの復元の不具合を修正する

6.1.6 より大きな容量のRAMDISKを作成する

6.1.7 Webブラウザの一時キャッシュをRAMDISKに格納する

6.1.8 システムの一時フォルダをRAMDISKに割り当てる

6.2 SDメモリーカードをHDDとして認識させる

6.2.1 MicroDriveドライバを入手する

6.2.2 cfadisk.infの編集

6.2.3 ドライバを更新する

6.2.4 ドライブレターを元に戻す

6.3 BIOSをアップデートする

6.3.1 Aspire oneまたはWind Netbookの場合

6.3.2 Aspire oneのBIOSをアップデートする

6.3.3 Wind NetbookのBIOSをアップデートする

6.3.4 Eee PCの場合

6.4 UbuntuをUSBメモリーへインストールする

6.4.1 用意するもの

6.4.2 インストールCDを作成する

6.4.3 UbuntuをUSBメモリーへインストールする

6.4.4 Ubuntuを起動する

6.4.5 Ubuntuを終了する

6.5 EWFを使う

6.5.1 EWFとは

6.5.2 Shared Computer Toolkitの入手と注意点

6.5.3 Shared Computer Toolkitのインストール

6.5.4 Shared Computer Toolkitインストール後の設定

6.5.5 EWF専用レジストリの準備

6.5.6 EWFが適用できたか確認する

6.5.7 EWFマネージャーコマンドを使う

6.5.8 EWFを無効化する

6.5.9 バッチファイルでコマンド入力を省く

6.5.10 バッチファイルをスタートアップへ登録する

6.5.11 起動時に修復オプションが表示される

6.6 AHCIモードを使う

6.6.1 必要なファイルの入手とアーカイブの展開

6.6.2 ドライバの更新

6.6.3 BIOSの設定を変更する

Chapter7 ネットブックと周辺機器

7.1 メモリーを交換する

7.1.1 Eee PCのメモリー事情

7.1.2 Aspire one/Wind Netbookのメモリー事情

7.1.3 メモリーの交換作業

7.2 SDHCメモリーカード

7.2.1 SDHCメモリーカードの基礎知識

7.3 ポータブルDVDドライブを導入する

7.3.1 ポータブルDVDドライブの基礎知識

7.4 バックアップ機能付きのポータブルHDDを使う

7.4.1 BUFFALO HD-PSGU2シリーズについて

7.4.2 仮想CD/DVD機能を使用する

7.4.3 登録したCD/DVDイメージからブートする

7.4.4 Acronis True Image LEを起動する

7.4.5 リカバリー用ディスクイメージを作成する

7.4.6 ディスクイメージから復元する

7.5 NASを導入する

7.5.1 NASの基礎知識

7.5.2 ネットワークドライブをマイコンピュータへ割り当てる

7.5.3 PCの共有フォルダを設定する

7.6 無線LAN親機を導入する

7.6.1 無線LANの基礎知識

7.6.2 クライアントマネージャ3でAOSS接続する

7.7 スマートフォンとBluetoothでネットブックを更に快適に使う

7.7.1 スマートフォンの基礎知識

7.7.2 Bluetoothの基礎知識

7.7.3 Bluetooth経由でインターネットへ接続

7.7.4 PANでインターネットに接続する

7.7.5 OS標準のMicrosoftスタックを使用する

7.7.6 DUNでインターネットに接続する

PR

秀和システム