Windows Server 2003/2008コマンド操作ガイド

概 要

Windows Server 2008/2003のコマンドの使い方を解説した操作ガイドです。使用頻度が高い便利なコマンドを重点的に取り上げ、どういった時にどのようなコマンドを使えばよいかを紹介。Windowsの設定を変更するコマンド、レジストリとサービスに関するコマンド、ネットワークを管理・設定するコマンド、ファイルシステム・共有のコマンド、Active Directoryのユーザーアカウントなど各種オブジェクトに関するコマンド、Active Directoryを管理すコマンドなどをわかりやすく解説しています。バッチファイルの基本的な構文も掲載していますので、作業をバッチ化して業務コストのシェイプアップに役立ちます。

著者 井上孝司
価格 本体3200円(税別)
ISBN 978-4-7980-2117-1
発売日 2008/11/12
判型 B5変
色数 1色
ページ数 352
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 コマンド操作の基本

1.1 構文の読み方

1.2 コマンド プロンプトの起動・終了と設定変更

1.3 バッチファイルの基本と、そこで利用可能な各種機能

1.4 OSの環境を環境変数ERRORLEVELに設定

1.5 ユーザー資格情報を指定してコマンドを実行

1.6 リモート ホスト上でコマンドを実行

第2章 システム管理で使用する操作

2.1 Windowsのライセンス認証

2.2 Windowsの自動更新設定

2.3 役割・機能の一覧確認

2.4 役割・機能の追加・削除

2.5 ocsetupのカスタム インストール設定

2.6 システム準備ツールの利用

2.7 PnPデバイスの追加

2.8 PnPデバイスのパッケージ追加

2.9 PnPデバイスの列挙・削除

2.10 停止しているサービスの開始

2.11 動作しているサービスの完全停止

2.12 動作しているサービスの一時停止

2.13 一時停止しているサービスの再開

2.14 システム情報の表示

2.15 プロセスやセッションの一覧表示

2.16 プロセスの強制終了

2.17 プロセス・セッションの操作で使用するフィルタ

2.18 ログオフする

2.19 コンピュータを休止状態に入れる

2.20 コンピュータのシャットダウンと再起動

2.21 インストール済みデバイス ドライバの表示

2.22 ユーザー独自のイベントログを記録

2.23 OSが使用していて上書きできないファイルの書き換え指示

2.24 DLLをシステムに登録

2.25 「前回正常起動時の構成」を保存

2.26 スケジュール設定の追加・変更

2.27 スケジュール設定の実行・停止

2.28 スケジュール設定の一覧表示

2.29 スケジュール設定の削除

2.30 電源設定の一覧と、設定内容の表示

2.31 電源設定の一覧・設定内容・アクティブな設定の表示

2.32 電源設定の追加・削除・選択

2.33 電源設定の複製・GUID確認・削除

2.34 電源設定の内容変更

2.35 電源設定の内容変更

2.36 電源設定のエクスポート・インポート

2.37 電源設定のエクスポート・インポート

2.38 休止状態の有効化・無効化、スリープ設定の確認

2.39 休止状態の有効化・無効化、スリープ設定の確認

2.40 電源設定のオプション設定

2.41 ASR状態ファイルの作成・復元

2.42 boot.iniファイルの設定表示

2.43 boot.iniファイルの、既定のOSと待ち時間設定

2.44 boot.iniファイルのエントリ複製・削除

2.45 boot.iniファイルへのスイッチ追加・削除

2.46 boot.iniファイルの、デバッグ関連設定

第3章 レジストリとサービスの操作

3.1 レジストリ キーの追加・削除

3.2 レジストリ キーのコピー

3.3 レジストリ キーの内容比較

3.4 レジストリ キーのエクスポートとインポート

3.5 レジストリ キーの保存・読み込み・上書き

3.6 レジストリの検索

3.7 レジストリ キーのアンロード

3.8 サービスのキー名を表示

3.9 サービスの表示名を取得

3.10 サービス構成情報の問い合わせ

3.11 サービスの構成変更

3.12 サービスの登録と削除

3.13 サービス構成指示の際に指定できる内容

3.14 サービスに制御コードを送信

3.15 サービスに説明文を設定・表示

3.16 サービスの依存関係一覧を表示

3.17 サービスでエラーが発生した際の挙動設定と、設定内容の確認

3.18 サービス データベースのロック・状態確認・解除

3.19 サービスの種類・状態に関する情報を表示

3.20 サービスのセキュリティ記述子を設定・表示

第4章 ネットワーク関連の操作

4.1 TCP/IPパラメータの設定内容確認

4.2 MACアドレスの確認

4.3 固定TCP/IPパラメータの設定(IPv4)

4.4 TCP/IPパラメータをDHCP自動構成に設定(IPv4)

4.5 DNSサーバ アドレスを設定・削除(IPv6)

4.6 現在のネットワーク設定をスクリプト ファイルに出力

4.7 ネットワーク設定をスクリプト ファイルで構成

4.8 Windowsファイアウォールの状態確認

4.9 Windowsファイアウォールの有効化・無効化

4.10 Windowsファイアウォールのリモート管理設定

4.11 Windowsファイアウォールの着信許可(グループ単位)

4.12 DHCPサーバへのアドレス要求と返納

4.13 DNSリゾルバ キャッシュの情報表示と強制消去

4.14 コンピュータ名の表示

4.15 サーバの説明文を設定

4.16 コンピュータの時刻合わせ

4.17 NTPサーバの指定

4.18 テキスト メッセージの送信

4.19 メッセージ送信に使用する名前の追加

4.20 サイト間メッセージング サービスの追加・削除

4.21 ユーザー アカウントのパスワード関連設定

4.22 WinHTTPプロキシの設定確認・変更

4.23 ダイヤルアップ接続の発呼・切断

4.24 FTPによるファイル送受信

4.25 FTPによるファイル送受信(対話モード)

4.26 TFTPによるファイル送受信

4.27 リモートlpdキューの状態表示

4.28 lpdデーモンに印刷ジョブを送信

4.29 ARPキャッシュの一覧表示

4.30 ARPキャッシュの追加・削除

4.31 DNS名前解決の動作確認(nslookup)

4.32 nslookupのその他の引数

4.33 nslookupコマンドのプロンプトを表示

4.34 ICMPによる応答確認(ping)

4.35 ICMPによる経由ルータ表示(tracert)

4.36 ICMPによる応答確認・経由ルータ表示(pathping)

4.37 経路情報の一覧表示

4.38 経路情報の追加・修正・削除

4.39 NetBIOS名前キャッシュの一覧表示

4.40 NetBIOS名前キャッシュの再構成

4.41 TCP通信のコネクション情報を表示

4.42 イーサネットやTCP/IPの通信統計情報表示

4.43 telnetクライアントの実行

4.44 telnetクライアントの実行(対話モード)

4.45 telnetサーバ機能の開始・終了

4.46 telnetサーバ機能のセッション管理

4.47 telnetサーバ機能のオプション設定変更

第5章 ファイル システムと共有の操作

5.1 フォルダの共有設定

5.2 コンピュータの共有資源一覧表示

5.3 共有機能が動作するコンピュータの一覧表示

5.4 Server/Workstationサービスの構成情報表示

5.5 Server/Workstationサービスの統計情報表示

5.6 サーバをコンピュータ一覧に表示するかどうかの指定

5.7 共有フォルダ・共有プリンタへの接続・切断

5.8 共有フォルダ上の開かれているファイルの確認

5.9 共有フォルダ上の開かれているファイルを強制クローズ

5.10 共有フォルダ・共有プリンタのセッション情報表示

5.11 ファイル/フォルダの所有権取得

5.12 ファイル/フォルダの圧縮・圧縮解除

5.13 ファイル/フォルダの圧縮状況確認

5.14 ファイル システムをNTFSに変換

5.15 デフラグの実行

5.16 ディスクに指定した量の空きがあるかどうかの確認

5.17 NTFSを使用するドライブの検査・修復

5.18 アクセス制御リスト(ACL)の表示・設定変更

5.19 ファイル/フォルダの暗号化・暗号化解除

5.20 ファイル/フォルダの暗号化状況を表示

5.21 暗号化ファイル システムで使用する鍵の管理

5.22 ユーザー セッション自動切断までの待ち時間指定

5.23 印刷ジョブの一覧表示

5.24 印刷ジョブの一時停止・再開・削除

5.25 シャドウ コピー用記憶域の追加・削除・サイズ変更

5.26 シャドウ コピーの作成・削除

5.27 DFSツリーに対する、マッピングやレプリカの設定・解除

第6章 Active Directoryのオブジェクト管理

6.1 LDAP識別名の記述方法

6.2 ユーザー アカウントの追加

6.3 連絡先の追加

6.4 ユーザーと連絡先を追加する際に指定可能な引数

6.5 コンピュータ アカウントの追加

6.6 セキュリティ グループの追加

6.7 配布グループの追加

6.8 グループのメンバー追加

6.9 グループのメンバー削除

6.10 OUの追加

6.11 ユーザー アカウントのプロパティ表示

6.12 連絡先のプロパティ表示

6.13 ユーザーと連絡先のプロパティ表示で指定可能な引数

6.14 コンピュータ アカウントのプロパティ表示

6.15 グループのプロパティ表示

6.16 OUのプロパティ表示

6.17 ユーザー アカウントのプロパティ変更

6.18 ユーザー アカウントのパスワード設定

6.19 連絡先のプロパティ変更

6.20 ユーザーと連絡先のプロパティ変更で指定可能な引数

6.21 コンピュータ アカウントのプロパティ変更

6.22 コンピュータ アカウントのリセット

6.23 グループのプロパティ変更

6.24 OUのプロパティ変更

6.25 ユーザー アカウントの検索

6.26 連絡先の検索

6.27 コンピュータ アカウントの検索

6.28 グループの検索

6.29 OUの検索

6.30 オブジェクトの移動と名前変更

6.31 オブジェクトの削除

6.32 Active Directoryのオブジェクト情報エクスポート

6.33 Active Directoryのオブジェクト情報インポート

6.34 ログオン中のユーザーに関する情報確認

6.35 ユーザー アカウントの作成場所指定

6.36 コンピュータ アカウントの作成場所指定

第7章 Active Directory自体の管理

7.1 Active Directoryの構成

7.2 ドメイン コントローラのプロパティ表示

7.3 ドメイン コントローラのプロパティ変更

7.4 ドメイン コントローラの検索

7.5 サイトのプロパティ表示

7.6 サイトの検索

7.7 サブネットのプロパティ表示

7.8 サブネットの検索

7.9 既定GPOの初期状態復元

7.10 Active Directoryデータベースのデフラグ

7.11 Active Directoryデータベースの復旧

7.12 Active Directoryデータベースの整合性検査

7.13 Active Directoryデータベースのチェックサム計算

7.14 Active Directoryデータベースの修復

7.15 Active Directoryデータベースのダンプ出力

7.16 ポリシーの結果セット作成

7.17 グループ ポリシー設定の強制更新

7.18 Active Directoryの保守作業

7.18.1 データベース管理

7.18.2 オブジェクトのクリーンアップ

7.18.3 操作マスタの設定

7.18.4 復元

7.18.5 設定管理

7.18.6 ドメインの作成準備

7.18.7 SAMデータベース管理

7.18.8 セマンティック データベースの検査

7.19 ディレクトリ サービス復元モードのパスワード変更

7.20 ポリシー テンプレートのエクスポート・インポート

7.21 ポリシー テンプレートの分析・検証

7.22 ポリシー テンプレートによる構成とロールバック

7.23 seceditコマンドの共通オプション

7.24 コンピュータをActive Directoryに参加・離脱

7.25 コンピュータ名の変更

7.26 ドメイン コントローラの名前変更

7.27 コンピュータをドメイン間で移動

7.28 ドメインの情報を照会

7.29 信頼関係の設定・管理

7.30 セキュリティで保護された接続の確認・リセット

第8章 ターミナル サービスの操作

8.1 クライアントの起動

8.2 クライアント設定ファイルの編集・変換

8.3 セッション ログオン設定の確認と変更

8.4 COMポートへのデバイス割り当て

8.5 インストール モードの変更

8.6 セッション終了とログオフ

8.7 ユーザー プロファイルの消去

8.8 ユーザー プロファイルの更新・コピー・検索

8.9 一時ディレクトリの情報確認・有効化・無効化

8.10 ターミナル サーバのシャットダウン

8.11 ターミナル サービスのプロセス情報表示

8.12 ターミナル サービスのプロセス強制終了

8.13 ターミナル サービスのセッション情報表示

8.14 ターミナル サービスのユーザー情報表示

8.15 ユーザー セッションの接続・切断

8.16 ターミナル サービスへのプログラム登録

8.17 セッション サブシステムが利用するハード/ソフトの初期化

PR

秀和システム