図解入門ビジネス 最新 環境経済学の基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

「環境経済学」をはじめて学ぶすべての学生・社会人に最適の1冊!温暖化対策として排出量取引や環境税などが注目を集めていますが、これらは環境経済学の分野で誕生したものです。 環境問題の多くは経済と密接な関わりをもっています。環境はタダでは守れません。しかし、環境を守ることは企業の利益に直接的にはつながりません。いったいどうしたらいいのでしょうか? 環境経済学はこうした環境問題の背後にある経済のしくみを分析することで、問題の原因を究明し、持続可能な社会を実現するための具体的な解決策を提示します。多数の図表を用いながら、環境経済学をこれまでになく平易に解説した入門書。

著者 栗山浩一
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2141-6
発売日 2008/12/10
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 環境と経済の関係

1-1 経済発展と環境問題

1-2 温暖化問題と経済

1-3 ゴミ問題と経済

1-4 環境経済学とは

コラム 再生紙の偽装問題

第2章 環境経済学の基礎

2-1 市場メカニズムとは

2-2 需要と供給の関係

2-3 環境問題と市場の失敗

コラム 熱帯林はなぜ減少しているのか?

第3章 環境政策と環境経済学

3-1 環境規制とは

3-2 環境訴訟とは

3-3 環境税とは

3-4 排出量取引とは

コラム 映画『エリン・ブロコビッチ』

第4章 地球温暖化問題

4-1 地球温暖化の影響とは

4-2 京都議定書とは

4-3 温暖化と環境税

4-4 温暖化と排出量取引

4-5 ポスト京都議定書

コラム 中国の温暖化問題

第5章 ゴミ問題とリサイクル

5-1 ゴミ問題とは

5-2 容器包装リサイクル法

5-3 家電リサイクル法

5-4 不法投棄問題

5-5 ゴミ有料化

コラム レジ袋の有料化

第6章 消費者と環境問題

6-1 消費者と環境問題の関係

6-2 ライフスタイルと環境問題

6-3 環境意識と環境行動

6-4 環境行動をとらない理由

6-5 エコ製品と環境ラベル

コラム LOHAS(ロハス、健康と環境を志向するライフスタイル)

第7章 企業と環境問題

7-1 企業と環境問題の関係

7-2 環境経営と環境マネジメントシステム

7-3 ライフサイクルアセスメント

7-4 環境会計

7-5 社会的責任投資

コラム 環境格付け

第8章 環境の価値評価

8-1 環境の価値とは

8-2 支払意思額とは

8-3 環境評価手法とは

8-4 市場データによる評価

8-5 表明データによる評価

コラム CVMをめぐる論争

第9章 環境対策の評価

9-1 公共事業の評価

9-2 環境規制の評価

9-3 環境訴訟と環境評価

9-4 環境リスクの評価

9-5 環境経営の評価

コラム 投資家から見た環境経営の評価

第10章 持続可能な発展

10-1 持続可能な発展とは

10-2 経済成長と環境保全

10-3 国際貿易と環境

10-4 持続可能な社会を実現するには

コラム 持続可能な発展の指標

PR

秀和システム