図解 30分で「為替のしくみ」がすっきりわかる本

概 要

グローバル化した国際経済を読み解くカギの一つ「為替」をわかりやすく解説した入門書です。円安・円高のしくみ、為替はなぜ動くのか、円安・円高が企業に及ぼす影響、外国為替市場のしくみ、メジャー通貨とマイナー通貨、投機筋、市場介入、為替相場の分析法、外貨建て金融商品など為替に関する基礎知識を解説します。また、金利と景気、為替と経済のメカニズム、サブプライムローンや円キャリートレード(円キャリー取引)といった最新トピックも簡潔に紹介。短時間でビジネスに資産運用に役立つ知識が身につきます!

著者 千葉優子
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-2192-8
発売日 2009/2/13
判型 B5
色数 2色
ページ数 96
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

1章 為替を動かす最新トピックス

1-1 個人マネーの海外流出が止まらない!

あなたのお金が為替相場に影響を及ぼしている

1-2 知らぬ間に日常に影響をもたらす為替の動きとは?

為替と切り離せない私たちの生活

1-3 投資商品の拡大が世界的な金融不安の要因に!

世界とつながる日本経済と個人マネー

2章 外国為替の基礎知識

2-1 江戸時代の両替商から始まった「為替」のしくみ

外国為替って何?

2-2 為替取引の舞台となる「外国為替市場」

外国為替市場はどんなところ?

2-3 貿易・金融の拡大でますます巨大化するグローバルマーケット

外国為替取引の規模とは?

2-4 時間帯や季節が為替相場に影響を与えることもある

外国為替市場の時間別・季節別の特徴

2-5 各国の通貨は「メジャー通貨」と「マイナー通貨」に分類される

取引される通貨の種類

2-6 円の相対的価値の変化を表す「円高・円安」とは?

円高・円安のカラクリ

2-7 需要と供給のバランス(需給関係)が相場を動かす

為替レートはなぜ変動するのか?

2-8 インターバンクレートを基準に各種の為替レートが決められる

為替レートの見方

2-9 輸出入の決済で行われる為替取引が外貨の需給を生み出す

為替を動かす2大取引1 貿易取引

2-10 外国証券への投資やM&Aも為替相場への影響度は大!

為替を動かす2大取引 2資本取引

2-11 市場参加者の中で取引の大部分を占める、差益狙いの「投機筋」

投機筋がもたらす為替への影響

3章 為替と経済の関係を理解しよう

3-1 輸出企業の業績を圧迫するが、消費者にはメリットも

円高で私たちの暮らしはどうなる?

3-2 輸出企業にとって有利な円安も、長期的には日本経済の不利に!?

円安で私たちの暮らしはどうなる?

3-3 内外金利差が広がるほどお金は高金利の国に向かいやすい

金利と為替の関係

3-4 景気がいい国には海外から資金が流入して通貨高の傾向に

景気と為替の関係

3-5 円高になると市場に安価な輸入品が出回り、国内物価が下落する

物価と為替の関係

3-6 株価の上昇は海外からの資金流入を招き、円高の要因になる

株価と為替の関係

3-7 商品価格の上昇がドル安ユーロ高につながりやすい

原油価格と為替の関係

3-8 市場介入とは、通貨当局が市場で行う為替取引のこと

日銀の市場介入とは?

3-9 通貨当局の要人発言だけで相場が動くこともある

介入にはどんな種類があるのか?

3-10 多くの輸出企業が為替変動リスクのヘッジ手段として活用

為替の先物取引とは?

4章 為替の動きが読める! 相場分析と情報の利用法

4-1 チャートや経済指標の分析で、相場の法則や方向が見えてくる!

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

4-2 チャート分析の基本となるローソク足と移動平均線のしくみを知ろう

為替チャートの見方1 ローソク足と移動平均線

4-3 3つのトレンドを見極めて相場の大局観をつかもう!

為替チャートの見方2 トレンドを読む

4-4 代表的なテクニカル指標で買い時・売り時を自動的に判断!

為替チャートの見方3 応用チャート編

4-5 国の経済力を表したGDPで通貨の強さ・弱さがわかる

経済指標の見方1 GDP(国内総生産)

4-6 長らく赤字拡大が続く米・貿易収支への注目度は高い!

経済指標の見方2 貿易収支

4-7 発表時は株式・債券市場まで揺れ動く、米・雇用統計に注目!

経済指標の見方3 消費者物価指数・雇用統計

4-8 米国はもちろん、日本やユーロ圏の経済指標もチェックしよう

経済指標の見方4 その他の経済指標

5章 主要通貨からマイナー通貨まで 通貨の特徴をおさえよう!

5-1 情報量も多く親しみやすい通貨だが、米国経済への不安要素も多い

ドル(USD)

5-2 米ドルに次ぐ「第二の基軸通貨」としての存在感が高まる

ユーロ(EUR)

5-3 金利の高さと資源価格の高騰で注目が高まるコモディティ通貨

コモディティ通貨(豪ドル、南ア・ランドなど)

5-4 永世中立国としての安定性から有事の際に買われる逃避通貨

スイスフラン(CHF)

5-5 主要通貨ながらも取引量の少なさから投機筋に狙われやすい

英国ポンド(GBP)

5-6 経済発展とともに、国際通貨としての存在が期待される

中国人民元(CNY)

5-7 成長ポテンシャルは高いが、取引はハイリスクハイリターン

エマージングマーケット通貨

6章 チェックポイントがわかる! 外貨建て金融商品徹底ガイド

6-1 もっとも身近な商品として初めての外貨投資に最適!

外貨預金

6-2 外貨預金並みの安全性を持ちながらも換金性が高く少額投資もOK

外貨MMF

6-3 格安コストで24時間取引! 外貨預金にはない魅力もいっぱい

FX(外国為替証拠金取引)

6-4 少額資金でも国内投信より高いリターンが期待できる

外国投資信託(外国籍投資信託)

6-5 長期でじっくりと外貨建て資産を殖やしたい人に

外国債券

6-6 世界の一流企業や急成長中の新興国企業にインターネットで直接投資!

外国株

PR

秀和システム