図解標準 最新 Oracle11g マスタリングハンドブック

概 要

話題のグリッドコンピューティングやOracle Application Expressから、データベース管理に必要なSQLやバックアップ、リカバリはもちろんチューニングまで解説したOracle11gの完全図解解説書です。Oracle11gの新機能解説、導入手順、データベース設計、インストール、データベース作成、SQL、データベースへの接続、オブジェクト作成、Oracle Enterprise GridとOracle Application Expressの概要、データベース管理、目的と規模に応じたチューニング、バックアップとリカバリの方法など、Oracle11gを使うためのノウハウが満載です。60日間試用できるOracle11gトライアル版を収録したDVD-ROM付き。

著者 株式会社サイバネティック、岡本順孝
価格 本体4200円(税別)
ISBN 978-4-7980-2177-5
発売日 2009/1/30
判型 B5
色数 2色
ページ数 800
CD/DVD Windows/Linux
対象読者 初級
シリーズ 図解標準
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Oracleことはじめ

1-1 データベースとは

1-1-1 データベースとは

■DBMS

■RDBMS

■表(テーブル)

■SQL

■オブジェクト

■表領域

1-1-2 データベースソフトの種類

1-2 Oracleの歴史と技術トレンド

1-2-1 Oracleの歴史

1-2-2 他のデータベースとの比較

1-2-3 メリット/デメリット

■メリット

■デメリット

1-3 技術トレンドとOracleの関係

1-3-1 グリッド・コンピューティングとOracle

■Oracle Enterprise Grid

1-3-2 WebアプリケーションとOracle

■Oracle Application Express

■Oracle SQL Developer

■.NET

■ドライバツール

■その他

1-3-3 XMLとOracle

■XML新機能について

1-4 OTNに登録する

1-4-1 OTNとは

1-4-2 OTNで入手可能な情報

1-4-3 OTNの登録方法

第2章 Oracle11gの新機能

2-1 Oracle Enterprise Grid

2-1-1 グリッド・コンピューティングとは

2-1-2 Oracle Real Application Clusters

2-1-3 Oracle Enterprise Gridを支える技術

2-1-4 Oracle Enterprise Gridによる優れた信頼性

2-2 自己管理機能

2-2-1 自己管理型データベース

2-3 アーキテクチャーの拡張

2-3-1 Oracle11gのアーキテクチャー

2-4 フラッシュバック

2-4-1 いろいろなフラッシュバック

2-5 Oracle Application Express

2-5-1 Oracle Application Expressの3つのツール

2-5-2 Oracle Application Expressでのアプリケーション作成

2-6 EMDC

2-6-1 EMDC

2-6-2 EMDCのインストールと起動

第3章 Oracle導入の手順

3-1 Oracleが動くまで

3-1-1 Oracle導入までのフロー

3-1-2 システム規模の見積もり

■想定利用者数(接続クライアント数)

■要求稼働日数/時間

3-1-3 データベースアプリケーションタイプの決定

■汎用タイプ

■トランザクションタイプ

■データウェアハウス

3-1-4 システム構成の確認

■マシン構成(種類/スペック)

■OS 78

■使用アプリケーション/言語

3-2 Oracleのインストール手順の確認

3-2-1 Oracleインストールの手順

第4章 データベースの設計

4-1 インストールコンポーネントの設計

4-1-1 コンポーネントとは

4-1-2 コンポーネントの選択

4-1-3 Oracle Application Server10gのコンポーネント

4-2 データベースの設計

4-2-1 データベース構成

4-2-2 物理的データベース構造

■表領域およびデータ・ファイルの設計

■基本表領域とデフォルト名

■オリジナル表領域

4-2-3 ファイルサイズの見積もり

4-2-4 初期化パラメータの設計(パラメータ値の算出)

4-2-5 データベース制御ファイルの配置設計

4-2-6 REDOログ・ファイル

4-2-7 UNDO表領域(ロールバック・セグメント)

4-2-8 スキーマ/ユーザー

第5章 インストールの前準備

5-1 OTNから最新情報を入手

5-1-1 情報の入手方法

5-1-2 チェックポイント

5-1-3 リリース・ノートの確認

5-1-4 クイック・インストレーション・ガイドの確認

5-1-5 OTNサイトのさらなる活用法

5-2 動作要件の確認

5-2-1 環境の確認方法

5-2-2 Oracleのシステム要件

■Windows

■Linux

5-3 インストール前のタスク

5-3-1 グループ/ユーザーの作成(Linuxのみ)

■操作手順

5-3-2 マウント・ポイントの作成(Linuxのみ)

■操作手順

5-3-3 カーネル・パラメータの調整(Linuxのみ)

第6章 Oracleインストール

6-1 コンポーネントのインストール

6-1-1 Oracle Universal Installerの起動

■Windowsの場合のインストーラの起動

■Linuxの場合のインストーラの起動

6-1-2 コンポーネントの選択

6-1-3 インストールの開始

6-2 クライアントのインストール

6-2-1 クライアントのインストール

6-2-2 Oracle Net Configuration Assistantでの接続設定

第7章 データベースの作成

7-1 データベース作成の前に

7-1-1 データベースの作成環境の確認

7-1-2 Oracle データベース作成計画の確認

7-1-3 Oracleデータベースの作成方法の決定

7-2 DBCAによるデータベース作成

7-2-1 DBCAとは

■DBCAで行う作業

7-2-2 DBCAによるデータベース作成手順

7-2-3 データベース操作/テンプレート選択

■操作の選択

■テンプレートの選択

■テンプレートのデータ・ファイルの有無について

■テンプレートの詳細情報

7-2-4 データベース識別情報

7-2-5 管理オプション

■Enterprise Managerを使用してデータベースを構成

7-2-6 データベースの資格証明

7-2-7 記憶域オプション

7-2-8 データベース・ファイルの位置

7-2-9 リカバリの構成

7-2-10 データベース・コンテンツ

7-2-11 カスタム・スクリプト

7-2-12 初期化パラメータの指定

■メモリー

■サイズ指定

■データベース・キャラクタ・セット

■接続モード

■マルチスレッド・サーバー・モード情報

7-2-14 セキュリティ設定

7-2-15 自動メンテナンス・タスク

7-2-16 データベース記憶域

7-2-17 作成オプションと作成

■作成オプションの設定

■データベースの作成

7-3 データベース作成後の作業

7-3-1 データベースユーザーのパスワード変更

7-3-2 環境変数の設定(Linuxのみ)

■設定方法

第8章 SQL

8-1 SQL

8-1-1 SQLの4つの分類

8-1-2 データ定義

■表を作成する

■表を修正する

■表を削除する

■表の名前を変更する

8-1-3 データ操作

■INSERT文

■UPDATE文

■DELETE文

8-1-4 データの検索

■SELECT文の構文

■すべての列のデータを取得する

■WHERE 取得条件を指定する

■WHERE 比較演算子

■WHERE 取得条件をあいまいにする

■WHERE 取得条件を複数指定する

■WHERE句のネスト

■WHERE 否定条件を指定する

■ORDER BY 並べ替えを指定する

■GROUP BY 取得データをグルーピングする

■算術式を使用する

8-1-5トランザクション制御

8-2 結合と副問い合わせ

8-2-1 等価結合

8-2-2 非等価結合

8-2-3 自己結合

8-2-4 外部結合

8-2-5 副問い合わせ

8-3 SQLの関数

8-3-1 単一行関数

■数値関数

■文字関数

■日付関数

■変換関数

8-3-2 グループ関数

8-3-3 書式モデルについて

第9章 データベースへの接続

9-1 Oracle Net Managerによる接続設定

9-1-1 Oracle Net Manager

9-1-2 Oracle Net Managerによる接続設定

■Oracle Net Manager の起動

■サービス・ネーミングの追加

■各パラメータの設定

■接続テスト

■保存

9-2 SQL*Plusからの接続

9-2-1 SQL*Plusについて

9-2-2 SQL*Plusによる接続

9-2-3 SQL*Plusコマンド

■SQL*Plusの環境設定コマンド--SET

■SQL*Plusの環境設定確認コマンド--SHOW

■SQL*Plusの環境設定確認コマンド--COLUMN

■ヘッダー/フッターの表示

■EDIT(ED)によるバッファの編集

■ファイル関連コマンド

■その他のコマンド

第10章 データベースユーザーの作成

10-1 EMDCによるユーザーの作成

10-1-1 EMDCの起動

■EMDCへの接続

10-1-2 EMDCによるユーザーの作成

■ユーザーの作成

10-1-3 EMDCによるユーザー変更

10-1-4 EMDCによるユーザー削除

10-2 スクリプトによるユーザーの作成

10-2-1 スクリプトによるユーザー作成

10-2-2 プロファイルの作成

10-2-3 プロファイルの変更

10-2-4 プロファイルの削除

10-2-5 スクリプトによるユーザー変更

10-2-6 スクリプトによるユーザー削除

第11章 表、オブジェクトの作成

11-1 EMDCによる表の作成

11-1-1 オブジェクト作成権限

11-1-2 EMDCによる表作成

■表の設計

■ユーザーの作成

■表の作成

■制約の設定

■権限の付与

11-1-3 EMDCによる表の変更

11-1-4 EMDCによる表の削除

11-2 スクリプトによる表の作成

11-2-1 スクリプトによる表作成

■表の作成用SQLの作成

■ユーザーの作成

■データベースへの接続

■SQL文の実行

■表の確認

■権限の付与

11-2-2 スクリプトによる表の削除

11-2-3 スクリプトによる表の更新

■列の追加

■列の修正

■列の削除

11-3 オブジェクトの作成

11-3-1 オブジェクトの種類

11-3-2 EMDCによる索引(インデックス)の作成

■索引を作る表を選択

■索引を設定する

■記憶域を設定する

■オプションを設定する

11-3-3 EMDCによるビューの作成

■SQL文の作成

■ビューの作成

11-4 スクリプトによるオブジェクトの作成

11-4-1 スクリプトによる索引の作成

11-4-2 スクリプトによる索引の削除

11-4-3 スクリプトによるビューの作成

■SQL文の作成

■SQLを実行する

■ビューの確認

11-4-4 シノニムの作成

■SQL文の作成と実行

11-4-5 シノニムの削除

11-4-6 順序(シークエンス)の作成

■SQL文の作成と実行

■順序の利用

11-4-7 順序の削除

第12章 Oracle Enterprise GridとOracle Application Express

12-1 Oracle Enterprise Gridの概要

12-1-1 Oracle9iのRACとOracle11gのEnterprise Grid

12-1-2 Oracle Enterprise Gridを実現するための技術

12-2 Oracle Enterprise Gridを支えるアーキテクチャ

12-2-1 Oracle Enterprise Gridのアーキテクチャ

12-3 Oracle Enterprise Gridの構築要件

12-3-1 要件の確認

12-3-2 インストールの手順

12-4 Oracle Application Expressの概要

12-4-1 Oracle Application Expressの目的

12-4-2 Oracle Application Expressのアーキテクチャ

12-5 Oracle Application Expressでの開発

12-5-1 Oracle Application Expressのインストール

12-5-2 Oracle Application Expressでのアプリケーション作成の手順

■新しい作業領域と作業領域管理ユーザーの作成

■開発者ユーザーの作成

■アプリケーションの作成

第13章 セキュリティの設定

13-1 セキュリティの設定

13-1-1 Oracleのセキュリティ機能

■ユーザー認証(Authentication)によるセキュリティ機能

■監査(Audit)によるセキュリティ機能

■暗号化(Encryption)によるセキュリティ機能

■アクセス制御(Access Control) によるセキュリティ機能

13-2 アクセス制御

13-2-1 システム権限とオブジェクト権限

■システム権限

■オブジェクト権限

■ロール権限

13-2-2 仮想プライベート・データベース

■アプリケーション・コンテキスト

■ファイングレインアクセスコントロール

13-2-3 Oracle Label Security

13-3 監査の設定と確認

13-3-1 監査の種類

13-3-2 監査の実行

■監査の設定

■監査の実行

13-3-3 監査結果の調査

13-3-4 ファイングレイン監査

■コストベース・オプティマイザ

■監査ポリシーの設定

■監査ポリシーの有効化

■監査ポリシーの削除

■ファイングレイン監査結果の確認

13-4 セキュリティのチェック

13-4-1 セキュリティ・チェック項目

第14章 データベースの管理

14-1 データベースの管理

14-1-1 データベースの管理とは

14-1-2 EMDCとは

■EMDCとは

14-1-3 EMDCの基本機能

■ホーム(データベース)

■パフォーマンス

■可能性

■サーバー

■スキーマ

■データ移動

■ソフトウェアとサポート

14-2 EMDCによる管理

14-2-1 EMDCへのログイン

14-2-2 データベースの構成

■メモリー・パラメータの管理

■UNDO表領域の管理

■初期化パラメータの管理

14-2-3 EMDCによる記憶域の管理

■表領域の管理

■表領域の作成

■REDOログの管理

■REDOログ・グループの作成

■制御ファイル

14-2-4 EMDCによるアラートの管理

■アラート

■関連アラート

■ポリシー違反

■メトリックとポリシーの特集

14-2-5 EMDCによるスケジューラの管理

■ジョブの設定

14-2-6 EMDCによるEnterprise Manager管理

■管理者の設定

■通知方法の設定

■パッチ適用設定

■ブラックアウトの設定

14-3 自己管理データベース

14-3-1 自己管理データベースとは

14-3-2 自動ワークロード・リポジトリ(AWR)

■AWRの設定

■スナップショットの確認

14-3-3 ADDM

14-3-4 自動ストレージ管理(ASM)

■ASMとは

■ASMに移行する

第15章 パフォーマンス・チューニング

15-1 目的と規模に応じたチューニングとアドバイザ機能

15-1-1 目的と規模に応じたチューニング

15-1-2 アドバイザ機能

15-2 チューニングの方法

15-2-1 メモリーのチューニング

■SGAの設定

■共有プールの設定

■バッファ・キャッシュの設定

■PGAの設定

■REDOログ・バッファ

15-2-2 領域のチューニング

■領域のチューニングのタスク登録

■領域のチューニングのタスクの確認

15-2-3 自動UNDO管理

15-2-4 SQLアクセス・アドバイザ

■SQLアクセス・アドバイザのタスク登録

■SQLアクセス・アドバイザのタスクの確認

15-2-5 SQLチューニング・アドバイザ

■SQLチューニング・アドバイザのタスク登録

■SQLチューニング・アドバイザのタスクの確認

15-2-6 オプティマイザでのチューニング

■オプティマイザのモードの選択

15-2-7 データベース・サーバー・リソースのチューニング

■EMDCのパフォーマンスメニュー

15-3 遅いといわれたら?

15-3-1 ボトルネックの調査

第16章 バックアップとリカバリ

16-1 バックアップの種類

16-1-1 規模と頻度にあわせたバックアップ

■物理バックアップと論理バックアップ

■データベースの全体バックアップおよび目的別バックアップ

■一貫性バックアップ/非一貫性バックアップ

■RMANユーティリティによるバックアップ

16-2 バックアップの方法

16-2-1 オフラインバックアップ

16-2-2 オンラインバックアップ

16-2-3 エクスポート

16-2-4 RMANによるバッルアップ

16-2-5 フラッシュ・リカバリ・エリアの設定

16-3 リカバリの種類

16-3-1 2種類のリカバリ

■クラッシュ・リカバリ

■メディア・リカバリ

16-4 リカバリの方法

16-4-1 インポート

16-4-2 RMANによるリカバリの実行

16-4-3 データファイルのリカバリの実行

第17章 フラッシュバック

17-1 フラッシュバックとは

17-1-1 フラッシュバックの概要

17-2 フラッシュバック・クエリー

17-2-1 フラッシュバック・クエリーの使用方法

■時刻を使用したフラッシュバック・クエリー

■時間間隔を使用したフラッシュバック・クエリー

■SCNを使用したフラッシュバック・クエリー

17-3 行履歴フラッシュバック

17-3-1 行履歴フラッシュバックの使用方法

17-4 トランザクション履歴フラッシュバック

17-4-1 トランザクション履歴フラッシュバックの使用方法

17-5 フラッシュバック・テーブル

17-5-1 フラッシュバック・テーブルを行うために

17-5-2 フラッシュバック・テーブルの使用方法

■時刻を使用したフラッシュバック・クエリー

■SCNを使用したフラッシュバック・クエリー

17-6 フラッシュバック・ドロップ

17-6-1 フラッシュバック・ドロップの使用方法

■EMDCのフラッシュバック・ドロップ

■SQL*Plusでのフラッシュバックドロップ

17-7 フラッシュバック・データベース

17-7-1 フラッシュバック・データベースの使用方法

■EMDCのフラッシュバック・データベース

■SQL*Plusでのフラッシュバック・データベース

COLUMN

多次元データベース

開発者用Oracle製品について

Oracleのコンポーネント

Tera Tarm

HAVING

SQLワークシート

インストールログ

ユーザー作成はスクリプトかGUIか

ユーザーの作成をスクリプトで行う理由

日本語によるオブジェクト名

セキュリティ情報とパッチ情報

グリッドとクラスタリング

ジョブとタスク

SQLの拡張言語PL/SQL

クラスタ、データベースリンク、ストアドプログラム

ファイバーチャネル

具体的なフラッシュバックの使い方

PR

秀和システム