AutoCAD LT 2007/2008/2009ではじめる機械製図

概 要

AutoCAD LT 2007/2008/2009に対応した機械製図の解説書です。AutoCAD LTはバージョン2009で、ユーザーインターフェースが大幅に変わりました。そこで本書では、過去のUIとどう変わったか、新UIはどう使うのかなどをわかりやすく解説。また完成サンプルのほかに解説途中のサンプルも収録し、より初心者にやさしい内容となっています。機械製図の基礎知識から、線や円弧での作図やレイアウトテンプレートの使用方法、板金図や鋳造図、ねじやバネといった機械要素の作成方法まで解説していますので、現役のCADオペレータはもちろん、設計初心者にもおすすめの一冊です。AutoCAD LT 2009体験版およびサンプルデータを収録したCD-ROM付き。

著者 斎藤美佳
価格 本体3200円(税別)
ISBN 978-4-7980-2169-0
発売日 2009/1/23
判型 B5
色数 2色
ページ数 480
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 スタートアップ─ インストールとインターフェース ─

1-1 インストールと初期操作

1. LT2009体験版のインストール

2. 体験版でできないこと

3. AutoCAD LTの起動と終了

1-2 インターフェース

1. 既定値のワークスペース

2. 2D製図と注釈

3. AutoCAD LTクラシック

4. パレット

5. タイトルバーとステータスバー

1-3 コマンドアクセスと環境設定

1. コマンドを選択する方法

2. ダイナミック入力とコマンドライン入力

3. 操作のナビゲート

4. 環境を整える

Chapter2 新規図面作成と基本操作─ 描く前に知っておくと便利なこと ─

2-1 新しい図面のスタート

1形式設定によるセットアップ

2ウィザードによるセットアップ

2-2 基本的な操作

1. 線の作図

2. 操作のやり直し

3. オブジェクトの選択と削除

4. 座標の使用

5. ステータスの活用

6. 画面表示の操作

2-3 ファイル操作

1. 既存のファイルを開く

2. ファイルを閉じる

3. ファイルの保存

4. ファイル名の変更と検索

2-4 印刷

1. 印刷の設定と実行

2. 色従属による黒色印刷

3. オリジナルの印刷スタイル

Chapter3 テンプレートの作成と使用─ 機械製図の準備をする ─

テンプレートと製図用紙

Lesson1 1:1のテンプレート

1. 独自の標準スタイルの設定

2. 表題欄の作成

3. テンプレートファイルの登録

4. テンプレートを使って1:1の図面を作成

Lesson2 1:10のテンプレート

1. 縮尺図用のテンプレート

2. 異尺度対応のテンプレート

3. テンプレートを使って1:10の図面を作成

Lesson3 レイアウトのテンプレート

1. ペーパー空間のテンプレート

2. モデルモードのテンプレート

3. テンプレートを使ってレイアウトの図面を作成

Chapter4 製作別の部品図を描く─ 機械製図をはじめる ─

三角法による投影・展開・断面

図形の表し方

Lesson4 加工図(Arm Screw)

1. 線による図形の作成

2. 円・円弧形状の作成

3. ブロック図形の登録と挿入

4. 長さ寸法と引出線の記入

5. 表題欄の記入

Lesson5 板金図(Speaker Frame)

1. 修正コマンドによる対称形状の作成

2. 展開形状の作成

3. 平行線による図形の作成

4. 注記文章と平行寸法の記入

5. 断面詳細図の作成と寸法の設定

Lesson6 鋳造図(Stand Base)

1. 楕円・楕円弧、曲線形状の作成

2. 円形配列形状の作成

3. 三面図、曲線への寸法記入

4. 幾何公差の記入

5. 注記文章の編集

Lesson7 成形図(1st Cover)

1. レイアウトの作成

2. 複数尺度の表示の設定

3. 寸法の記入と編集

4. 距離計算と面積計算

Chapter5 組立図と等角図─ 部品の組立て/立体図の作成 ─

Lesson8 組立図(Speaker Assy)

1. ブロックファイルの配置

2. 参照ファイルの挿入

3. バルーンの作成

Lesson9 パーツリスト

1. 表(テーブル)の作成

2. 表(シート)のリンク

3. 関連ファイルとのリンク

Lesson10 等角図とスライド

1. 画層の抽出

2. 3D図形の作成

3. 表示の保存

Chapter6 機械要素を描く─ ねじ・ばね・歯車を作成 ─

Lesson11 ねじ

1. 長さ違いのブロック登録

2. サイズ違いのブロック登録

Lesson12 ばね

1. 断面図の作成

2. 外形図の作成

3. 記入寸法の流用

Lesson13 歯車

1. 3面図の作成

2. レイアウトの挿入

3. 寸法記入と要目表の作成

4. レイアウトの保存と読み込み

Chapter7 新機能とカスタマイズ─ 新機能・カスタマイズ・インターネット ─

7-1 LT2009の新機能

1. 表示の機能

2. 作成と編集の機能

3. ツールの強化

7-2 インターフェースのカスタマイズ

1. ワークスペース

2. ユーザインターフェース

3. ツールパレット

7-3 インターネットの活用

1. コミュニケーションセンター

2. 図面を含むWebページの作成

3. 図面シートの公開

4. 転送セットの作成

PR

秀和システム