TECHNICAL MASTER はじめてのJavaフレームワーク Struts①②/Spring/Hibernate対応

概 要

JavaによるWebアプリケーション開発を効率化する三大フレームワーク「Struts」「Spring」「Hibernate」の基本がはじめてでもよくわかる解説書です。本書では、実際にフレームワークを使ってWebアプリケーションを開発しながら、さらにJava開発への理解を深めることができるよう工夫されています。開発環境の整え方から、フレームワークの考え方、MVCアーキテクチャ(Struts)、進化したデータベース構造(Hibernate)、DIで軽量化されたビジネスロジック(Spring)、高機能で簡単なビルド(Maven)などをわかりやすく解説。Hibernate、Struts、Springなど学習環境一式を収録したCD-ROM付き。

著者 岡田賢治
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2197-3
発売日 2009/2/20
判型 B5変
色数 1色
ページ数 440
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ TECHNICAL MASTER
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 01 開発環境を整える

01-01 実習環境を構築する - OS編 [OS]

・Windowsの設定

・アンチウイルスソフト

・フォルダの区切り文字

・ユーザ権限・実習用フォルダ

・実習用フォルダを作成する

01-02 JDK 1.6.0をそろえよう [Java Development Kit]

・JDKとは?

・JDKのバージョンと下位互換性

・JDKをインストールする

・Javaに関する環境変数を設定する

01-03 Eclipseをインストールする [統合開発環境 Eclipse]

・統合開発環境とは?

・統合開発環境 Eclipse

・Eclipseをインストールする

・Eclipseをさわってみる

01-04 PostgreSQLを導入する [PostgreSQL]

・PostgreSQLをインストールする

01-05 Tomcatを導入する [Tomcat]

・Tomcatとは

・Tomcatをインストールする

・EclipseからTomcatを利用する

Chapter 02 Webアプリケーションの全体像

02-01 動作を知ろう [Webアプリケーションの動作]

・プロトコルとは

・HTTPとは

02-02 静的コンテンツと動的コンテンツとは [コンテンツの静と動]

・静的コンテンツの限界

・動的コンテンツとは

02-03 外部プログラムを呼び出す [CGI]

・MVCという考え方

・CGIを利用して動的コンテンツを表示する

02-04 サーバ側のスクリプト [PHP]

・PHPとは

・PHPの特徴

02-05 イベント駆動型の環境を理解する [JSF]

・イベント駆動型フレームワークとは?

・従来の方式の復習

・イベント駆動型フレームワークの種類

02-06 標準的なJSP/Servlet環境を理解する [JSP/Servlet]

・JSP/Servletとは

・JSP/Servletの特徴

02-07 データベースとつなぐ [JDBC]

・JDBCとは

・データベースを抽象化する

・データベースの変更

Chapter 03 JSP/Servletをプログラミングする

03-01 JSP/Servletについて学習する [JSP/Servlet]

・小さなプログラムの集まり ; Servlet

・HTML埋め込み型Servlet ; JSP

03-02 Servletについて学習する [Servletの役割]

・Servletの構成

・Servletの動作原理

・フォームの値の取得 ; Parameter

・リクエストを次につなげる ; RequestDispatcher

・インスタンスの引き渡し ; Attribute

・値の有効範囲 ; スコープ

・アプリケーションスコープ

03-03 JSPについて学習する [JSPの役割]

・JSPの構成

・JSPの動作原理

03-04 CookieではなくHttpSessionで管理する [セッション]

・セッション

・ステートレスセッション

・ブラウザに情報を持たせる ; Cookie

・Cookieの弱点

・Servlet上のセッションを利用する ; HttpSession

・セッションスコープのAttribute

03-05 JSP/Servletの実習 [実習]

・JSP/Servletを動作させる

・JSP/Servletのプロジェクトを作成する

・ファイルを作成する

・動作確認

・動作原理の説明

・デバッガを利用する

・Exchange管理シェルの基本操作

Chapter 04 データベースの基礎

04-01 PostgreSQLって何だろう [データベース]

・データベースとは

・データベースを用いる理由

・問い合わせ言語 ; SQL

04-02 PostgreSQLの構成を学習する [PostgreSQLの構成]

・PostgreSQLの構成

・スキーマの利用法

04-03 データベースのコマンドを学習する [コマンド]

・データベースのコマンド

・トランザクション機構

04-04 データベースの高度な機能とは [高度な機能]

・キー

・リレーションシップ

・外部参照制約

04-05 psqlコマンドを用いて簡易データベースを作成する [psqlコマンド]

・PostgreSQLのコマンド

・ユーザを作成する

・データベースを作成する

・データベースへ接続する

・テーブルを作成する

・制約の必要性

・まとめ

Chapter 05 JDBC

05-01 Javaから接続する [JDBC]

・JDBCの仕組み

・JDBCによるSQL文の実行1 insert文

・JDBCによるSQL文の実行2 select文

05-02 JSP/Servletから接続する [JSP/Servlet]

・JSP/ServletからJDBCにアクセスする

・ServletからJDBCアクセスをする

・PreparedStatementとは?

05-03 サンプルデータベースを構築する [サンプルデータベース]

・データベース設計

・オーダの手順

05-04 JDBC経由でデータベースにアクセスする [データベースアクセス]

・Commons-Codecをインストールする

・データベース作成

・JDBCでアクセスする

・ソースコードの入力

・データの確認

・JSP/Servlet経由でアクセスする

・プロジェクトの作成

・ライブラリをインポートする

・Servletの作成

・index.htmlを作成

・動作検証

・動作の解説

Chapter 06 Hibernateを導入する

06-01 言語とデータを対応付ける [O/Rマッピング]

・JDBCの弱点

・列とインスタンスの関係

・O/Rマッピング

・O/Rマッピングツール Hibernate

06-02 SQLに似た言語でJavaから利用する [HQL]

・HQLとは

・結合

・もう1つの問い合わせ ; クライテリア(Criteria)

・永続化クラス

06-03 サンプルデータベースにアクセスする [サンプルデータベース]

・HibernateとHibernate Toolsのインストール

・テーブル属性の変更

・Hibernateテストプロジェクトを作成する

・ライブラリを追加する

・ファイルを作成する

・プログラムを実行する

・動作確認

06-04 設定ファイルを自動生成する [Hibernate Tools]

・Hibernateの「繰り返し作業」

・Hibernate Toolsの導入

・Hibernate Tools作業実習

・hibernate.cfg.xmlの検証

・永続化クラスの検証

・パッケージ設定

Chapter 07 フレームワークの基礎

07-01 フレームワークはハリウッドモデル [フレームワークの考え方]

・プログラムを共有する

・フレームワークとライブラリ

・フレームワークはハリウッドモデル

07-02 フレームワークの詳細な利点を見てみよう [フレームワークの利点]

・プログラマは「呼び出される」プログラムを作成する

・フレームワークを用いる利点

07-03 ライブラリとは [ライブラリの基礎]

・ライブラリとは

・フレームワークとの関係

Chapter 08 Strutsを導入する

08-01 Strutsについて学習する [Struts]

・Strutsとは

・Servletの問題点

・Strutsの構成要素

・設定ファイル struts-config.xml

08-02 ActionFormクラスについて学習する [ActionFormBean]

・ActionFormBeanとは

・Strutsカスタムタグ

・ActionFormBean

08-03 Actionクラスについて学習する [Actionクラス]

・Actionクラスとは

08-04 値を検証する [値の検証]

・値の検証

・validate()メソッド

08-05 Strutsをインストールする [Strutsの設定]

・Strutsのインストール

Chapter 09 Struts 2を導入する

09-01 Struts 1.xと比較する [バージョン比較]

・Struts 2とは?

・Struts 1.xとStruts 2の相違点

・注目するべき変更点

09-02 Struts 2について学習する [アクションクラス]

・動作環境

・Struts 2の動作

・アクションクラスの実装

09-03 Struts 2を利用する [コーディング]

・アクションクラスを書き換える

09-04 Struts 2.xでアプリケーションを作成する [アプリケーション]

・Struts 2をインストールする

・Struts 2のプロジェクトを作成する

・サンプルプロジェクトの実行

・動作確認をする

・まとめ

Chapter 10 小規模アプリケーションの開発

10-01 簡単なアプリケーションを開発する [アプリケーション開発]

・簡単なアプリケーション

・データベース

・Hibernate

・Struts

・処理の流れ

10-02 アプリケーションの動作を理解する [アプリケーションの動作]

・ショッピングカート

・会計

10-03 アプリケーションを開発する [アプリケーションの開発]

・プロジェクトの作成

・テーブル作成

・初期データ作成

・Hibernate設定

・Hibernate関連ファイルの移動と修正

・.jarファイルの追加

・設定ファイルの作成と追加

・JSPページの作成

・ソースファイルの作成と取り込み

・動作テスト

10-04 クラス依存の問題を検証する [アプリケーションの検証]

・このプロジェクトの問題点

・Sessionの扱い

・Hibernateの操作

・誰が何を知るべきか

Chapter 11 Mavenを導入する

11-01 Mavenはビルドツール [ビルドツールの考え方]

・Mavenとは?

・ビルドとコンパイル

・さまざまなビルドツール

11-02 Mavenの特徴 [Mavenの考え方]

・アーティファクト(Artifact)という考え方

・設定ファイル pom.xml

・設定ファイル settings.xml

・サイトの構築

・デプロイ

11-03 依存性の解決 [リポジトリの利用]

・ライブラリパスと依存性

・(リモート)リポジトリからの取得

11-04 Mavenをインストールする [Mavenのインストール]

・Mavenの展開

・Mavenの設定

・m2eclipseのインストール

Chapter 12 Springを導入する

12-01 ビジネスロジックを導入しよう [ビジネスロジック]

・execute()メソッド

・ビジネスロジックとは

・独立性の高さ

12-02 データアクセスのパターンをつかもう [データアクセス]

・データアクセスの抽象化

12-03 Springの考え方を理解しよう [Springの基礎]

・AOP

・Beanのマネジメント

12-04 オブジェクトに属性を注入する [依存性注入]

・DI

・簡単なアプリケーションを作る

・アプリケーション作成実習開始

・まとめ

12-05 Hibernateと連携しよう [DAOパターン]

・DAOパターンとDI

・HibernateDaoSupportクラス

12-06 トランザクションを管理しよう [トランザクション管理]

・トランザクションの問題

・トランザクション管理を逆から見てみよう

Chapter 13 Velocityを導入する

13-01 差し込み印刷で理解しよう [テンプレートエンジン]

・テンプレートエンジンとは

・年賀状の印刷

13-02 デザインとアプリケーションを分ける [デザインの分離]

・VTL

13-03 サンプルプログラムの表示を変更する [表示機能の変更]

・Strutsの問題点

・JSPのデータベースアクセス

・誰が何を知るべきか

13-04 表示用Beanの導入 [表示用Bean]

・表示用Beanとは

・表示用Bean導入の問題点とその解決

13-05 Velocityでアプリケーションを書き換える [Velocityの適用]

・プロジェクトの作成

・設定ファイルの作成

・ソースコードの作成

・表示用Beanクラスの作成

・Strutsアクションの追加と変更

・Velocityを導入する

・動作確認

・まとめ

・.vmファイルと.htmlファイル

Chapter 14 中規模アプリケーションの開発

14-01 アプリケーションの動作を考えよう [動作]

・書籍のショッピングサイト「BookStore」

・会員制

14-02 アプリケーションを設計する [設計]

・ホームページとアクション

・データベース

・ロジック層

・SpringとDI

14-03 アプリケーションを開発する 1 [開発]

・プロジェクトの作成とpom.xmlファイルの準備

・必要なファイルのコピー

・Hibernateを設定する

・DAOパターンを実装する

・ロジック層を実装する

・アクションクラスを実装する

・Springの設定を行う

14-014 アプリケーションを開発する 2 [開発]

・表示部をプログラミングする

・Webアプリケーションを利用してみる

14-05 こんなところに気をつけよう [開発技法]

・HttpSessionの働き

・ショッピングカート

・改善点

PR

秀和システム