Windowsレジストリ「完全」カスタマイズ

概 要

Windowsレジストリの基本と仕組み、安全な操作テクニックを解説したカスタマイズ解説書です。Windows XP/Vistaの高速化、快適化、安全化、さらにUMPCの軽量化にも役立ちます。レジストリエディタの基本的な使い方から、ロケーション指定を確実に行なう方法、キー名をテキストとして取得するなどの便利技を紹介。Windows Aeroを無効にする、クイック起動を無効にする、ログオン画面で特定ユーザーアカウントを非表示にする、カーネルをページングファイルに置かない、ユーザー追跡機能を無効にする、アプリケーションの実行を無効にする技など高速化やセキュリティ強化、ミニPCの軽量化に効くテクニックが満載です。

著者 伊達一斗
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-2173-7
発売日 2009/1/23
判型 A5
色数 2色
ページ数 376
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Part 1 レジストリの基本としくみ

1 レジストリカスタマイズの準備

レジストリカスタマイズの目的

レジストリカスタマイズによる高速化

レジストリカスタマイズによる環境の改善

レジストリカスタマイズによる禁止設定

レジストリカスタマイズによる操作性の改善

レジストリカスタマイズによる環境設定の復元

Windows Vistaのレジストリカスタマイズの前準備

Windows Vistaの特徴とカスタマイズの方向性

コントロールパネルのクラシック表示

ユーザーアカウントのアカウント種類「管理者」の確認

ユーザーアカウント制御(UAC)の無効化

「ファイル名を指定して実行」の表示

Windows Vistaの[スタート]メニューに「ファイル名を指定して実行」項目を表示する

システム系ファイルと拡張子表示

Windows XPのレジストリカスタマイズの前準備

Windows XPの特徴とカスタマイズの方向性

コントロールパネルのクラシック表示

ユーザーアカウントのアカウント種類「コンピュータ管理者」の確認

「ファイル名を指定して実行」の表示

システム系ファイルと拡張子表示

本書記述の特徴と注意

Windows VistaとWindows XPへの対応

レジストリエディタ以外のレジストリカスタマイズツールの活用

レジストリ設定の危険性

2 レジストリ操作とレジストリエディタ

レジストリ内部構造とレジストリエディタの基本操作

レジストリエディタの起動

レジストリエディタのショートカットアイコンを作成する

レジストリエディタを常に起動する

レジストリエディタで表示される基本ルートキー

レジストリ基本キーの略記を知る

レジストリの「キー」

「キー」を新規に作成する

レジストリの「値」と値のデータ

「値」の種類と表記を知る

「値」の「値のデータ」を改変する

「値」を新規に作成する

「値」や「キー」の名前を改変する

「値」を削除する

「値」を削除したいが、値の名称を残したい場合

「DWORD値」の特性を知る1-「機能の有効無効」

「DWORD値」の特性を知る2-「数値指定」

「文字列値」の特性-「パス指定」

レジストリカスタマイズ手順に関する知識

16進数と10進数を知る

環境変数を知る

カスタマイズしたレジストリ設定をWindowsに反映する

カスタマイズしたレジストリ設定がWindowsに反映されない場合

レジストリエディタの応用操作と便利操作

ロケーション指定(パス指定)を確実に行う

よく利用するレジストリキーを登録する(レジストリのお気に入りに登録)

レジストリ内容を検索する

目的のキー位置にすばやくジャンプする(検索)

レジストリ設定を逆引きする方法

キー名をテキストとして取得する方法

セーフモード起動とトラブルシュート

レジストリのエクスポート/インポートと応用テクニック

レジストリ内容をエクスポートする(ファイルに書き出す)

レジストリファイルを書き戻す前の注意

書き出したレジストリファイルの例(余計な「値」が含まれている例)

レジストリファイルを編集するツール

レジストリファイルを編集する

改変したレジストリファイルの保存と簡易カスタマイズツールの作成

3 レジストリエディタ以外のレジストリカスタマイズ

レジストリカスタマイズツール

レジストリを「改変」するレジストリエディタ以外のツール

Windowsの各種ツールの名称(Windows VistaとWindows XPの違い)

Windows Vistaの各種ツール起動

「システムのプロパティ」の起動(Windows Vista)

「システム構成」の起動(Windows Vista)

「サービス」の起動(Windows Vista)

「グループポリシー」の起動(Windows Vista Business/Enterprise/Ultimateのみ)

Windows XPの各種ツール起動

「システムのプロパティ」の起動(Windows XP)

「システム構成」の起動(Windows XP)

「サービス」の起動(Windows XP)

「グループポリシー」の起動(Windows XP Professionalのみ)

Windowsツールの共通注意とショートカット起動(本書記述連動)

「システムのプロパティ」のショートカット起動

「システム構成」のショートカット起動

「サービス(管理ツール)」のショートカット起動と設定注意点

「グループポリシー」の設定適応と対応エディション

Part 2 レジストリカスタマイズ

4 Windows Vistaのレジストリカスタマイズ

ログオン時に自動的に起動する「ウェルカムセンター」を無効にする

デスクトップのテーマ機能を無効にする

Windows Aeroを無効にする

Windows ReadyBoostを無効にする

Windows Vista標準ライティング機能を無効にする

DVD±R/RW書き込みの際に利用する領域のフォルダロケーションを設定する

Windows SuperFetchを無効にする(サービス設定版)

Windows SuperFetch機能を無効化する(レジストリ版)

「プリフェッチ」機能を無効にする

WIA(Windows Image Acquisition)機能を無効にする

Tablet PC機能を無効にする

アクセスの日時情報を記録する

インデックス作成を無効にする

イベントログ機能を無効にする

ショートカットアイコン作成時に「-ショートカット」をつけない

Windows Aeroのタスクバーの縮小表示設定を無効にする

「コンピュータ」を右クリックしたときに表示される「管理」項目を無効にする

「コンピュータ」に「管理ツール」アイコンを表示する

「コンピュータ」に「プリンタ」アイコンを表示する

エクスプローラの右クリックのショートカットメニューを無効にする

エクスプローラのメニューバーを表示する(フォルダオプション設定版)

エクスプローラのメニューバーを表示する(ポリシー設定版)

エクスプローラでの縮小表示を無効にしてアイコンのみを表示する

Vistaスタイル[スタート]メニューの左上の固定項目を削除する

Vistaスタイル[スタート]メニューに「ファイル名を指定して実行」コマンドを追加する

Vista[スタート]メニューの検索ボックスでURL履歴を検索しない

Vistaスタイル[スタート]メニューの「最近使った項目」のファイル数を変更する

[スタート]メニューの「最近使った項目」フォルダを指定のロケーションに移動する

Vista[スタート]メニューから「最近使った項目」を削除する

クラシック[スタート]メニューを強制する

「クイック起動」を強制的に表示する

「クイック起動」を無効にする

タスクバー上のツールバーを追加/削除できないようにする

タスクバー上のツールバーレイアウトを自由に変更できないようにする

タスクバーのサイズ変更を無効にする

タスクバーのショートカットメニューへのアクセスを禁止する

バルーン通知を無効にする

「最近使った項目」の履歴を保存しない

「コンピュータ」に「ごみ箱」アイコンを表示する

Vistaスタイル[スタート]メニューから「ユーザーフォルダ」を削除する

「ユーザーファイル」フォルダのルートにファイルを追加できないようにする

「ドキュメント」フォルダを指定のロケーションに移動する

印刷機能(サービス)を無効にする

別アカウント権限での操作機能を無効にする

プログラムの互換性エンジンを無効にする

自動デフラグを無効にする

「送る」フォルダを指定のロケーションに移動する

Windowsサイドバーの起動を禁止する

「コンピュータ」に「ネットワーク接続」アイコンを表示する

「コンピュータ」に「Internet Explorer」アイコンを表示する

Vistaスタイル[スタート]メニューのルートから「接続先」を削除する

Vistaスタイル[スタート]メニューから「ネットワーク」アイコンを削除する

「自動更新」における自動再起動を「抑止」する

時刻同期機能を無効にする

ネットワークフォルダでのthumbs.dbの作成を無効にする

DHCPクライアント機能を無効にする

Windowsファイアウォール機能を無効にする

セキュリティセンターを無効にする

エラー報告機能を無効にする

ターミナル機能を無効にする

通知領域に表示されるボリュームコントロールアイコンを無効にする

Vistaスタイル[スタート]メニューのルートから「ゲーム」メニューを削除する

「ピクチャ」フォルダを指定のロケーションに移動する

Vistaスタイル[スタート]メニューから「ピクチャ」アイコンを削除する

「ミュージック」フォルダを指定のロケーションに移動する

Vistaスタイル[スタート]メニューから「ミュージック」アイコンを削除する

「ビデオ」フォルダを指定のロケーションに移動する

Vistaスタイル[スタート]メニューの「ロック」ボタンを無効にする

Vista[スタート]メニューの「ログオフ」を削除する

シャットダウン系操作を無効にしてVistaを終了できないようにする

終了時に「最近使った項目」の履歴を消去する

Internet Explorer 7のメニューバーを表示する

Internet Explorer 7でメニューバーをアドレスバーの上に移動する

Internet Explorer 7でアドオンの有効化および無効化を許可しない

Internet Explorer 7で「詳細設定」の設定の変更を禁止する

Internet Explorer 7でユーザーエージェント(User Agent)をカスタマイズする

Internet Explorer 7でポップアップフィルタレベルの管理を無効にする

Internet Explorer 7でコマンドバーを無効にする

Internet Explorer 7でナビゲーションバーをなくす

Internet Explorer 7で「お気に入り」のインポートとエクスポートを許可しない

Internet Explorer 7でページのズーム機能を無効にする

Internet Explorer 7で「閲覧の履歴の削除」機能を無効にする

Internet Explorer 7の「フォームの削除」機能を無効にする

Internet Explorer 7で「パスワードの削除」機能を無効にする

Internet Explorer 7の「ヘルプ」メニューを表示しない

Internet Explorer 7で検索ボックスを表示できないようにする

Internet Explorer 7で既定の検索プロバイダの変更を制限する

Internet Explorer 7でタブブラウズを無効にする

新しいウィンドウを開くか既存のウィンドウを開くか指定する

Internet Explorer 7でユーザー補助の設定の変更を許可しない

Internet Explorer 7でインターネット一時ファイルの設定の変更を許可しない

Internet Explorer 7のホームページ変更を許可しない

IE7でホームページの設定の変更を許可しない場合のWebサイトを指定する

アドレスバーのオートコンプリート機能を無効にする

通知領域にあるネットワークアイコンを無効にする

5 Windows Vista/Windows XP共通のレジストリカスタマイズ

ログオン画面で特定ユーザーアカウントを非表示にする

ログオン画面にAdministratorを表示する

すべてのユーザーで実行されるスタートアップを登録する

すべてのユーザーが一度だけ実行するスタートアップを登録する

ログオン画面のスクリーンセーバーを無効にする

ログオン画面をスキップしてデスクトップに自動ログオンする

ログオン画面のスクリーンセーバーを指定する

ログオン画面のスクリーンセーバー起動時間を指定する

CPU優先度の割り振りを「バックグラウンドサービス」に設定する

カーネルをページングファイルに置かない

システム作業領域を設定する

実行ファイルの拡張子「PATHEXT」を指定する

各エクスプローラを独立したメモリーで駆動する

ページングファイルをサブフォルダに設定する

時刻サーバーとの自動同期間隔を設定する

ユーザー作業領域を設定する

ごみ箱のサイズの最大許容値を指定する

デスクトップにOSのビルドナンバーを表示する

スクリーンフォントの縁を滑らかにする設定を任意に行う

デスクトップで右クリックを禁止する

デスクトップのアイコン名に影をつける状態を無効にする

ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する状態を無効にする

半透明の「選択」ツールを表示する状態を無効にする

ユーザー追跡機能を無効にする

ウィンドウズキーによるショートカットキーを無効にする

「検索」を削除する

マウスの左右ボタンを入れ替える

マウスカーソルを自動的にダイアログボタンに移動する

各フォルダの種類に背景画を使用する状態を無効にする

右クリックで選択アイテムのコピーを行う

右クリックで選択アイテムの移動を行う

ショートファイル名情報の作成を無効にする

プリンタの追加を禁止する

プリンタの削除を禁止する

ウィンドウ最大化・最小化時のアニメーション表示を無効にする

エクスプローラのメニューバーから「ファイル」を削除する

「フォルダオプション」を禁止する

ショートカットアイコンの左下にある矢印マークを消去する

拡張子を表示する

ショートカットファイルの拡張子である「lnk」を必ず表示する

ショートカットファイルの拡張子である「lnk」の表示を「フォルダオプション」にゆだねる

保護されて非表示になっているシステムファイルも表示する

[スタート]メニューとタスクバーの設定変更を禁止する

[スタート]メニューから共通プログラムグループを無効にする

[スタート]メニューから「頻繁に利用するプログラムの一覧」を無効にする

[スタート]メニューのルートから「すべてのプログラム」を削除する

[スタート]メニューのルートから「ヘルプとサポート」を削除する

タスクバーボタンのスライドアニメを無効にする

タスクバーの移動やタスクバー上のツールバーの移動を禁止する

タスクバーにおけるタスクボタンのグループ化を無効にする

タスクバーにツールバー(クイック起動および任意ツールバー)を表示しない

タスクバー上のタスクボタンの横幅を調整する

タスクバーでバックグラウンドアプリケーションにおけるタスクの点滅回数を指定する

タスクボタンのグループ化設定を変更する

通知領域を無効にする

タスクバーの右端にある時刻表示を無効にする

「ごみ箱」を無効にする

現在ログオンしているユーザーのみ実行されるスタートアップを登録する

現在ログオンしているユーザーが一度だけ実行するスタートアップを登録する

「デスクトップ」フォルダを指定のロケーションに移動する

[スタート]メニュー内の「スタートアップ」フォルダを指定ロケーションに移動する

「お気に入り」フォルダを指定のロケーションに移動する

「テンプレート」フォルダを指定のロケーションに移動する

タスクマネージャの起動を禁止する

アプリケーションの実行を無効にする

実行不能なアプリケーションを指定する

縮小表示時に作成されるキャッシュファイルを無効にする

「ファイル名を指定して実行」の実行を禁止する

プロパティに表示される「セキュリティ」タブを禁止する

「ネットワークドライブの割り当て」と「ネットワークドライブの切断」項目を削除する

リモートデスクトップのポート番号の変更

管理共有を無効にする

ダウンロードしたファイルを開く際の「セキュリティの警告」ダイアログを無効にする

マスタープラウザに選出されないようにする

「クッキー」フォルダを指定のロケーションに移動する

「Internet Explorerのキャッシュ」フォルダを指定のロケーションに移動する

Windows Updateへのアクセスを無効にする

次回起動時のエラーチェックのウェイト時間を指定する

終了時にページングファイルを自動消去設定にする

ログオン時に前回終了時に開いていたフォルダを復元する

レジストリエディタを無効化する

6 Windows XPのレジストリカスタマイズ

クラシックログオン画面で壁紙を設定する

ログオン画面で起動時から「NumLock」を有効にする

プリンタスプーラを無効にする

Windows XPスタイル(Lunaスタイル)を無効にする

スキャナとカメラを無効にする

Windows XP標準のCD-R/RW書き込み機能を無効にする

CD-R/RW書き込みに際に一時領域のフォルダロケーションに設定する

「DLLCACHE」フォルダのロケーション変更

プリフェッチ機能の設定を変更する

アクセス日時情報の記録を無効にする

マイコンピュータの共有ドキュメントを非表示にする

「マイコンピュータ」を右クリックしたときに表示される「管理」項目を無効にする

ヘルプとサポートセンター機能を無効にする

エクスプローラの右クリックのショートカットメニューを無効にする

マイコンピュータ内に「プリンタとFAX」アイコンを表示する

マイコンピュータ内に「タスク」アイコンを表示する

マイコンピュータ内に「管理ツール」アイコンを表示する

マイコンピュータ内に「ごみ箱」アイコンを表示する

CD/DVDドライブにおけるメディア挿入時の自動再生を無効にする

検索時の検索コンパニオンを無効にする

動画フォルダのサムネイル表示サイズを変更する

ドライブ容量不足警告を無効にする

エクスプローラから「検索」ボタンを削除する

「システムのプロパティ」に表示される組織名を変更する

「システムのプロパティ」に表示される所有者名を変更する

デスクトップクリーンアップウィザードを無効にする

クラシック[スタート]メニューを強制して各特殊アイコンをデスクトップに表示する

[スタート]メニューから「マイドキュメント」を削除して表示設定を不可能にする

[スタート]メニューから「マイピクチャ」を削除して表示設定を不可能にする

[スタート]メニューから「マイミュージック」を削除して表示設定を不可能にする

[スタート]メニューからピンされたプログラムを削除する

[スタート]メニューからユーザー名を削除する

[スタート]メニューの「ログオフ」を削除する

[スタート]メニューでメニューの並べ替えを禁止する

[スタート]メニューの展開速度を設定する

[スタート]メニューの「最近使ったファイル」のファイル数を変更する

[スタート]メニューの「最近使ったファイル」フォルダを指定のロケーションに移動する

[スタート]メニューから「最近使ったファイル」を削除する

「最近使ったファイル」の履歴を保存しない

タスクバーのショートカットメニューへのアクセスを禁止する

「マイドキュメント」フォルダを指定のロケーションに移動する

「マイピクチャ」フォルダを指定のロケーションに移動する

「マイミュージック」フォルダを指定のロケーションに移動する

「マイビデオ」フォルダを指定のロケーションに移動する

「ネットワークショートカット」フォルダを指定のロケーションに移動する

「送る」フォルダを指定のロケーションに移動する

別アカウント権限での操作機能を無効にする

[スタート]メニューから「ネットワーク接続」を削除して表示設定を不可能にする

マイコンピュータ内に「ネットワーク接続」アイコンを表示する

[スタート]メニューから「マイネットワーク」を削除して表示設定を不可能にする

無線LANサービスを無効にする

マイコンピュータ内に「Internet Explorer」アイコンを表示する

Windowsファイアウォール機能を無効にする

コンピュータ一覧表示を無効にする

DHCPクライアント機能を無効にする

エラー報告を無効にする

ドメイン機能を無効にする

リモートレジストリを無効にする

セキュリティセンターを無効にする

時刻同期機能を無効にする

HTTP1.1サーバーの並列コネクション数を変える

HTTP1.0サーバーの並列コネクション数を変える

ユーザーの簡易切り替え機能を無効にする

終了時に「最近使ったファイル」の履歴を消去する

Windows XPの「終了」を無効にする

PR

秀和システム