図解入門ドリル よくわかる「物理化学」演習

概 要

量子力学、熱力学など、物理の視点から化学を考える学問「物理化学」を、問題を解きながら基礎から学べるドリル形式の図解入門書です。大学で物理化学につまづく人が多いのは高校物理、高校化学との落差と量子力学、熱力学の難解さによるものといわれます。そこで物理化学を初学者にも理解しやすいように書かれたのが『図解入門よくわかる物理化学の基本と仕組み』ですが、その姉妹書である本書は、自分で問題を解くことで学べる問題集形式の入門書となっています。「例題」「練習問題」「章末問題」など、全152問にも及ぶ豊富な演習に加え、図解も多用していますので、復習はもちろん、はじめて物理化学を学ぶ初心者にも最適の一冊です。

著者 潮秀樹
価格 本体1900円(税別)
ISBN 978-4-7980-2164-5
発売日 2009/1/20
判型 B5
色数 2色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ドリル
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 高校化学・高校物理

1.1 原子核と電子

例題1 原子の大きさ

例題2 原子核の結合エネルギー

例題3 核反応の反応式

1.2 モル数と化学反応式

例題1 原子の質量とモル数

例題2 化学反応を式で表す

1.3 波

例題1 波の屈折

例題2 振動数と波長から速度を求める

1.4 章末問題

第2章 量子力学と原子

2.1 量子力学の基礎

例題1 光電効果

例題2 シュレーディンガー方程式と解

例題3 水素の定常状態と水素の発光スペクトル

2.2 原子中の電子のエネルギーと波動関数

例題1 状態と状態の数

例題2 原子の原子半径

2.3 原子の電子構造と周期律表

例題1 電子配置

2.4 周期律表と原子の性質

例題1 水素のイオン化エネルギーと電子親和力

2.5 混成軌道

例題1 sp3の波動関数

2.6 章末問題

第3章 量子化学入門:分子と化学結合

3.1 分子軌道

例題1 2つの原子の1s軌道の波動関数

例題2 異種原子間の分子軌道

3.2 一重結合

例題1 水素分子の安定化

3.3 二重結合と三重結合

例題1 二重結合分子の安定化

例題2 二重結合分子の形状

3.4 分子結合

(共有結合、イオン結合、配位結合)

例題1 共有結合とイオン結合

3.5 章末問題

第4章 気体・固体・液体

4.1 理想気体の状態方程式

例題1 気体の温度、体積、圧力

4.2 気体分子運動論

例題1 圧力のミクロな計算

4.3 比熱

例題1 2原子分子の運動エネルギー

例題2 定積比熱

4.4 気体、液体、固体の相平衡

例題1 飽和蒸気圧と沸点

4.5 状態変化と状態図

例題1 ファンデルワールスの状態方程式のグラフ

4.6 章末問題 107

第5章 熱力学と応用

5.1 熱力学の第一法則

例題1 仕事、熱、内部エネルギー

5.2 等温変化と断熱変化

例題1 等温変化

例題2 断熱変化

5.3 熱力学の第二法則

例題1 クラウジウスの原理とトムソンの原理

5.4 エントロピーと熱力学の第二法則

例題1 エントロピー

例題2 カルノーサイクル

例題3 不可逆サイクルにおけるクラウジウスの関係式

5.5 エンタルピー

例題1 定圧変化とエンタルピー

例題2 可逆変化におけるエンタルピーの変化

5.6 ヘルムホルツの自由エネルギー

例題1 可逆変化における仕事

例題2 可逆変化におけるヘルムホルツの自由エネルギーの変化

例題3 等温定積不可逆変化におけるヘルムホルツの自由エネルギーの変化

5.7 ギブスの自由エネルギー

例題1 ギブスの自由エネルギー

例題2 可逆変化におけるギブスの自由エネルギーの変化

例題3 等温定圧不可逆変化におけるギブスの自由エネルギーの変化

5.8 章末問題

第6章 熱化学

6.1 反応熱

例題1 水の生成熱

例題2 メタノールの生成熱

6.2 化学反応速度

例題1 反応速度

例題2 アレニウスの式

6.3 化学平衡と質量作用の法則

例題1 反応速度と平衡定数

例題2 平衡の移動

6.4 熱力学と質量作用の法則

例題1 ギブスの自由エネルギーを利用した平衡定数の計算

6.5 章末問題

第7章 溶液

7.1 濃度

例題1 重量百分率、モル濃度、モル分率

7.2 溶液と混合気体の平衡

例題1 ヘンリーの法則

7.3 溶液の性質

例題1 蒸気圧降下

7.4 章末問題

PR

秀和システム