技あり! ビジネスフォト撮影&編集術

概 要

素人でもプロ並みの商品撮影をする知識やコツを、わかりやすく図解で説明した解説書です。商品撮影といえば、かつてはプロのカメラマンやデザイナーの仕事でしたが、デジカメと画像加工ソフトの普及により素人でもプロ並みの商品撮影ができるようになりました。そこで本書では、カタログやネットショップ用の商品撮影に必要な基礎知識から、デジタルカメラ選びのポイント、おすすめの画像加工ソフト、商品を立体的に見せるポイント、食材を美味しそうに撮るためのコツ、ブレを防ぐ方法、露出補正操作、ピントを素早く合わせる方法、画像加工ソフト「Photoshop Elements」の使い方までフルカラーの図版を使って解りやすく解説しています。

著者 久門易
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2142-3
発売日 2008/12/19
判型 B5変
色数 4色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

1 ビジネスフォトの基礎知識

1-01 大まかな流れをつかもう!

1-02 イメージの作り方で何が変わる?

1-03 写真のイメージはこう作る!

1-04 携帯カメラでも使えますが…。

1-05 編集ソフトは、何がよい?

1-06 「画素数」や「解像度」を誤解していませんか?

2 イメージはこう作る

2-01 プロフィール用の顔写真を撮る。

2-02 人物やファッションを撮る。

2-03 平置きで、服をキレイに見せる。

2-04 食材のおいしさを伝える。

2-05 料理・食品を撮る。

2-06 料理をおいしそうに撮る。

2-07 小物撮影の基本。

2-08 小物をよりよく見せる。

2-09 時計の質感を写す。

2-10 小さなジュエリーの質感を写す。

2-11 アクセサリーを白地で写す。

2-12 建築の外観を撮る。

2-13 インテリアを撮る。

2-14 鏡と窓の見せ方。

2-15 夜景を撮る。

2-16 夜の建築を撮る。

2-17 花を撮る。

2-18 フラワーアレンジを撮る。

2-19 透明感を表現する。

2-20 立体感を表現する。

2-21 光沢感を表現する。

2-22 輝きを表現する。

2-23 動きを表現する。

3 カメラの操作はこれだけでOK!

3-01 AUTOを卒業しよう!

3-02 縦位置と横位置、どう使い分ける?

3-03 失敗写真の最大原因「ブレ」を防ぐ。

3-04 ピントばっちりで写す。

3-05 ストレスなくピントを合わせる。

3-06 カメラで明るさを調整する。

3-07 白さ・黒さを表現する。

3-08 カメラで色を調整する。

3-09 色を自由に表現する。

3-10 プロっぽく見せるコツ。

3-11 簡単に印象よく撮るコツ。

3-12 背景や前景のボケ方を変える。

3-13 画像サイズと画質モードの設定。

3-14 色の設定とヒストグラム。

3-15 暗い場所でキレイに写すコツ。

4 Photoshop自由自在

4-01 ここから始める。

4-02 画像データを保存する。

4-03 画像編集をカンタンに始める。

4-04 作業のやり直しはこうする!

4-05 作業効率を高める。

4-06 写真のサイズを変える。

4-07 解像度と画素数を変更する。

4-08 画面の一部を切り取る。

4-09 編集する範囲を指定する「選択範囲」を作る(1)。

4-10 編集する範囲を指定する「選択範囲」を作る(2)。

4-11 編集する範囲を指定する「選択範囲」を作る(3)。

4-12 編集する範囲を指定する「選択範囲」を作る(4)。

4-13 選択範囲を使った応用例。

4-14 簡単に明るさと色を調整する。

4-15 明るさ(暗さ)を修正する。

4-16 明るさ・暗さを部分的に調整する。

4-17 画面全体の色を変える。

4-18 色を変える、面白コマンド。

4-19 色を思い通りに変える。

4-20 色を変えるには?

4-21 ゆがんだ形をキレイに修整する。

4-22 形を極端に変える。

4-23 画像をシャープにする、ボカす。

4-24 傷・ゴミを修整する。

4-25 背景を作り、自由に描く。

4-26 合成写真の秘訣は「レイヤー」にあり!

4-27 簡単に自然に合成する。

4-28 文字をデザイン的に入れる。

4-29 レイヤー使いこなしのポイント。

5 写真を活用する

5-01 写真をスマートに整理する(1)。

5-02 写真をスマートに整理する(2)。

5-03 写真のデータをeメールに添付して送る。

5-04 Microsoft Officeで写真を使う(1)。

5-05 Microsoft Officeで写真を使う(2)。

5-06 Microsoft Officeで写真を使う(3)。

5-07 スライドショーを作る。

5-08 Photoshopでプリントを作る。

5-09 写真を公開する。

6 トラブルシューティング

6-01 トラブルシューティング(カメラ編)。

6-02 トラブルシューティング(パソコン編)。

PR

秀和システム