Windows Server 2008 パーフェクトマスター

概 要

マイクロソフトのサーバOS、Windows Server 2008の全操作・全機能を紹介するフルカラー全機能解説書です。Windows Server 2008のインストールから、ローカルユーザー登録、Active Directoryの導入と設定、セキュリティポリシーの設定、ファイルサーバーやIIS7.0、メールサーバ、FTPサーバ、ストリーミングメディアサーバ(Windows Mediaサービス)のインストールと設定手順、Hyper-Vの機能や使い方、サーバのバックアップやハードウェア増設などのメンテナンス手法、システム管理者向けのコマンドシェル環境「PowerShell」や仮想化技術「Hyper-v」まで、基本操作から便利なテクニックまでを詳細に解説しています。

著者 野田ユウキ&アンカー・プロ
価格 本体3000円(税別)
ISBN 978-4-7980-2152-2
発売日 2008/12/25
判型 B5変
色数 4色
ページ数 736
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

●Chapter 1 Windows Server 2008を知るキーワード

1.1 ●Windows Server 2008のアウトライン

1.1.1 Windowsサーバー

Windowsサーバーの使い方

1.1.2 Windows Server 2008の概要

管理ツール

Server Core

Windows PowerShell

Hyper-V

Active Directoryの改良

1.1.3 Windows Server 2008の種類

ラインナップ

必要なシステム

1.2 ●Active Directory

1.2.1 ディレクトリサービスとは

1.2.2 Active Directoryドメインサービス

LDAP

コラム UNC

コラム .NET Framework

1.3 ●IIS 7.0

1.3.1 IIS 7.0 45

Windows Web Server 2008 45

IISの互換性

IISマネージャ

1.4 ●Server Core

1.4.1 Server Coreの構成

Server Coreがサポートする役割と機能

Server Coreデスクトップ

コラム ライセンス認証

1.5 ●Hyper-V

1.5.1 Hyper-V

Hyper-Vによる仮想化

Hyper-V同梱のWindows Server 2008

制約

コラム サブネットマスク

1.6 ●Windows Server 2008の管理ツール

1.6.1 サーバーマネージャの機能

役割と機能

役割をインストールする

1.6.2 初期設定タスク

1.7 ●PowerShell

1.7.1 PowerShell

Graphical Windows PowerShell

コマンドレット

コラム WMI

コラム Windows Mediaメタファイルの拡張子

コラム コントロールパネルの項目検索

●Chapter 2 Windows Server 2008の導入から運用準備まで

2.1 ●Windows Server 2008のインストール

2.1.1 新規インストール

Windows Server 2008を新規インストールする

2.1.2 ドメインコントローラのアップグレード

Windows Server 2008にアップグレードする

2.1.3 クライアントアクセスライセンス

Windows Server 2008に必要なライセンス

サーバーライセンス

CAL

コラム ライセンス認証の手続き

コラム 日本語では「メール」、フランス語では「クーリエル」

コラム Active Directoryの構成要素

2.2 ●ローカルユーザーの登録

2.2.1 ローカルユーザーとドメインユーザー

ローカルユーザーアカウントを作成する

ユーザーをグループのメンバにする

2.3 ●ローカルコンピュータのログオン/シャットダウン

2.3.1 Windows Server 2008にログオンする

ローカルログオンする

2.3.2 ログオフとシャットダウン

ログオフ/ロックする

シャットダウン/再起動

コラム 「展開する」とは

2.4 ●初期構成タスクでコンピュータ名を変更する

2.4.1 コンピュータ名の変更

コンピュータ名を変更する

2.4.2 初期設定タスク

2.5 ●静的IPアドレスの設定

2.5.1 IPアドレス

IPv4

IPv6

2.5.2 現在のIPアドレスを知る

ipconfigコマンドを使う

2.5.3 静的IPアドレスを設定する

静的IPアドレス(IPv4)を設定する

2.6 ●DNSサーバーの構成

2.6.1 DNSサーバーの構成

DNSサーバー

ドメイン名のレベル

DNSの名前空間

名前解決

前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーン

2.6.2 DNSサーバーのインストール

DNSサーバーをインストールする

2.7 ●ネットワークマネージャによるサービス管理

2.7.1 DHCPサーバーのインストール

DHCPサーバー

DHCPサーバーをインストールする

コラム サーバーの役割

コラム UPN

2.8 ●Active Directoryなしのネットワーク運用

2.8.1 ワークグループ

Active Directory非導入

Active Directoryドメインサービスを使わないデータ共有

2.8.2 ワークグループの設定

Guestアカウントをオンにする

共有フォルダを設定する

ローカルグループ

ドメインからワークグループに参加する

2.8.3 クライアントからワークグループに参加する

Vistaからワークグループにアクセスする

●Chapter3 Active Directoryの基本と構成

3.1 ●Active Directoryドメインサービスの特徴

3.1.1 Acitve Directoryドメインサービスの概要

Active Directoryドメインサービスが提供可能な情報

ドメインコントローラ(DC)

Active Directoryドメインサービスのグループポリシー

3.1.2 Acitve Directoryドメインサービスの構造

Active Directoryドメインの"ドメイン"

フォレスト

ドメインモデル

コラム ドメイン名の名前空間

3.2 ●Active Directoryドメインサービスの導入

3.2.1 Active Directoryドメインサービス導入前の検討

準備段階

サーバースペックの検討

ドメインコントローラの台数の検討

コラム DC以外のサーバーの検討

3.2.2 ドメインコントローラにする前に修正プログラムを適用

修正プログラムをインストールする

コラム ポップアップを非表示にする

3.2.3 Active Directoryドメインサービスのインストール

AD DSの役割を追加する

3.2.4 DCインストールの4パターン

フォレスト/ドメインとDCの追加

3.2.5 DCPROMO

DCPROMOの流れ

コラム SYSVOLフォルダ

コラム ドメインコントローラのバックアップ

3.2.6 従来のドメインにDCを追加する

従来のDCをアップグレードする

既存のフォレスト/ドメインにDCを追加する

3.2.6 新規にActive Directoryドメインサービスを構成する

新規にDCを構成する

3.3 ●Active Directoryドメインサービスの運用

3.3.1 Active Directoryが管理するオブジェクト

Active Directoryオブジェクト

コンテナ

識別名

3.3.2 ユーザーの登録

ユーザーアカウントを登録する

3.3.3 グループ

セキュリティグループと配布グループ

グループのスコープ

グループを作成する

3.3.4 コンピュータの登録

あらかじめComputersコンテナに登録する

3.3.5 グループにメンバを登録する

グループのメンバにユーザーアカウントを追加する

コラム ビルトイングループ

コラム Windows Server 2003の機能レベルとの差

3.4 ●OUで管理する

3.4.1 OUコンテナオブジェクトの追加

OUを追加する

3.4.2 OU管理制御の委任

OUの管理権限を委任する

3.5 ●Active Directoryドメインサービスへのログオン

3.5.1 Active Directoryドメインサービスへのログオン

Vistaからログオンする

コラム SMB 2.0 164

XPからログオンする

3.5.2 WindowsクライアントからActive Directoryオブジェクトを検索する

Vistaでオブジェクトを検索する

3.5.3 Mac OS XからActive Directoryオブジェクトを検索する

ディレクトリユーティリティで設定する

ディレクトリで検索する

コラム Mac OS XからActive Directoryにログオンする

●Chapter4 Active Directoryの強化と管理

4.1 ●DNSの強化と管理

4.1.1 Active Directory統合ゾーンモード

Active Directory統合設定を変更する

4.1.2 ゾーン設定

前方参照ゾーンにAレコードを追加する

コラム ゾーンのレコード

逆引きゾーンを設定する

4.1.3 SRVレコードの登録

SRVレコードを追加する

4.1.4 DNSのテスト

nslookupでテストする

監視タブでテストする

4.2 ●読み取り専用DC(RODC)

4.2.1 RODCを構成する

RODCとは

RODCを追加する

RODCを設定する

4.3 ●Active Directory構成を変更する

4.3.1 機能レベルの変更

機能レベル

機能レベルを上げる

4.3.2 ドメインコントローラのプロパティの変更

グローバルカタログ

DCをGCサーバーにする

4.3.3 ドメインコントローラの降格

DCを降格させる

4.3.4 操作マスタ

FMSOの機能

操作マスタを移動する

4.4 ●ユーザーアカウントを管理する

4.4.1 ユーザーアカウントのプロパティ

ユーザープロパティ情報を追加/変更する

4.4.2 ユーザーアカウントの管理

パスワードをリセットする

アカウントの有効/無効を変更する

4.4.3 移動ユーザープロファイル

移動ユーザープロファイル

ホームフォルダ

移動ユーザープロファイルとホームフォルダを設定する

コラム Active Directoryに共有フォルダを追加する

4.5 ●サイトを作成する

4.5.1 サイトのトラフィック制御

4.5.2 サイトを作成する

4.6 ●ユーザーアカウントを一括登録する

4.6.1 コマンドラインでユーザー登録

dsaddコマンドでユーザーを追加する

4.6.2 Excelを利用してユーザーを登録する

ExcelでCSV形式のユーザーアカウントファイルを作る

CSVファイルをインポートする

●Chapter 5 ポリシーとセキュリティ

5.1 ●ポリシーとGPOについて知る

5.1.1 グループポリシーとローカルセキュリティポリシー

グループポリシー

ローカルセキュリティポリシー

5.1.2 GPO

GPOを作成する

GPOのリンクを設定する

スターターGPOを作成する

5.1.3 グループポリシーの設定

グループポリシーの項目を検索して設定する

5.1.4 グループポリシーの継承と上書き

リンクしているGPOの優先順を設定する

5.2 ●グループポリシーでアプリケーションのインストールを制御する

5.2.1 ソフトウェアインストール

ソフトウェア配布の4形態

Officeのソフトウェアインストールを設定する

5.2.2 ソフトウェアの削除

ソフトウェアインストールしたソフトを削除する

5.3 ●グループポリシーでアプリケーションの使用を制限する

5.3.1 ソフトウェアの制限ポリシー

クライアントのアプリケーション使用を制限する

5.4 ●グループポリシーでユーザーのIEを管理する

5.4.1 Internet Explorerのメンテナンス

ユーザーのIEのコンテンツ規則を制御する

ユーザーのIEのお気に入りをカスタマイズする

5.5 ●セキュリティポリシーを設定する

5.5.1 パスワードポリシー

パスワードポリシーの内容

グループポリシーでパスワードポリシーを設定する

パスワードの長さを設定する

パスワードの変更禁止期間を設定する

パスワードの有効期間を設定する

パスワードの履歴を記録する

パスワードは要求する複雑さを満たす

暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する

5.5.2 アカウントロックアウトポリシー

アカウントロックポリシーの内容

グループポリシーでアカウントロックアウトを設定する

アカウントのロックアウトのしきい値

ロックアウトカウンタのリセットを設定する

ロックアウト期間を設定する

バランスよく強力なアカウントロックポリシー

アカウントロックアウトを解除する

5.5.3 PSOを使った細かいパスワードポリシー設定

PSOを作成する

PSOをセキュリティグループにリンクする

5.6 ●セキュリティ構成ウィザードでセキュリティポリシーを設定する

5.6.1 セキュリティの構成ウィザード

セキュリティの構成ウィザードを実行する

5.7 ●Windowsのファイアウォールを設定する

5.7.1 Windowsファイアウォール

ファイアウォール

Windowsファイアウォールを設定する

5.7.2 セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール

受信/送信の規則を変更する

規則を新規に作成する

5.8 ●暗号化でセキュリティを強化する

5.8.1 ファイルやフォルダの暗号化

EFSでファイルやフォルダを暗号化する

5.9 ●悪意あるファイルの実行を防止する

5.9.1 データ防止

データ実行防止機能を設定する

5.9.2 DEPによってプログラムが閉じたら

●Chapter 6 ファイルサーバー

6.1 ●ファイルサーバーの役割をインストールする

6.1.1 ファイルサーバーの役割

6.1.2 ファイルサーバーの構成

ファイルサーバーを構成する

6.2 ●共有フォルダの設定

6.2.1 SMBとNFS

SMBによるファイル共有

6.2.2 共有のアクセス許可

共有のアクセス許可とNTFSアクセス許可

ファイルの共有ダイアログボックスを使って共有のアクセス許可を設定する

コラム 管理共有

6.2.3 NTFSアクセス許可

ウィザードで共有フォルダを設定する

NTFSアクセス許可を設定する

コラム ローカルアクセスにセキュリティを設定する

6.3 ●ファイルやフォルダの監査

6.3.1 監査ポリシー

監査可能なイベントカテゴリ

監査の継承

監査ポリシーを定義する

6.3.2 監査エントリの追加

共有フォルダに監査を設定する

6.3.3 監査の表示

イベントログを表示する

6.4 ●別ドライブをフォルダとして連結する

6.4.1 マウントされたボリューム

リバースポイントを作成する

6.4.2 シンボリックリンク

シンボリックリンクを作成する

コラム シンボリックリンク情報の表示

6.5 ●異なるサーバーの共有フォルダをまとめる

6.5.1 分散ファイルシステム

分散ファイルシステム

DFSサーバーを設定する

DFSリンクを追加する

コラム クラスタ

6.6 ●ディスクの使用量を制限する

6.6.1 クォータ

テンプレートを使ってクォータを作成する

6.7 ●ディスク使用状況のレポートを作成する

6.7.1 現在のディスクの状況を知る

レポートをいますぐ生成する

6.7.2 新しいレポートのタスクのスケジュール

レポートタスクをスケジュールする

6.8 ●削除した共有ファイルを復活させる

6.8.1 シャドウコピー

シャドウコピーを設定する

6.8.2 以前のバージョン

削除した共有ファイルを復活させる

6.9 ●特定の拡張子のファイルを保存されるのを防ぐ

6.9.1 ファイルスクリーン

ファイルグループを定義する

ファイルスクリーンテンプレートを作成する

ファイルスクリーンテンプレートの作成ダイアログの設定項目

ファイルスクリーンを作成する

ファイルスクリーン例外を作成する

6.10 ●プリンタを共有する

6.10.1 プリンタのインストール

プリンタを追加する

テスト印字する

6.10.2 共有プリンタのセキュリティ

プリンタを共有する

プリンタのアクセス許可を変更する

6.10.3 共有プリンタとActive Directoryドメインサービス

共有プリンタをActive Directoryドメインサービスに登録する

6.11 ●オフライン時でもネットワーク上のファイルを使う

6.11.1 オフラインファイル

オフラインファイル用にサーバーを設定する

常にオフラインで使用する

6.11.2 ファイルの同期

ファイルを同期させる

同期させるスケジュールを設定する

6.12 ●ユーザーの特別なフォルダをサーバーに作成する

6.12.1 フォルダリダイレクトの設定

フォルダリダイレクトにマイドキュメントを設定する

●Chapter 7 Webサーバー

7.1 ●IIS7.0をインストールする

7.1.1 IIS7.0 363

IIS7.0のポイント

7.1.2 Webサービスのインストール

IISをインストールする

7.1.3 Webサーバーを確認する

デフォルトのWebページを表示する

コラム ストリームコンテンツのWebページの貼り付け方

コラム IPアドレス

コラム システムプロパティへのキーボードショートカット

7.2 ●Webサイトのホームディレクトリを変更する

7.2.1 ホームディレクトリ

ホームディレクトリを変更する

コラム グループポリシーオブジェクトエディタを起動する

7.2.2 ホームページ

ホームページを作成する

コラム IME2007 371

ホームページを表示する

7.2.3 エイリアスレコードの追加

DNSにWebサイトのエイリアスを登録する

コラム HTTP圧縮

7.3 ●仮想ディレクトリを作成する

7.3.1 仮想ディレクトリ

エイリアス

仮想ディレクトリを設定する

「~(ユーザー名)」のユーザーディレクトリを作成する

コラム IIS7.0のASPサポートを有効にするには

コラム マウントポイント

7.4 ●Webアクセスログを記録する

7.4.1 Webアクセスログ

Webサイトのログを設定する

特定のディレクトリのログ収集を無効にする

Webサイトのログを見る

7.4.2 Webアクセスログの解析

Webログの解析ソフト

7.5 ●デフォルトインデックスを追加する

7.5.1 既定のドキュメント

既定のドキュメントにstart.htmを追加する

7.5.2 既定のドキュメントの無効とディレクトリの参照

既定のドキュメントを無効にする

ディレクトリの参照を有効にする

7.6 ●限定Webサイトを作成する

7.6.1 認証とアクセス制御

基本認証で限定Webサイトを設定する

限定サイトにアクセスする

コラム IPv4アドレスやドメイン名でアクセスを制限する

7.7 ●仮想サーバーを作成する

7.7.1 仮想サーバー

仮想サーバーのための変更ポイント

7.7.2 1つのIPで複数のWebサイトを構築する

DNSにドメインを追加する

コラム Boot.iniファイルの編集

ゾーンファイルにレコードを追加する

仮想サーバーにWebサイトを追加する

7.7.3 プロトコルの異なるサイトにバインドを追加する

バインドを追加する

コラム 「Default Web Site」を変更する

7.8 ●Webエラーメッセージを変更する

7.8.1 サーバーエラー

HTTPエラーメッセージをカスタマイズする

7.9 ●SSLやTSLを設定する

7.9.1 SSLとTLS

CA

証明書の要求ファイルを作成する

公的CAにサーバー証明書を要求する

サーバー証明書をインストールする

SSLを有効にする

独自の証明書

証明書サービスをインストールする

コラム SSLサイトへアクセス

7.10 ●リクエストを別のサーバーに送る

7.10.1 HTTPリダイレクト

コラム GUIかCUIか

HTTPリダイレクトを設定する

7.11 ●Webサーバーを安定させる

7.11.1 アプリケーションプール

ワーカープロセス分離モード

アプリケーションプールを追加する

アプリケーションプールに割り当てる

コラム ワーカープロセスを確認する

コラム 回復コンソール

7.12 ●インターネットアプリを設定する

7.12.1 CGI

EXEタイプのCGIを許可する

7.12.2 FastCGI+PHP

FastCGI

PHPをインストールする

PHPをFastCGIにマッピングする

PHPスクリプトを実行する

コラム ASPの実行

コラム オーバーヘッドとは

●Chapter 8 メールとFTP

8.1 ●SMTPサーバーを設定する

8.1.1 SMTPサーバー

SMTPサーバーを設定する

8.1.2 SMTPサーバーの配信処理

SMTP仮想サーバーへの接続を制御する

メールの中継を制限する

8.2 ●Exchange 2007を設定する

8.2.1 Exchage 2007 SP1のインストール

Exchange 2007の要件とインストールウィザード

8.2.2 Postmaster

Postmasterを作成する

8.2.3 メールサーバーのDNSへの登録

MXレコードを追加する

8.3 ●Exchangeにメールボックスを作成する

8.3.1 メールボックス

ユーザーのメールボックスを作成する

8.3.2 メールボックス格納域の制限

メールボックスデータベースの格納域の制限を設定する

個人のメールボックスの格納域の制限を設定する

8.3.3 メールフローの設定

メールフローの設定をする

8.4 ●メンバに電子メールをまとめて送信する

8.4.1 ユニバーサル配布グループの作成

ユニバーサル配布グループを作成する

8.4.2 配布グループの新規作成

Exchangeの配布グループを新規作成する

8.4.3 動的配布グループ

動的配布グループを新規作成する

8.5 ●OutlookでExchangeからメールを受信する

8.5.1 Outlook 2007でExchangeへ接続する

Exchangeに自動接続する

8.5.2 グローバルアドレス一覧とアドレス一覧

OutlookでExchangeのアドレス一覧を使う

8.6 ●FTPサーバーを構成する

8.6.1 FTPサーバー

FTPサーバーを設定する

8.6.2 FTPへのアクセスを制限する

コラム FTP7.0 475

特定のユーザーだけが利用できるFTPサイトにする

8.6.3 anonymousFTP

anonymousFTPに設定する

8.6.4 FTPサービスの開始

FTPサービスを開始する

8.7 ●ホームページにFTPを設定する

8.7.1 FTPの仮想ディレクトリ

FTPの仮想ディレクトリにWebホームフォルダを設定する

8.8 ●FTPサービスを利用する

8.8.1 FTPサービスを利用する

FTPクライアントソフトを利用する

コマンドプロンプトでFTPを利用する

コラム IISのデータをバックアップするには

コラム IPP

コラム 「%Systemroot%」とは

●Chapter 9 ストリーミングメディアサーバー

9.1 ●ストリーミングメディアサービスのインストール

9.1.1 Windows Mediaサービス

Mediaサービスをインストールする

コラム デスクトップエクスペリエンス

9.2 ●Mediaサーバーからストリーミングメディアを配信する

9.2.1 ストリーミング配信

Mediaサービスの関連サーバー

ブロードキャストとオンデマンド

9.2.2 公開ポイント

公開ポイントを追加する

公開ポイントをアナウンスする

9.2.3 Windows Mediaサービスコンソール

公開ポイントの詳細を設定する

9.3 ●再生リストを設定する

9.3.1 再生リスト

再生リストエディタ

再生リストを変更する

9.3.2 SMIL

要素と属性、値の関係

再生リストの要素

mediaの要素

seqの要素

switchの要素

exclの要素

priorityClassの要素

clientDataの要素

9.4 ●広告を追加する

9.4.1 ラッピング広告

ラッピング再生ウィザードでリスト作成する

9.4.2 スポット広告

スポット広告を追加する

9.4.3 バナー広告

バナー広告を追加する

9.5 ●ログを記録する

9.5.1 WMSクライアントログの記録

WMSクライアントログのプロパティを設定する

コラム MMS

コラム Media Playerでストリームコンテンツを視聴する

9.6 ●ストリーミングコンテンツを制作する

9.6.1 動画コンテンツの制作

キャプチャ

オーサリング

Windowsムービーメーカーのムービー編集

WMVファイルムービーを発行する

コラム エンコードとデコード

9.6.2 PowerPointコンテンツの制作

Producer

PowerPointデータをストリーミングコンテンツにする

9.7 ●Webサーバーでストリーミングコンテンツを配信する

9.7.1 HTTPによるストリーミング

MIMEタイプを設定する

9.7.2 ストリーミングメタファイル

HTTPアクセス用のメタファイルを作成する

9.7.3 ページ内にストリームコンテンツを埋め込む

Webページにストリーミングコンテンツを埋め込む

●Chapter 10 仮想化と仮想マシン

10.1 ●Hyper-Vをインストールする

10.1.1 Hyper-V

Hyper-Vの特徴

10.1.2 Hyper-Vのインストール

Hyper-Vのインストール要件

Hyper-Vをインストールする

コラム Hyper-Vで実行できる仮想インスタンスの数

10.2 ●Hyper-VゲストOSを構成する

10.2.1 ゲストOS

仮想マシンを新規作成する

10.2.2 統合サービス

統合サービスのインストール

コラム Hyper-V

10.3 ●仮想マシンの基本操作

10.3.1 Hyper-Vマネージャ

仮想マシンを起動する

仮想マシンをシャットダウンする

10.3.2 ゲストOSが古いWindowsの場合

マウスを解放する

コラム Windows Vistaから仮想マシンに接続する

10.4 ●Hyper-Vで仮想マシンを設定する

10.4.1 Hyper-Vの設定

Hyper-Vの設定を変更する

コラム 仮想ネットワーク

10.4.2 仮想マシンの設定

仮想マシンを設定する

10.5 ●仮想マシンの状態を保存する

10.5.1 仮想マシンの保存

仮想マシンを保存する

保存されている仮想マシンを起動する

10.5.2 スナップショット

スナップショットを保存する

過去のスナップショットを適用する

10.6 ●Linuxを仮想マシンにインストールする

10.6.1 SUSE Linuxを仮想マシンにする

ダウンロード

SUSE Linuxを仮想マシンに追加する

SUSE Linuxをインストールする

コラム Server CoreでHyper-Vをインストールする

10.7 ●Windows Server 2008上でUbuntuを動かす

10.7.1 VMWare Player

VMWare Playerをインストールする

VMWare Playerを起動する

仮想アプライアンスをダウンロードする

10.7.2 VMWare Playerで仮想マシンを開く

Ubuntuの仮想アプライアンスを開く

●Chapter 11 サーバーとクライアントの管理

11.1 ●リモートデスクトップ接続でサーバーを管理する

11.1.1 リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップ接続を許可する

クライアントからリモートデスクトップで接続する

11.2 ●ターミナルサービスで管理する

11.2.1 ターミナルサービスの役割

ターミナルサービス

ターミナルサービスを追加する

11.2.2 TS RemoteApp

RemoteAppプログラムを追加する

クライアント用のWindowsインストーラパッケージを作成する

11.2.3 RemoteAppプログラムの利用

クライアントからTSサーバー上のアプリを動かす

11.2.4 TS Webアクセス

WebブラウザからRemoteAppプログラムを実行する

コラム リソースのリダイレクト

11.3 ●ネットワークのトラブル箇所を特定する

11.3.1 ping

pingでネットワークの開通を確認する

11.3.2 nslookup

nslookupでDNSサービスを確認する

11.3.3 ipconfig

ipconfigでTCP/IPの設定を確認する

11.3.4 tracert

tracertで経路の障害を調べる

11.3.5 ルーティングテーブル

route

routeでルーティングテーブルを管理する

11.4 ●Telnetでリモート操作する

11.4.1 Telnetサーバー

Telnetサーバーをインストールする

Telnetサーバーを有効にしてサービスを開始する

11.4.2 Telnetクライアント

Telnetクライアントで接続する

クライアントのTelnetコマンド

11.5 ●コマンドでネットワークを管理する

11.5.1 ネット管理用のコマンド

net userコマンド

net userでユーザーアカウントを設定する

コラム グリッドコンピューティング

net config

net configでサーバーの構成情報を表示する

11.5.2 net time

タイムサーバーと時刻を同期する

11.5.3 ポート

netstatコマンド

netstatでポートを使っているプログラムを見付ける

tasklistでプロセスIDの中身を知る

taskkillで特定のタスクを終了させる

ポートを閉じる

11.6 ●Windowsをネットワークからインストールさせる

11.6.1 Windows展開サービスのインストール

Windows展開サービスを構成する

Windowsのイメージを作成する

11.6.2 Windows展開サービスによるインストール

ネットワークからWindowsをインストールする

11.7 ●Server Coreで作業する

11.7.1 Sercer Coreのインストール

Server Coreをインストールする

11.7.2 Server Coreの基本操作

静的IPアドレスを設定する

Sever Coreコンピュータをドメインに参加する

Server Coreの初期設定コマンド

Server Coreに役割や機能をインストールする

Server Coreコンピュータをシャットダウンする

コラム Server Coreのウィンドウを閉じてしまったら

11.7.3 Server Coreのリモート操作

Server Coreにリモートデスクトップ接続する

11.8 ●PowerShellのコマンドレットを使う

11.8.1 PowerShellのインストール

PowerShellをインストールする

11.8.2 PowerShellの基本操作

PowerShellを起動/終了する

PowerShellのコマンドレットの実行

主なコマンドレットとそのエイリアス

11.8.3 PowerShellのリモート操作

Windows VistaのPowerShellでリモート操作する

●Chapter 12 システムのメンテナンス

12.1 ●サーバーをバックアップする

12.1.1 Windows Serverバックアップの設定

Windows Serverバックアップを追加する

バックアップ用のユーザーアカウントを準備する

サービスを停止する

システムのバックアップ(1回限り)を行う

ネットワーク上の共有フォルダにバックアップする場合

12.1.2 バックアップスケジュール

バックアップをスケジュールする

12.1.3 回復

ファイルやフォルダを回復させる

システムを回復させる

コラム セーフモードで起動する

コラム Windows拡張オプションメニュー

12.2 ●ハードウェアを増設する

12.2.1 USBデバイス

USBデバイスを追加する

USBデバイスを安全に取り外す

12.2.2 デバイスマネージャ

デバイスドライバを更新する

12.3 ●ハードディスクを増設する

12.3.1 IDEとSCSI

ハードディスクを増設する

12.3.2 ダイナミックディスク

ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する

ダイナミックディスクを拡張する

ダイナミックディスクを圧縮する

コラム システム情報

12.4 ●ディスクをメンテナンスする

12.4.1 チェックディスク

チェックディスクを実行する

12.4.2 ディスクデフラグツール

ディスクデフラグツールを実行する

コラム Windows Defender

12.5 ●システムのパフォーマンスを監視する

12.5.1 信頼性とパフォーマンスモニタ

リソースの概要を監視する

モニタツールを表示する

データコレクタセットとレポート

12.5.2 ネットワークセッション

共有フォルダのセッションを閉じる

12.5.3 システムリソースマネージャ

システムリソースマネージャのインストール

システムリソースマネージャでリソースを割り当てる

12.6 ●サーバーの無駄な電力をカットする

12.6.1 電源オプション

電源オプションを変更する

12.6.2 POWERCFG

コマンドで電源設定を管理する

12.7 ●システム起動時のトラブルの原因を探る

12.7.1 システム構成ユーティリティ

サービスとスタートアップを選択する

12.7.2 ブートオプション

セーフブートのオプションを設定する

PR

秀和システム